2012/12/31

2012年 ベスト10  映画

 大晦日。
 今年は例年にも増して、多くの方々にお世話になった年でした。これまで生きてきて、今年ほど多くの方と出逢った年もなく、また皆さんにどれだけ支えられたか想像もつかない思いです。この場を借りて、皆さまにお礼申し上げます。本当にありがとうございました。
 では、例年通り今年のベスト10を。順不動ですが、今年は「ライジング」だけは文句なし。ぶっちぎりの2012年のナンバーワンと考えます。

『ダークナイト ライジング』(クリストファー・ノーラン)
クリックすると元のサイズで表示します

『戦火の馬』(スティーブン・スピルバーグ)
クリックすると元のサイズで表示します

『アメイジング・スパイダーマン』(マーク・ウェブ)
クリックすると元のサイズで表示します

『レ・ミゼラブル』(トム・フーパー)
クリックすると元のサイズで表示します

『星の旅人たち』(エミリオ・エステベス)
クリックすると元のサイズで表示します

『わたしたちの宣戦布告』(ヴァレリー・ドンゼッリ)
クリックすると元のサイズで表示します

『Virginia/ヴァージニア』(フランシス・コッポラ)
クリックすると元のサイズで表示します

『おおかみこどもの雨と雪』(細田守)
クリックすると元のサイズで表示します

『アルゴ』(ベン・アフレック)
クリックすると元のサイズで表示します

『スーパー・チューズデー〜正義を売った日』(ジョージ・クルーニー)
クリックすると元のサイズで表示します

『ある秘密』(クロード・ミレール)
クリックすると元のサイズで表示します

『ヒューゴの不思議な発明』(マーティン・スコセッシ)
クリックすると元のサイズで表示します

『恋のロンドン狂騒曲』(ウディ・アレン)
クリックすると元のサイズで表示します

 ん? 10本以上ある? 数え違いかと思われます。
 どうぞ皆様、よいお年をお迎えください。2013年もどうぞよろしくお願いします。

2012/12/24

『恋のロンドン狂騒曲』  映画

 現在、都内ではシャンテ、武蔵野館で公開中のウディ・アレン『恋のロンドン狂騒曲』。
 劇場用パンフに、作品論を寄せています。
 鑑賞のお供に是非!
クリックすると元のサイズで表示します
http://koino-london.jp/

2012/12/20

キネマ旬報1月上旬号  映画

現在発売中「キネマ旬報」1月上旬号、『レ・ミゼラブル』特集で、作品コラム「ミュージカル映画で人はなぜ歌い、踊るのか」を書いています。
ぜひお手にとってくださいませ☆
『レ・ミゼラブル』は、2012年度公開作品の中でも『ダークナイト ライジング』『アメイジング・スパイダーマン』『戦火の馬』と並んで、ナンバーワン級の傑作だと思います。






teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ