2021/1/9

災害  雑想

藤井風さんの楽曲がドラマの主題歌に採用されるとのことで、これで否が応でも注目されてしまうな。注目されなかったらされなかったで、それはそれで大量消費されずに済むという。

*****

除雪の為にいつもより1時間ほど早く起きる。朝飯食って身支度整えてアパートの駐車場へ。8世帯あるアパートの住人、ほぼ総出?で除雪作業中。相方がちょっと前に除雪してたので多分車は出せるだろう。てなことでアルトの駐車場へ。

クリックすると元のサイズで表示します

手前が僕の車。30センチ以上は積もってると思われる状態を目にして『これは無理だ』と、早々に車での通勤を諦める。アパートに戻って、道路につながる所の除雪をちょっとして時間が来たので歩いて出社。

クリックすると元のサイズで表示します

歩道が除雪されてましてひとまず安心。店に着くとここも除雪は完了しててこれまた一安心。ただ、裏口を開けるのに10分以上かかって除雪しましたが。営業するも誰んも来ず。そりゃ「大雪の為、不要不急の外出を控えてください」って上越市から情報出てるし。

AM出社のスタッフを13時で帰宅させ、ちょっと遠方から来る午後出のスタッフに休ませるメールをして、ほぼ1日中1人で営業。締めてみたらレジ件2ですわ。開けてる意味あるのだろうか?と考えるも、うちの会社はどんな状況でも開けられるうちは開けるを良しとする体育会系の精神論に近い社風なので、まぁ、しょうがないか。

日中ちょっと駐車場除雪したけど閉店時にはすでに30センチ弱の雪。除雪車が除雪したまんまの所で長靴が余裕で埋まる位の積雪。来る時あった歩道も帰宅時には消えていて車道を歩く羽目に。明日も通常営業できるかどうか開店前に返事しなくちゃいけないのだけど、通常営業ってなんだよ。

たまたま歩いて来れる人がいて店開けられるのが通常営業ならそれは違ってて。もちろん開店時間に合わせて災害による障害を考慮したうえで出社するのは当然だろうけど、災害時って想定以外の渋滞とか事故の可能性とか、それこそ歩いて来るなら歩道が無くて車道を歩く危険性だってある。

雪害に関してだけなのだろうけど、雪の無い土地で机上の空論で判断してる上層部にぜひ体験していただきたいですね。北海道、東北と人生を送ってる僕が体験したことの無い雪の量なのは確かで。融ければ水じゃん、という単純な話でなないのですよ。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ