2020/9/9

Reframe THEATER EXPERIENCE with you、の2  音楽

ドンキに道民の愛する隠れたおやつ「ビタミンカステラ」がワゴン陳列されてた。一個50円、期限が9月27日と結構切迫。なにより、もともとふんわかしてる商品でもないのですが、ほとんど潰れていて、この商品知ってる人なら「え?」と思うんじゃないか。三つ買ってきたけど。

*****

上映していた場所はそんなに広いところではありませんでしたが、それでもTVとは違う大画面&大音量で楽しめるのが映画館の魅力ですね。やっぱ黒が締まるというか、最初の視覚マジックみたいな「DISPLAY」、最後の「無限未来」と「Dream Land」の細かい美しさってのは映画館特有の画質ですね。

上映中はスマホのアプリで副音声が聞けます。Perfumeのお三方が解説する「おしゃべり副音声 with you」と、真鍋大度・石橋素の両氏が詳しく解説する「技術解説副音声」の二つ。おしゃべりの方を選択したのですが、音が聞きたい時はヘッドフォンを外してました。

技術面の詳しい事は分からないけど、NHKでの放送は見ていたので何となくわかるのですが、全くの初見でこれを見たら多分、「何だかわからないけど凄い!」という感想しか出てこないと思う。分からないなりにお三方で解説してくれるので、初見の方こそ副音声をお勧め。

もちろん音を楽しみたい方は副音声なしの劇場の大音量で楽しんで欲しいけど、最後だけでもお三方の解説を聞いてほしいなぁ。面白いわー。確かにPerfumeのロゴって老舗家電に近いものあるかも。まぁ、DVD&BD化されるだろうから、その時は二つの副音声を楽しみたいと思います。

0

2020/7/28

Time Warp/Perfume  音楽

本日休日。最大級の「無印良品」へ初訪問。旧イトーヨカドーの二階が面影が全く無い巨大な空間に商品がいっぱい。大好きなカルディもあって、じっくり眺めてあっという間の3時間。お菓子類とか欠品も結構あって売れてんなーと。

*****

メジャーデビュー15周年、結成20周年いうことで、早速タワレコオンラインで予約完了。今回の完全生産限定盤は「CD+特典DVD+スペシャルパッケージ仕様+スペシャルグッズ “特製カセットテープ”」\2,627+税。2年半ぶりのシングルですけど、もう値段がシングルの値段じゃないという。

ライブもできないし、まぁこれは一種のお布施ですので喜んで!といった具合です。にしてもここに来て特典がカセットテープとは。確かに都会の中古レコード店に行くと、そこそこいい値段で当時モノのカセットテープが売ってたりしますけど。アパートに持ってきたウォークマンも死んでたし、実家にYAMAHA K-1xがあったと思うけど、ベルト系は劣化して死んでるだろうな。

なのでもう聞く手段がございません。安いラジカセでも買ってくるか。特典なので内容はまだ秘密だそうですが、個人的にはレイディオ系じゃないかと思っております。テープでPerfumeの楽曲を聴いてみたい欲望もありますが。そういえば昔のLIFEで星野源さんがSUNのカセットテープを工場で作るのやってったっけなぁ。

少し前の関ジャムでもCDの音よりもCDをカセットに録音して聞いた方が音がいい、って話してましたけど、あれはナカミチのデッキだからであって、そりゃドラゴンとか1000ZXLは別格だもの。とはいえ、カセットテープ独特の音質って、もう僕らの世代には脳裏に刻まれたようなもので、ぜひ「再生」のボタンを押したいなー、と。

0

2020/7/9

CD  音楽

本日休日。大家さんにお中元を発送するべく近くのイオンへ。去年送ったので登録されてるらしくDMも届いてましたし。大家さん、かなりのご高齢で会わずに送ってるのですが、まだご存命なのだろうか。

*****

おとといから思い出したように本棚兼CD棚を整理してます。休業連休の時にいらない本は処分して整理できたのですが、CDは全く手付かずで。てか、転勤した時に何も考えずただ乱雑に入れただけなので、もうバラバラ。

HCで買ってきた37枚位入るCDケースが13個あって、あまり手に取らないであろうCDはそれに収納。逆にそこは整理出来てるのですが、棚にあるCD郡は欲しいCDがあってもすぐ探せない。

ほぼコンプしてる「山下達郎」「松任谷由実」「古内東子」「capsule」は整理するついでに年代別に並べてみたり(Perfumeは全く別の棚に関連書籍とグッズと共に陳列保管)。他、思い入れのあるCDを眺めて懐かしく並べてみたり。ちょっとCDケースに入れてたのと入れ替えしたいのもあるなぁ。

で一番の問題アーティストは「PIZZICATO FIVE」。シングル、アルバム、ベスト、カバー、リミックスがもう、何がどれなんだかウィキ見ても難解で整理保留。樹脂のケースが多くて変色もすごいけど、限定盤の「スーヴニール2001 コロちゃんパック」というのが縦にでかくて収納に困る。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2020/6/21

名曲  音楽

本日日食。古来よりあんまり縁起の良い自然現象では無いようですが・・・。

*****

先日書店へ行った際、大人の科学マガジンシリーズの「トイ・レコードメーカー」が売ってまして。確かこれって前回発表と同時に完売したアレの再発ではなかろうか。結構なお値段なので買おうか買うまいか5分ほど悩む。以前なら即決してたのですが、何を買うにも慎重になっちゃいましてね。

ネットでレビューをいろいろ見てると、レコードを作るのもかなり難しいらしい。完成したとしてもいろいろ問題あるらしく、総合的に考えた結果、購入を見送る事に。ふとその横を見るとシティ・ポップの名盤ベスト100と書かれた雑誌「レコード・コレクターズ」が。中をペラペラめくってその記事の内容に購入を即決。

シティ・ポップという括りで編集されてるけど、この時代のこれ系の音楽が好きな人は絶対買った方がいい一冊。ベスト14位までなら全部音源持ってるので改めて聞いてみましたが、やっぱ音楽っていいなぁ。ちょっと生き返りました。「SPARKLE」の元ネタが「If You Want It/Niteflyte」って初めて知った。有名な話らしいのですが確かにBPMを早くしたらそんな感じになるわ。

あと、個人的には91位に「フライディ・チャイナタウン/泰葉」が入ってたのは嬉しかったなぁ。泰葉さんて今はあんなですけど、過去の音楽的なものは結構良作が多かったのですよ。この雑誌は正確には1980-1989の名盤。バックナンバーに1973-1979編もあるようなのでこれも買ってみよう。

クリックすると元のサイズで表示します

0

2020/3/23

Touch The World/さかいゆう(初回特典DVD)  音楽

集荷や配達でお店に来る担当のJPさんが、「店長さんの自宅宛に荷物来てますけど、いま渡した方がいいです?」と。これから寄る予定だそうで。なんか酒田の時もそうだったなぁ。自宅宛の荷物をお店で受け取ってた。

*****

新聞の片隅で控えめに「Happy Ending/大滝詠一」の広告がありまして。リリースするのは前から知ってたのですが、なんかこんな雰囲気なので気分的に音楽を聴く気分じゃなくてスルーしてたけど、やっぱり欲しくなってタワレコでポチり。

ついでに、これももう発売してたのは知ってたけど同じ理由で買ってなかった「Touch The World/さかいゆう」と、土岐麻子さんの結構前にリリースされてた「sings the storles of 6 girls」と「CASSETTEFUL DAYS 〜Japanese Pops Covers〜」を購入。

で今日、枕の通り本日受け取った次第。とりあえずiTunesに入れつつTouch The Worldの初回特典DVDを鑑賞。やっぱりさかいゆう氏は凄い!演奏も凄いし、どうやったらあんなハイトーンが出せるのかヴォーカルも凄い。なによりこのグルーブ感は一体何なんだ?

同じくグルーブ感が半端ないSLTがAOR寄りだとするなら、さかいゆう氏はジャズ寄りだと思う。しかもうまいことJPOPに融合していて、聴きやすいし心地よい。なんで関ジャム以外のお茶の間に出てこないのかが不思議だけど、やっぱりマニアック過ぎるのかな。

クリックすると元のサイズで表示します

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ