2020/11/23

金沢市内満喫の旅、の21  雑想

最近頓に旧車上げのネットニュースを見るのだけど、どんだけ上げてもこの税制が無くならない限り旧車を乗るのはオススメしない。みんな手放すから良い車が海外に流れ、数少なくなった名車は価格が爆上げしてる。自動車大国であっても車に対して愛情を持ちにくい国。

*****

金沢2泊目の夕食は「大衆酒場 ヤングマン」。大衆酒場というと渋い雰囲気をイメージするのだけど、「ヤングマン」と名前が付いている通りハデハデ。今年の三月に開店したお店のようです。

クリックすると元のサイズで表示します

地元の名物料理を出すような渋いお店も良いのですけどね、要するに美味しければ何でも良いのですよ。しかも安ければなお良しでありまして、お店の雰囲気は「安かろう悪かろう」的な感じなんだけど、いやぁーコスパが凄い。オープンキッチンになっていて、値段の割に手の込んだ調理がみられます。

クリックすると元のサイズで表示します
最初の一杯は凄く安かった記憶があります・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
小さいながらも立派な刺し盛り。

クリックすると元のサイズで表示します
二杯目はホッピー。後ろにいた会社員のグループの1人が「ホッピーなんて美味しいんスカ?」とホッピー呑んでた同僚に絡んでた。ホッピーの美味しさが分からないなんて。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
注文していた料理がどんどん出てきます。これは親子串と味玉トリュフ塩。親子串が鮭の天ぷらの上にイクラがのっかてる絶品。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
あるとつい注文してしまうガリガリ君サワー。飲み頃になるまでひたすらガシガシ。

クリックすると元のサイズで表示します
見たことなレモンサワー。ここって、グラスが面白くて、往年のアニメキャラとかアニメの名セリフが書いてあったり、次はどんなグラスででてくるんだろう?なんてちょっと楽しみが。

クリックすると元のサイズで表示します
最後に出てきたのが「牡蠣のオイル煮」600円。これがまた凄まじく美味しくてね。追いバゲットしちゃったよ。どっかで食べたことあるメニューだなーと思ったら、札幌のお洒落な居酒屋さんで同じ様なの食べたっけ。

散々食って呑んで2人で6000円弱。金沢最終夜を堪能いたしました。ホテルに戻って昨日飲み残した酒を飲み干そう・・・。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ