2018/9/17

成果  雑想

明日は多分ミニ日和。

*****

この店に赴任した時に思ったのは、こりゃ酒田と違って利益出すのは至難の技だな、と。八戸の時もそうだったけど、年度末で経常マイナスで終わる店にいなかったので、それはそれで環境的に幸せなことだったのだろうけど、やっぱこういう店もあるんだよなぁ。ハードもソフトも置けるものがある程度決まってるので、あとは見せ方なんだけど、まぁ、それも特に改善のしようもない。

となると中古なんだけど、これがもう売る気なし。普通紙印刷のふにゃふにゃなプライスで誰が買うねん。早速変更したけど。次はジャンクに力を入れてみる。多少カビあったり難あってもプライス付けてそれなりに箔をつけてウィンドウに飾る。目的は単にウィンドウの賑やかし。中古ウィンドウが賑やかだと買取も増えるはず。じわじわと、だろうけど。

で、次にカゴ買ってきてどうにもならんジャンクを入れて500円ジャンクコーナーを作る。店長会の時に◯グラさんに「ジャンクは認知されるまえ半年以上かかる」言われてちょっと萎えるも、たまたまみたウチのグーグルレビューで「対応が良い、ジャンクレンズやオールドレンズもある、中古の数も豊富、長野県の6店舗もこうだったらなあ」を見つける。

なんか、甲斐あったなぁ。直接利益には繋がらないだろうけど、カメラ好きなスタッフのいる店にはカメラ好きなお客さんが多分来てくれるはず。問題は中古の在庫と質を落とさない事だよなぁ。さて次の実戦は額の見本に僕の撮った写真を入れてみるの巻。どの写真入れようかな。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ