2021/10/19

あさひ楼/糸魚川市能生  ラーメン

相方に寄贈したE-P5が限界にきているので新しいカメラを物色中。E-PL10とかE-M5IIの中古あたりかなー。

*****

先日のラーメンは中毒性のある「あさひ楼」さんのチャーシューメン。油ギットリで濃い味のやわやわ麺という唯一無二のラーメンですが、時々なんでか酸っぱい時があるんですね。今回は酸味も無くカドが取れてるけどガツンとくる醤油味で満足の一杯。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

この味も独特なんですが店内も独特。テーブルには調味料はおろか箸もティッシュもない。白胡椒がデフォで乗っかっていて箸はラーメンと共にやってくる独特のシステム。

で、初見で一番戸惑うのが注文スタイル。入口の引き戸を開けて右にある厨房に続くキャッシャー兼注文口でおばさんにニューを告げて、注文口付近に置いてあるコップを取って横にある給水機で水入れて、レンゲを取って席に着くのですね。

一番不思議なのは、特に食券もなければ注文票を渡される訳ではないので、誰が何を注文したか分からないはずなんですが、ちゃんと注文したラーメンが運ばれます。でもね、今回行ったら入口の引き戸に注意書きが貼られてました。

クリックすると元のサイズで表示します

そうか、だまーって入って席に着かれたら、そりゃ分からんわ。席で注文を受けるシステムじゃないもの。この独特のシステムでトラブルがあるようですけど、お店独自の独特な注文システムを味わうってのもラーヲタの楽しみの一つじゃないかと思うのですけどね。

0

2021/10/11

いち井/長岡市曙  ラーメン

本日休日。ミニに積んでいた車載工具一式を先日引き取ってきて、アルトに積んでみた。多分5キロも無いと思うんだけど、それだけでちょっと走りが重くなった気がする。軽量化の為にスペアタイヤも積んで無い車だからなぁ。

*****

先週の休日に所用で長岡に行ったついでにラーメン屋さんでも、と。久しぶりに「いち井」さんに行こうと駐車場に着いたら満車。隣にあるレストラン三宝の駐車場に停めてる人もいるんだろうけど、心情的に許せないので、すぐ近くにあるいつもの?「青島食堂宮内駅前店」さんへ。

ここも駐車場満杯。駐車場待ちの車が数台路駐で空くのを待ってたり、明らかに青島食堂目的の車がぐるぐる回ってたり。すぐ横にある宮内駅の数台しか停められない乗降者専用駐車場に停めてる人もいるんだろうけど、それも心情的に許せないので、もう一回「いち井」さんへ。

待てば海路のなんとやら。空きを見つけて早速駐車して列に並ぶ。5組ほど居ましたでしょうか、30分ほど待って入店。ここのラーメンって塩一択で、数種類あるトッピングを選ぶ方式。今回は「味玉、岩海苔」を選択。焼きアゴのマイルドな味わいとトンコツのコクあるスープと食感の良い麺がベストマッチ。個人的には塩味ちょうど良かったのですけど、相方はしょっぱい言ってましたね。

「いち井」「青島食堂宮内駅前店」の駐車場に停まってた車のナンバー見て思ったけど、県外ナンバー多いなぁ。青島食堂さんなんて定期的に行ってるけど、コロナ禍だと昼時に行っても並ばずに食べられたのですけどね。各地の行動自粛が明けて明らかに人が動いている感じはします。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

0

2021/8/11

比他棒/上越市東本町  ラーメン

前も書いたかもしれないけど「ホテル双葉」のTVCM、他に別パターンあるのだけど4K/8Kの時代に4:3の赤茶けた映像が今だに流れているのが、CIなのかバズり待ちなのか。

*****

本日休日。本日のラーメンはお初の「比他棒」さん。ここの店主さんが地元の某番組に出てるんで行ってみようかと。11:30のオープン時間に着も、もう三組ほどお待ちのようで。ラーメン店というよりは本格的な中華料理屋さん。僕は麻婆麺と相方は天津飯を。

カウンター10席以上、奥にもテーブル座敷が何卓もあって想像していたよりも広い。厨房の真前のカウンターに座ってましたが、調理人5名が凄い勢いで動き回っているのを鑑賞しながら料理を待つ。多分5名のうち2名は新人っぽくてベテランさんにあーだこーだ言われて動きもぎこちない。で、20分過ぎて麻婆麺到着。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

麻婆麺ってスープに麻婆をかけたサラサラタイプか麺に麻婆をかけたドロドロタイプが選べるらしいのですが、初見なものでサラサラタイプを。実食してみるとそんなには辛くない。もっと辛くてもいいかも。他の方の声を聞いてると大辛とか辛さのレベルも指定できるらしいです。

にしてもね。量がすごいよ。そうそう、ガチな中華料理屋さんて量すごいんだよな、忘れてた。大盛りとか頼んでる人いるけど、どんだけの量が来るんだろう。完食はしたけど完飲は出来ず久しぶりに腹が苦しい。次は麻婆麺といったトリッキーなメニューじゃなくて、普通のラーメンを食べてみよう。
0

2021/6/20

鍾馗/長野市鶴賀  ラーメン

MONOQLO8月号の巻頭特集「蚊取り蚊よけ最強決定戦」が何気に面白い。

*****

先日。長野市内でラーメンでも、ということで中央通りのパーキングに停めてネットで検索。良さげなお店があったので向かう事に。そのお店は「鍾馗 (しょうき)」さん。スマホのナビで探すもどこにあるかわからない。

しかもこの辺、以前から結構歩いてる道で、こんなところにラーメン屋さんなんてあったっけかなぁ〜と、ふと横にあったドアのガラスを見ると店内に人が並んでる・・・。あれ?ここじゃね?

クリックすると元のサイズで表示します

のれんも看板も何も無いただのドアが入り口。言い方を変えれば「隠れ家的」というか。ただ、例えはアレですけど、旅行先で初見のスナックのドアを開ける位勇気いる感じ。中に入ると提灯が飾ってあって、これが消えると売り切れのサインらしい。店の奥からその行灯まで並んでいて待ちは7名ほど。

ドアを開けて左へ4歩ほどにハイテクな全面タッチパネルのサイネージ券売機。メニューが二つしかなくて「そば(ロース小)」を注文。あとで調べてたら「フードロスをしない云々」のボタンを押さないと正規のメニューにたどり着けないらしい。

床から一段上がったところ10名ほどのカウンターのみ。照明や調度品もカフェのようでラーメン屋には見えない。おそらく客席よりも広い厨房では、いかにも頑固そうながっちりした体格のバーのマスターのような寡黙そうな店主が1人で切り盛り。なるほど、1人ではこのカウンターで精一杯か。30分程待って着席、10分ほどで着丼。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

何とも美しいヴィジュアル。ロースのチャーシューは着丼の直前にカットして別盛りというこだわり。見た目通りの魚介メインのダブルかな?の出汁が効いた味わい&奥の深い繊細なスープ。麺は噛み応えのあるプチ食感。双方ともパンチが無い分、飽きずにずっと食べていたい一杯でした。

上越だとモロ「坂本02」のそば系メニューとカブる感じかな。なんだかんだで月1回は長野市内に行ってる感じなので、次回は正規メニューにたどり着いて違う味のラーメンを食べなくてはいかん。一見さんにはちょっとトラップがいろいろあるお店ですので、もうちょっと調べてから行きたいと思います。



クリックすると元のサイズで表示します
0

2021/5/28

あさひ楼/糸魚川市能生  ラーメン

代表戦ほぼフルで見てた。TVではコロナガーとか五輪ガーとか緊急事態宣言ガーとか言ってるけど、ミャンマーの現状を考えるといかに日本が平和な事かと。これほど不平不満を自由に言える国が、どれほど自由である事かを、不満を言ってる人は全くわかっていない。

*****

昨日の昼食はいつものあさひ楼さん。能生まで雨のなか45分のドライブ。6台位停められる専用の駐車場あるんだけど、まずここに停めれらた事って無い。この日もそう。歩いて5分ほどのスーパーの駐車場に停めて、いざ入店。

いつもの「チャーシューメン」を注文。相方は普通のラーメンを注文。相変わらずの油ギトギトで熱々のスープと柔らかい麺、ほぼスープの味しかしないチャーシューがクセになる不思議なラーメン。

ここのチャーシューメンって何故か大盛りがデフォなんですよね。改めて思ったけど油濃い大盛りは、もうしんどいなぁ。次は普通のラーメンにしよ。隣の年季の入ったOLさんはチャーシューメンの大盛りでしたが、どんだけ麺入ってんだろう。

このOLさん、来慣れてるのかマイ胡椒を持参。ここって卓に調味料はおろか、箸もレンゲも置いてありませんで。デフォでわかりやすく胡椒がかかってるのですけど、持ち込んでまで胡椒いるかな。まぁ、味覚には個人差ありますので。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ