2011/11/30

2011年11月末 心より・・  心と体

もうすぐ12月。その後いかがお過ごしでしょうか。
予期せぬ震災に日本という国が揺らいだ2011年。
今年はやはり何か特別な想いがあります。
皆様の心に平安がありますように。

下記の文章は、2011年12月1日に創刊70周年を迎える「音楽の友」特集号の為に書いた原稿です。

あなたにとって《第九》を歌うということは、どのような意味がありますか? 
◆シラーの「歓喜の歌」のメッセージが現代においても、なお普遍性を失っていないことに驚きと感慨を禁じ得ません。そしてその詩に共感して、この交響曲の第4楽章に声楽を伴った楽章としての構想を実現させた、ベートーベンの強い表現力に溢れた素晴らしい音楽に、一人の演奏者として参加出来ることの喜びを噛みしめながら歌っています。
 
《第九》に関する思い出深いエピソードがありましたら教えてください
◆その《第九・特別演奏会》が行われたのは、目白の「東京カテドラル教会」という祈りの場でという、珍しい事例でした。
1986年12月28日の雪の降りしきる日、小澤征爾指揮、新日フィル、晋友会合唱団の皆さんと、私を含めたソリスト陣が祭壇の一部に設えられたステージに座っての演奏が順調に進み、第3楽章が後半に差し掛かった時、天井の明かりが点滅を繰り返したかと思うと、突然全ての照明が消えてしまったのです。楽員の皆さんは譜面灯が消えたにもかかわらず、記憶を頼りに演奏を続け、小澤先生も薄暗い中で指揮を続けて、第3楽章の終りまで辿り着きました。薄暗い客席からは賛嘆の拍手。カテドラル修道士の方々が何本かの蝋燭を客席とステージに運んで下さって、辺りは幻想的な雰囲気に包まれましたが、譜面灯の代わりとなるほどの十分な光量にはならず、第4楽章を前にそのままの状態で電源の復帰を待つことになりました。当時、東京カテドラル教会では自家発電をしていて、停電の原因は大雪の仕業ではないかとの情報でした。待つこと5、6分、電源が復帰して灯りが揺らめきつつ復活すると、客席には歓声が響き渡り、雷のような拍手が沸き起こりました。それは混沌の暗闇から「光あれ!」とお命じになった創造主の存在を想わせるかのようで、その後に「歓喜の歌」を歌い上げるのに相応しい神々しい瞬間でした。−「世の人々よ、創造主を予感しているか?」−その気持ちが演奏にも現れ、感動的な〈歓喜の歌〉となったのは言うまでもありません。誰もがそこに居合わせた事に心から感謝を捧げたくなるような貴重な体験でした。 
     多田羅 迪夫
 (初出 2011年11月18日 音楽の友)

■第26回 群馬交響楽団 館林第九演奏会
 12月10日 (土)18時30分開演 館林市文化会館
指揮:手塚幸紀 管弦楽:群馬交響楽団 合唱:館林第九合唱団
http://homepage3.nifty.com/tatebayashi_daiku/page010.html
クリックすると元のサイズで表示します

■群馬交響楽団 前橋第九合唱団39周年演奏会
12月11日 (日)14時開演 ベイシア文化ホール
指揮:手塚幸紀 管弦楽:群馬交響楽団 合唱:前橋第九合唱団
http://www8.wind.ne.jp/maebashi-daiku/
クリックすると元のサイズで表示します
16



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ