2022/5/16

音楽  雑想

本日休日。うなぎ食べたいなぁ。

*****

今朝のスッキリで、最近の若者は曲のイントロとか間奏のギターソロとかを飛ばして聴く、ってのがあって。歌の部分とか聞き慣れてるサビのところしか聞きたく無いような感じ。若者の二割だそうなので今の所マイノリティな存在なんだろうけど、これが現実なんだろうなぁとちょっと寂しくもあり。飛ばして聴くとかAVじゃないんだからとか思ったけど。

CDや、僕なんかはレコードやカセットからの世代だから音楽が目に見えるカタチとして存在しているわけで、曲もそうだしジャケットや盤面、歌詞カードといったものを含めて曲なんだよね。自分で編集したカセットのインデックスだってオリジナルで作ったりね。だからイントロや間奏を飛ばして聴くなんて発想すら無かった。

聞き方は個人の自由だけど、イントロの素晴らしい曲も多いし間奏のギターソロも聴き逃せない曲も多いし、そういう聴き方って大変勿体無いことしてると思うよ。バンドだったらメンバーにも興味湧くし、ソロでもこのギターやドラムがかっこいいから誰が演奏してるんだろう?とか、そこから新しいミュージシャンを知ったりする機会でもあったりするのに。

サブスクやYouTubeで、気軽に自分の知らない楽曲が新旧洋邦問わず聴けるようになったのは素晴らしい事ではあるけど、気軽な分、昔よりも一曲の重みが随分と軽くなっちゃったような気がする。一部の若い人って曲に対する愛情というか愛着ってのがなくなっているのかな。音楽が大量消費物の一つとして消化されてしまうのはあまりにも切ない。


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ