2019/12/26

復旧  雑想

やっと明日休み。アラフィフの中6日はキツイよ。歌唱王見てるけど、日本の曲と外国の曲が一緒の舞台で競い合っていてどうなんだろう?と。極上の落語を漫才を比べられてどっちが良いかなんて言えんわな。

*****

結構手間のかかる遺影肖像写真を受け付けしてたら、別のスタッフが相手してたお客さんが号泣しだしてオイオイ何が起きてんだ?と気が気でない。双方のお客さんが去ったあと、号泣したお客さんを接客していたスタッフに聞くとこういう事らしい。

亡くなった方の持っていたメモリーカードが読めなくなってどこかのカメラ屋さん?へ行く→ウチではできないからあの店(ウチの店ね)に行ったら良い器械を持ってるからすぐに100%復旧してくれるよ、って事で来店されたそうで。

当然ながらウチにデータ復旧する機材なんぞある訳なく、故にその場でリカバリなんて出来る訳ない。そもそも何の根拠も確証も無く100%復旧出来るなんて言葉、言えるはずない。という事をやんわりとスタッフが話しかけら号泣したらしい。おいこらどっかのカメラ屋、そんなエエ加減な事言うなよ。

お客さんの気持ちもわからんでもないけど、ゴネられても100%復旧出来ると言えないし時間のかかる外注だし。結局逆ギレ気味で「時間の無駄だったみたいですね」と言われて、「なぜウチが悪いって言われ無いといけないんでしょう?」と担当したスタッフ。だよなぁ。僕も納得いかんわ。


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ