2007/5/24  15:21

ミニミニツアー  サイクリング

昨日は気の合う職場の仲間4人で食事(飲酒)をして、
今朝まで血液中でアルコールが泳ぎ回っていましたが、
予定通りに自転車に乗ってミニミニツアーをしましたよ。
天候に恵まれ、なかなか気持ち良かったツアーでしたよ。
目指す場所は決めず、とにかく荒川の河川敷を行ける所まで行ってみようと思いましたが、途中から地図がないと迷ってしまいそうになったので、富士見市運動公園で折り返すことにしました。
走行距離:63.1km
走行時間:約2.5時間

以下、写真に一言二言コメントを付します。

↓多分、ここは新岩渕水門です。
クリックすると元のサイズで表示します
天気もよく、遠くまで見れるこの景色は(^。^)です。

↓多分、ここは秋ヶ瀬橋と羽根倉橋の中間あたりです。
クリックすると元のサイズで表示します
秋ヶ瀬瀬橋より手前はゴルフ場ばかりでしたが、この辺一帯は田んぼだらけでした。都会では中々見ることの出来ない野生の(?)鳥が田んぼをペトペトと歩いていましたが、これってアヒル?それとも白鳥?!(笑)
なるべく近くで撮影をしようとしましたが、接近したら逃げられたので離れた所から撮影しました。

↓多分、ここは富士見市運動公園です@
クリックすると元のサイズで表示します
っていうか、多分じゃないでしょ!しっかり富士見市運動公園でしょ!そう書いてあるでしょ!と、軽く自分に突っ込んでみる。
掲示の通り、この施設を利用するには許可が必要ですが、僕は無断で侵入してしまいました。だって、入ってしまったのですもの。
掲示の通り、自転車は所定の駐車場に置くとのことですが、施設内を走り回っても駐輪場は見当たりませんでした。
掲示の通り、この施設の一般利用は有料とのことですが、僕は無料で侵入してしまいました。
誰もいませんでした。

↓多分、ここは富士見市運動公園ですA
クリックすると元のサイズで表示します
相棒がどうしても自分の撮影をしてくれ!とうるさいもんだから撮影してあげました。
本当に誰もいないと思い込んでいましたが、本当に誰もいませんでした。
何なんだ!って感じですよね?

↓多分、ここは板橋区舟渡にある陸上競技場です。
クリックすると元のサイズで表示します
写真からは見えませんが、一応、トラックの向こう側は荒川が流れています。土手に陸上競技場だなんて・・・びっくりですよね!
中学・高校と陸上競技(短距離)をやっていた僕としては、タータントラックを見ると鼻息を荒くして興奮します。タータントラック用のスパイクを履いて、思い切り走ってみたいですが、自転車用のビンディングシューズを履いていたので簡単に諦めました。

荒川の河川敷をずっと真っ直ぐ進んでいけば、やがて秩父の方までたどり着くというのが地図の教えですが、多分無理です!
羽根倉橋から先には通行禁止の行き止まりでしたし、地図を持たずに秩父に向かったら、多分迷子になってしまいます。
東京都内は地図がなくてもある程度は進んでいけますが、埼玉はさっぱり。近いうち、埼玉県の地図を買って、もう一度、今度は秩父を目指したいと思います。

僕はロングライドとなると、平気で日帰りで200km以上は走りますが、今回のように60km程度の距離を走っても、帰宅後しばらくすると筋肉痛になります。もう、筋肉痛です。
歳を取れば、筋肉痛は忘れた頃にやって来るとのことなので(父ミッチー談)今の段階ではまだまだ僕はバリバリなのでしょう。
というわけで、これからも走り続けます。

競技のように早さと時間を競う走りっぷりは興味がないけど、のんびりと自分のペースを維持しながら、のんびりと自分のペースを維持して走るのは、とてもとても楽しいですよ。
公道を走る場合は、前方後方の車の影響を受けたり、それぞれが特徴的な別な車種と一緒に走るのは難しいですが(ロードバイクは車道向き、マウンテンバイクは車道も歩道も向いている、ママチャリは歩道に向いているという意味)、河川敷のサイクリングロードは特に制約を受けることもないので、ロードバイクとママチャリが一緒に走るということも可能です。
誰か、一緒に走りましょうよ音符 違う!♪

んじゃ、またな





0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ