2020/9/3

金沢旅、の8  写真・カメラ

本日休日。気温が40度近い強風ってのは巨大なドライヤーで全身にブロー浴びてる感じ。出る汗と乾く汗のマッチポンプ。

*****

ようやく見つけた金沢での夕食会場は、検索した通り酒場放浪記でも登場したお店「とと家」さん。このコロナ禍のせいなのか、あれ?開いてんのかな?って感じで、店主がTV見てくつろいでた。「2名いいすか?」と入店。あわてて店主さん戦闘態勢。

L字カウンターに6名ほど、テーブル席で6名ほどの狭いお店。時間的に考えても、今日初めてのお客さんらしい。このコロナが無かったら、この時間でも入れなかったかもね。ある意味ラッキーですが。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

オススメのもずくや刺し盛りを注文。小さい生け簀にはこの店の看板メニューであるどじょうがあって注文したかったのですが、相方がどじょうNGでございまして。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

厚揚げがメニューにあって注文。揚げ済みのがすぐ出てくるのだろうと思ったら、厨房で豆腐を揚げ始めた。おお、これは絶対美味いやつ。

クリックすると元のサイズで表示します

さて。刺し盛り以外のメニューに価格は書いてないぞぉ?時価かぁ?ってことで、ひとりゴチ開始。勝とうが負けようが結局払うのは僕なんですけど。

クリックすると元のサイズで表示します

豚串を。焼けた脂身が美味すぎ。うちでもブロック買ってカットして串に刺して焼いて食うけど、これくらいの大きさでいいのですよ。

クリックすると元のサイズで表示します

まぁ、せっかく来たので、いままで居酒屋で注文する事の無かった最終兵器的なメニュー「のどぐろ塩焼」を思い切って注文。もちろん値段書いてませんでね。いくらなんだろ。

クリックすると元のサイズで表示します

初めてまともなのどぐろを食べたけど、脂がすごいけどクセが無くて上品なコクなんだなぁ。これは焼く人の技術もあるのだろうけど、身もホクホクで濃厚。のどぐろってなまら美味いよ。いくらなんだろ。

のどぐろを注文したからなのだろうか。某レビューでも「寡黙な店主」と言われていた店主から言葉をかけられる。まぁ、どっから来たの的な問答だけど。

もう、のどぐろを注文した時点で1万円は超えてるのは確信したのだけど、最後にオススメの日本酒を注文して13,000円くらいかなー?と計算したら正解は12,800円。ニアピン賞ですな。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ