誕生花と花言葉と育て方

草花によっては水や光の必要量が違います。明るいところが好きな花、木陰のような所が好きな花、日影の少しジメッとした所が好きな花、育てる場所によってお花を選びます。はじめはご近所さんで良く見るお花を、同じような環境で育ててみるのが良いようです。水やりは暑い夏は早朝か夕方たっぷりあげるのが良いみたいです。

 

カレンダー

2022
June
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

7月8日生まれ・ホリホック

花言葉・・・飾らない愛。
原産地・・・中国、シリア。

タチアオイ。5月〜6月の梅雨時に背丈ぐらいに伸びた太い茎にそって大きな花を咲かせます。花の色は、ピンク、赤、紫、白などさまざまです。一重だけではなく、八重のものもあります。タチアオイの花は、梅雨入りの頃、下段から咲きはじめて、咲き終わる頃には、梅雨が明けると言われています。

あなたはこんな人
あなたのさばさばした性格は、男女に関わらずとても人気があります。異性との付き合い方は、恋人というよりも友達のような関係が好みで、配偶者ともできるだけ対等でいたいと思っています。そのため、家事や育児を手伝ってくれる男性、専業主婦ではなく仕事を持っている女性に惹かれる事が多そうです。

ラッキーポイント・・・トランプのジョ―カー

『育て方』
春に種を蒔き、翌年6〜7月に咲きます。
日当たりと水はけの良い所に植えます。
肥料は控えめで、耐暑、耐寒性が有り強健で育てやすい。
鉢植えの場合は、大きく深めの鉢に植えてください。
草丈が2mくらいになるので倒れない工夫が必要です。
花が終わったら、種がつくので乾燥したら取って蒔きます。
茎は根元から15〜20cmくらいのところで切ります。
秋まきをして、花壇で育てれば、翌年の春先から背丈が伸び始めて花が観賞できます。
タチアオイ 葵
クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: 誕生花
投稿者:momo
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

検索



このブログを検索

最近の投稿画像

最近の投稿画像
ガウラ・繊細な心を…

最近の投稿画像
8月2日生まれ・マツ…

最近の投稿画像
8月1日生まれ・アル…

メッセージBOX

AutoPage最新お知らせ