2019/2/5

賭け  音楽

何気にさんま御殿見てたらちゃあぽん出ててビビる。まぁ、隣になっぴいるから大丈夫か。

*****

昨日のNHK「プロフェッショナル」MIKIKO先生編を見る。録画もしてあったけど、やはりオンタイムで見なくては、と気合十分。MIKIKO先生を特集した番組って実は割りと過去にもあったのだけど、今回のも良かったなぁ。先生、見る度に魅力的な女性だと思う。

後半FUTURE POPツアーの裏側的な内容は、Perfumeファンは必見でしょう。MIKIKO先生の考えるライブで魅せるPerfume像というのは確固としたしたものがあって、会議であの真鍋大度氏の提案に対して「それはないと思います」ときっぱり言い放つ姿
(ちょっと笑った)からしても、この時点で頭の中ではもう構想が固まってるんでしょうね。

あと驚いたのは1ヶ月前に会議して3日前にリハーサルって、こんなにタイトなスケジュールだったんですね。丁度初日に拝見しましが、確かにステージのあまりのシンプルさ、序盤異例のMCなしで突っ走る演出、そしてラストの無限未来でレーザーと照明だけという超シンプルなステージなどなど、初日で手探りでしょうに内容は圧巻でした。

このライブは基本的なバックボーンとしてReframeがあったのかな?と思ったのだけど、この削ぎ落としたステージをツアーにもてくるあたりは、確かに「賭け」と言ってもいいかもしれない。それを三人に対する信頼と自分の信念を持って実行できる先生は、やっぱり凄い。まずはwowowでチェックですね。

0

2018/12/22

入荷  音楽

基本普段は暇というか落ち着いた店だけど、さすが年賀状シーズンは忙しい。でも今日はとりあえず休憩は30分とれた。

*****

ASMARTから本日入荷。

クリックすると元のサイズで表示します

P.T.A.会員限定販売「P.T.A.発足10周年!!と5周年!!”Perfumeとあなた”ホールトゥワー」。見たい番組がたくさんあるこの年末のBDのHDDがフル回転する時期に、ゆっくり見られるのはいつになるやら。

といいつつ、今日は「POP VIRUS」の特典BD、「星野源 Live at ONKIO HAUS Studio」の方をアンプを通して鑑賞。やっぱ、いいですなぁ。

大出力のアンプじゃないし、そもそも今でいうブックシェルフスピーカーなので、この狭いアパートの居間にはちょうどいいかもしれん。

ということで、原さんのBDが終わったので今日入荷した前述のBDを見始める。なんだこのセトリ、涙腺崩壊するわ。やっぱどんな困難があっても行くべきだったなぁ、このライブ・・・。
0

2018/12/21

YAMAHA NS-1 Classic  音楽

多分、ここに来て初めて一日中動き回って仕事していた気がする。

*****

Mステスーパーライブを昨日届いたマランツのアンプを通して見て(聞いて?)いますが、これに慣れちゃうともうTV内臓のスピーカーじゃ物足りなくて聞けんなぁ。タモリ倶楽部でコブクロの黒田さんの言う通りですよ。結構前の話だけど。

デノンAVアンプの時はJBLで5.1chだったので、あんまりヤマハのスピーカーでは聞いてなかったのだけど、サラウンド感を求めなければ多分マランツの方がキレイな感じがする。

そういえばヤマハの時もJBLのウーファーだけは同時に鳴らして低音補強してたので、クロスオーバーセッテイングがダメだったのかな。今更だけどYAMAHA NS-1 Classicも結構低音出るじゃない。

Boyz II Menとかちょっとビックリ。コブクロもそうだけど、ボーカルとかコーラスの艶感ってのはこのスピーカーの特色なのかも。もちろん最新のアンプのおかげもあるでしょう。こんな良い音するスピーカーとは思ってなかった。

クリックすると元のサイズで表示します

お、お三方の登場だ・・・。


0

2018/12/17

関さん・・・  音楽

酒場放浪記を見ながら月一でいいから居酒屋に行きたいなぁ〜と。

*****

昨晩1時前、寝ようかなーと思ってたら視界のiPhoneにIGの通知が一瞬光る。誰かがライブ配信を始めたらしい。ん?ちょっと待て「Kazuaki Seki」って書いてなかったか?急いでIGを起動してみるとやっぱり関さんじゃないの。ライブ配信とは珍しい(のかな?)。コメントを見る限りではどうやら仕事中らしい。iPadで配信しながらコメントを見つつ、すぐ横でMacBookだろうか、カタカタとキーボードを叩く音が聞こえる。

多分知ってる人も少ないのではないかと思うけど、チームPerfumeの重要な一人。でもそれ以外にもかなり広範囲に仕事してるお方で、PerfumeだけでなくサカナさんのMVとか。有名どころだと、あのドローンを使ったOK GoのMVも関さんが監督。TVにはあまり出ないけど、ちょっと前の関ジャムにご出演されてましたね。

さてライブ配信、カタカタキーボードの音がする以外は無音。ほぼ何もしゃべらない。時々コメントに対して笑うとかボソッとつぶやく位。最初はiPadを横位置で配信してたので、IGで見ると縦横が逆になってずっと見てた。途中縦になったけど、なぜか終盤は元に戻って縦横逆。

おっさんがおっさんのライブ配信を見るのも、なんかちょっと面白いです。唐突に始まって20分位?翌朝6時起きだそうで、唐突に終わってしまいました。なんか貴重な時間を共有させていただきました。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2018/12/12

ポセイドン・石川  音楽

イタミン回かとおもいきや、サルウィン経由で亀山の話が出てくるし、元旦SPには神戸も出てくるし、本当に相棒は17で終わってしまうのではないかと。

*****

スッキリにポセイドン・石川さんの特集がありまして。以前ネタ番組で数回見た事はあったけど、激似の声と歌い方はともかく、カラオケの音源が独特なコーラスなどかなり凝ってたので、いったい誰が作ってるのかと不思議でならなかったけど、まさか本人が作っていたとは。

コーラスの多重録音とか楽曲のアレンジとかボーカルの抑揚とか、いかにも達郎御大がやりそうな感じでネタの領域を超えてますね。御大のフォロワーといえば古い所では「so nice」(新潟のバンドだった・・・)、「村田和人」(惜しくも若くして他界されました)、そして最近ではやはり「ジャンクフジヤマ」でしょう。

ポセイドン・石川さんとジャンクフジヤマさんの違いは、前者はやはりネタであり、必ず御大のモノマネという肩書きが入る。後者は御大のエッセンスと自身の感性を融合して、御大と同レベルのオリジナル楽曲に昇華させている点か。それは決してポセイドン・石川さんが劣っているわけではなく。

コピーする選曲やMVでの本気度から、本当に敬愛しているのがすごくわかる。ファンならこの曲を達郎御大が歌ったらどんな歌い方するだろう?なんてちょっと考えるもの。ポセイドン・石川さんって、イメージ通りの歌い方するんだよね。言ってみれば矢野顕子さんを敬愛する清水ミチコさんみたいな感じ?いろんな曲を聴いてみたいけど、森のくまさんは歌わないほうがいいかも。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ