2021/1/18

罪の香り  音楽

16連勤が終わった。大雪のせいもあるけど、1ヶ月連勤の感ある。

*****

先週の関ジャム見て三人とも藤井風の名前は出すだろうなーと予想。早々に蔦谷さんが5位で「優しさ」を紹介していて、残りは今週だな、と、じっくり拝見。いしわたりさんが2位に「何なんw」を選出し、あとは川谷さんが何位に出すか。

先週見た時に、川谷さんが「罪の香り」を選ぶといろいろ面白いかなと思ったのだけど。だって不倫の歌詞だし。で、予想通りというか1位に「罪の香り」を選出されてましたな。コード進行について力説されてましたけど、やっぱ歌詞に共感したんでないの?

アルバムの中の一曲だけど、僕が初めて聞いた藤井風さんの曲がクリス松村さんのラジオで聞いた「罪の香り」なんですよね。名前も曲も聞き取れなかったから、番組のHP見て調べましたもの。

「こんな全部持ってる人いました?」って川谷さんが言ってましたが、激しく同感。番組で武道館ライブの映像が出たのはちょっと得した気分。武道館ライブって円盤化するんでしたっけ?

0

2020/12/16

入荷  音楽

閉鎖後にイオンの2名を引き取ることにしたはいいけど、このコロナ禍ではどう考えても多い。ま、コロナ前だとしてもちょっと多いのだけど、引き受けた僕が悪いんか?って話になるが、閉鎖した本社に責任をなすりつけるのにはかなり無理があるか。

*****

クリックすると元のサイズで表示します

タワレコオンラインから「POCKET MUSIC(2020 Remaster)」のCDとLP、「僕の中の少年(2020 Remaster)」のCDとLP、「クリスマス・イブ(2020 Version)[7インチ・レコード]」が入荷。

POCKET MUSICと僕の中の少年のCDとLPは11月25日に発売になっていたのだけど、クリスマス・イブが12月16日発売で、何気無く発送を同梱にしてしまったので、本日まとめて入荷。

クリス松村さんのラジオで「土曜日の恋人」のリマスター版とオリジナル版の聴き比べしてたっけなぁ。ってことで、先ほど愛用のヘッドフォンで聴き比べてみたけど、そもそも音圧違う気がするのだけどどうなんだろ?。Voの艶が増したのと、演奏も当時特有のこもった感じは無くって、楽器ごとの分離性も良くてキラキラ感増したかな。

アナログ盤はほぼコレクション用なので一回聴けば満足、って感じなのですが、クリスマス・イブはもう予約段階で完売状態らしい。発表直後に予約して良かった。あと、LPの裏の下に「輸出禁止商品」って書いてあるのだけど何でだろ?
0

2020/11/30

正隆  音楽

10人乗りの車を買って知ってる皆んなで旅行に行く夢を見る。ふと、10人乗りの車って、普通免許で運転出来るんだっけ?と不安になって目がさめた。起きて調べたら10人乗りまでは普通免許で運転出来るらしい。

*****

昨日の関ジャムの松任谷由実特集は面白かったなー。だって正隆さん出てるんですよ。松任谷由実さんを語る上で、これ以上無いゲストですよ。特に正隆さんの「ノーサイドのイントロは作ってない」という発言にものすごいびっくり。

他にも曲の作り方は「作曲ーアレンジー作詞の順」であることなど、初耳ばかりの1時間、堪能しました。スモール3はオンタイムで見たけど、金スマや夜会は録画したけどまだ見てないんですよね。多分「お調子者の大バカ者」がチラチラ垣間見れるのでは。

相方曰く「最近ユーミン出てる番組多いね」と。そりゃそうだろ、新しいアルバム出るんだから。宇宙図書館の時も結構TVに出てプロモーションしてた気がするけど、ユーミンのCDを買う層はTVを見る層でもあるからなのかな。

で、多分明日タワレコから「深海の街」が入荷予定。そしてCDTVライブライブでのご出演待ち。今、育三郎さん歌唱中。てかずっとCDTV見てたけど、back numberと福山雅治さんってやっぱいいなぁ。
0

2020/11/20

真夜中のドア/松原みき  音楽

本日休日。妹からお菓子が送られてきたのでLINEのやりとりしてたら、札幌のコロナ凄いですけどイオンはいつも通り激混みだとか。まぁ、そうなんだろうけど。決して篭れとは思わないけど、一般市民が生活できて観光客がダメとか、なんなんだろうな。

*****

朝トレンド見てたら「松原みき」さんの名前が。あれ命日だったけかな?と思って見てみたら、なんでも海外で「真夜中のドア」が世界のApple Music J-Popランキングにおいて12ヵ国で1位を獲得、合計47ヵ国でTOP10入りを果たした。とか。

プラスティック・ラブは特にそうだけど、いわゆる「シティ・ポップ」って本当に世界で聞かれてるんだなぁと実感。でも今なんで40年前の「真夜中のドア」なんだろ?とは正直思う。地道にネットで拡散され続けた結果なんだろうか。

僕も大好きな曲。よくパクリだとかいう人もいるけど、確かに元ネタが「It's The Falling Love/ CAROLE BAYER SAGER」というのは有名(それ言い出したら古今東西キリないけど)ですが、洋楽チックなサウンド和的なサウンドが融合されて新鮮に受け入れられたのかな。

メロディラインもアレンジもコーラスも演奏も、なによりボーカルが素晴らしくて、聞いていて気持ち良いというか切ないというか、松原みきさんでしか表現できない世界でした。最近は藤井風さんのカバーで原曲を知った方も多いとか。若くして急逝してしまったのが本当に残念です。
0

2020/11/2

紅白  音楽

えーーー!マジか!。僕としては、まぁとても助かるのですが、これまた急な話で。同時期に僕の辞令が出なければの話だけど。

*****

朝。起きがけにネットニュースをみて、えーーー!マジか!。大泉氏が紅白の白組司会に内定だと?コメント欄には藩士にしかわからないワードが並び、普通の人は何書いてるかわからんだろな。本当かどうかわからんけど嬉野さんから「一般の紅白視聴者にわからない言葉でお祝いを述べるのはやめてください」とコメントあったとか。

心配なのは時間キッカリで進行する紅白で、ただでさえおしゃべりが多い大泉氏で大丈夫なのだろうか?とか、台本通りに進行する事が可能なのだろうか?など。大泉氏でしか紡ぎ得ないワードが炸裂するフリートークのコメント(ボヤキとも言う)が、全く活かせないような気もするなぁ。

なにはともあれ。固唾を飲んで見守った、全国ネットで初出演の「パパパパパフィー」や、「Mステ」で歌を歌う姿以上の緊張感を久しぶりに味わうと思うと、ちょっとの不安はあるが期待しかない。ま、ネット民はジャニースの次はアミューズかよ、とか批判するんだろうけど。

批判といえば、未だに紅白はパフォーマンス無用、口パクはダメで本当の歌合戦にしてほしい、なんて思ってる人多くてびっくり。もう世の中の音楽は口パク以上の世界が広がってるというのに。受信料払ってるんだから云々言い出す人に限って、紅白も見ず期待もせず自ら思う正義感による批判ばかりしてる人もいたりしてね。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ