2010/10/4

ヤッターマン  DVD

本日休日。棚卸しを挟んだ中6日。体力回復の為にグダグダに過ごそうと決める。まぁ、雨だしね。

*****

午前中はTVや撮り貯めた番組を見ながら洗濯。午後は花月でラーメン食べてすぐアパートに戻ってTVと洗濯の続き。飽きた頃に三川ジャスコ行ってボーッとしながらメダルゲーム。いつものダイノマックス、EXJPが1300位なので偶然による大当たりは期待出来ませんが、適当に台を変えながら遊びつつ、飽きたら違うゲームに移動したり。

で、三川ジャスコにあるCDショップのアウトレットコーナーにヤッターマンのDVD(実写の方ね)が売っていたので買って帰ってきました。980円ならまぁ、いいか、と。三枚組だし「Believe」好きな曲だし。

帰宅後、鍋つつきながら5.1chで鑑賞。うーん。どうなんでしょうね。今更レビューもなんですけど、オリジナルの声優陣がちらっと出ていたり、細かい所までアニメを踏襲していて、時折ニヤリとする場面も多かったのですけど。面白かったのは面白かったのですが、映画として「メガヒットを記録した」と言い切っていい映画なんだろうか、とふと。

そういえば宇都宮に転勤になった佐◯D店長、結構前の研修の時に「これ、見て下さい」と嬉しそうに携帯の画像を見せてくれたのですが、写っていたのは彼女?と思いきや、結構大きいヤッタ−ワンのフィギュアでした。D店長・・・元気でいらっしゃるのだろうか。

クリックすると元のサイズで表示します

ボンテージのフカキョンより、金髪眼鏡のフカキョンの方が断然いい。

0

2010/5/6

サンダーパンツ  DVD

今朝のスッキリをみてましたら、「みんなが選ぶ子供が大活躍する映画」なんて特集を組んでましてね。一位はハリーポッターだったのですけど。で、ロン役である(当時は子役の)ルパート・グリントがこの映画にも出演しているということで「サンダーパンツ」が最後に紹介されてました。

この映画ですけど、短く言うなら生まれた時から「おなら」の止まらない子供が、天才子供科学者(←これがルパート・グリント)と出会い、終いには宇宙まで飛んで人助けをするという、友情と感動の映画です? 真面目にこんな映画を作ってしまう人達に敬意を表します。

というか、ツッコミ所満載でね。まず「おなら」がテーマの映画ってのは、後にも先にも出てこないでしょうね。かなり以前「裏関根TV」で紹介されてまして、思わず見たくなってDVDを購入しちゃました。でもね、わざわざ買ってまで見る映画ではないなーと、ちょっと思ったりもして。しかしながら。おバカ映画好きな方には是非見て頂きたい逸品。

ライナーノーツを見ると、このルパート・グリント、この映画とハリーポッターの撮影は重なっていたそうな。方や大ヒット映画、方や・・・。いやまぁ、記憶に残る映画には間違いはないでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

*****

この映画の隠れた見所として、何故か意味なく同じ緑色のミニが大量に出てきます。クリアテールとか微妙にドレスアップしてたりしてね。ミニ好きもオススメ。

0

2010/4/5

デブキャラ  DVD

本日休日。

*****

午前中。洗濯しながら昨日撮ったMJを見ました。「不自然なガール/Perfume」TV初披露ということでしたねー。恐らくTV用のショートバージョンの様でしたが、早くフルで聞きたいものです。ビミョーにポッキーのフリ、サンプリングしてる?衣装も赤だし。

で、その後部屋を片付けながら先日入手した水曜どうでしょう「絵ハガキの旅・車内でクリスマスパーティー・生き地獄ツアー」のDVDを副音声で鑑賞。この副音声ってのが、ラジオ聞いてるみたいで部屋の片付けがはかどるんだよね。

ミスタさんかなり太っちゃったようですけど想像できませんなー。体重ではふじやんを抜いたとか。まじすか。4人中、2人もデブキャラ要らんよな。でも見てみたい。僕も八戸で一人暮らしを始めたら晩飯に牛丼ばっかり食って、アッという間に75キロ位になっちゃったもんなー。

太ったといえば昔の上司ですけどね。まだ太ったお姿を拝見しておりません。いまだ太った姿を想像出来ず悶々としております。おおー、長野まで行ってみるかい?ココからだと近くはないけど遠くもないぞ。

クリックすると元のサイズで表示します

0

2009/12/21

鑑識・米沢守の事件簿  DVD

本日AM出の早上がり半休。これだけ休みが無いと、半休でも助かるね。

*****

そういえば注文するのを忘れていた「Perfume Livefolio」を先日アマゾンにて注文してまして本日届きました。ついでに欲しかったCDやらDVDやら一緒に注文したのですが、その中のDVDの一枚がコレ「鑑識・米沢守の事件簿」。

相棒シリーズは大好きなのですが、特にこの米沢守というキャラクターが何とも言えず好きですねぇ。スピンオフの映画が上映されるって聞いて、本気で見に行きたかったです。見に行けなかった理由は他でもない、近くで上映している所が無かっただけの話なのですが。地方はツライよ。

内容はですねぇ、まぁ、当たり前ですが相棒っぽいですねぇ。個人的には米沢守というキャラクターがますます好きになりましたね。自室にある「大人の科学」の付録で指紋採取するとか、プラモの箱の中に証拠品を隠すとか。

それにしても、ちょこちょこ出て来る本家相棒(杉下&亀山)の二人はいらなかったのではないだろうか。すごく不自然で思いっきり別撮りっぽくて、スピンオフだからといってそこまでして出演させる必要はあるのだろうか、と。ラストの本家相棒&米沢の絡みも、うーん、なんだかなぁ。

クリックすると元のサイズで表示します

因にこの映画、幸せだった頃の米沢守の映像が流れるエンドロールも見逃せません。ちょっと切なくなります。

0

2009/7/20

崖の上のポニョ  DVD

そういえば先日の休日にポニョのDVDを買ってきて見た。

正直申し上げると、ちょっとショックを受けた。いや内容が決して面白く無かった訳ではない。ただ、作品を冷静しか見られない自分にショックを受けたのです。

なんでしょう、無意味に大人になった証拠でしょうか。「アニメだからしゃーないやろ?」と言われればそれまでなんですが、見終わった後に、アレコレ疑問が湧いてしかたなかった。

「あんな暴走、母親としてどうなんだ?」「母親、異常な事態に冷静なのは何で?」「人間になったポニョの戸籍とかどうすんだ?」「ポニョの両親ってなんなの?」「そもそもポニョってなんなんだ?」などなど。数回見たら面白くなるのかしら?

極論で言うといくら荒唐無稽なストーリーであっても、引きずられるモノがあれば面白く感じると想うのですね。ポニョにはそれがあるのかな。初見だから張り巡らされた伏線に気づけなかっただけなのか?実は奥底に物凄いメッセージが隠されてたりするのかな。

もっかい見てみます。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ