2007/7/2  23:54

雨天走行  サイクリング

今日はオ・ヤ・ス・ミ♪
今朝から雨が降るとは分かっていたので、江ノ島へのミニ旅行は断念。
しかし、目が覚めたときには雨は降っていなかった。
よし!ひとっ走りだ!ピチピチのレーパン(レーサーパンツ)で走るぞ!
っちゅ〜わけで荒川CRを漕ぎ漕ぎしていると・・・
ポツ・・・ん?
ポツ・・・ポツポツ・・・あれ?
ポツポツポツポツポツ・・・あらら!
ザ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜・・・うわ〜〜〜〜!
気が付いた頃には濡れていない箇所はどこにも見当たらないほどびしょ濡れ。
もちろん、そうなってしまうのは分かっていた。
しかし走り続ける。それがぴーだ!(笑)
すると
カチャ・・・カチャ・・・ん?
リアディレーラー(後ろのギアー)から異音が・・・。
シフトチェンジしていないのにチェンジした時の音が・・・。
橋の下で点検をしたら、リアディレーラーとチェーンの油が水溜りと雨水で落ちていたことがわかった。
雨水の影響ででカセットスプロケットがピカピカになっていた。オイルは雨水にも強いものを選んだはずなのに・・・。
このまま走行を続けると変速機が故障してしまう恐れもあるので、途中で引き返すことにした。
帰宅してすぐに洗車&注油。
せめて午前中いっぱいは走っていたかったけど、仕方ないわね。

本日の走行距離:37.5km (自宅は千住大川町から東神奈川駅までに相当する距離)
平均時速:28.8km/h

それにしても、雨が降ると分かっているからなのでしょうか、
今日は珍しくロードレーサー乗りを見かけませんでした。
チョイ寂しかった(笑)
それでも、通学時間の走行だったので、ママチャリに乗っていた学生さんは走っていました。二人乗りをしている女子高生を瞬く間に追い抜いた直後、「なにあれ!」というデカい声が聞こえてきた。気にもせず黙って10秒ほど走って振り向くと、二人は小さくなっていた(笑)



自転車はある種の瞬間芸術だと考えています。

歩行者から見た自転車は、5秒もすれば遠ざかっています。

見るものを「あっ!」とさせるスタイリッシュな格好と自転車は、

ただ便利であるという自転車の特性だけを議論の対象とするのは勿体無い。

自転車には色んな種類がありますが、その種類に見合ったオシャレも大事なのかなと思う今日この頃です。

たまにはご自身の自転車を磨いてあげると良いですよ。

きっと長持ちするでしょうし、走るご自身も気分が晴れやかになるはずです。たとえ雨天の走行でも(笑)


んじゃ、またな
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ