2007/5/28  19:39

第13回日帰りチャリツアー 予告  サイクリング

4/12に273kmの日帰りツアーをして以来、
200kmを超えるロングライドをしていない(^_^.)
そろそろいい加減に300kmの壁を突き破っておきたい。
昨日の記事に載せた通り、房総半島を反時計回りに回る日帰り旅をします。
画像では赤いラインが最低でも走っておきたいルート。
往復すれば、およそ300kmには達するはずです。
青いラインは、余裕があればそちらの方面にも行ったみたいルート。
九十九里まで行くとしたら、往復500kmを超えるか・・・。
日帰りではこりゃ無理だわ(*@
0

2007/5/24  15:21

ミニミニツアー  サイクリング

昨日は気の合う職場の仲間4人で食事(飲酒)をして、
今朝まで血液中でアルコールが泳ぎ回っていましたが、
予定通りに自転車に乗ってミニミニツアーをしましたよ。
天候に恵まれ、なかなか気持ち良かったツアーでしたよ。
目指す場所は決めず、とにかく荒川の河川敷を行ける所まで行ってみようと思いましたが、途中から地図がないと迷ってしまいそうになったので、富士見市運動公園で折り返すことにしました。
走行距離:63.1km
走行時間:約2.5時間

以下、写真に一言二言コメントを付します。

↓多分、ここは新岩渕水門です。
クリックすると元のサイズで表示します
天気もよく、遠くまで見れるこの景色は(^。^)です。

↓多分、ここは秋ヶ瀬橋と羽根倉橋の中間あたりです。
クリックすると元のサイズで表示します
秋ヶ瀬瀬橋より手前はゴルフ場ばかりでしたが、この辺一帯は田んぼだらけでした。都会では中々見ることの出来ない野生の(?)鳥が田んぼをペトペトと歩いていましたが、これってアヒル?それとも白鳥?!(笑)
なるべく近くで撮影をしようとしましたが、接近したら逃げられたので離れた所から撮影しました。

↓多分、ここは富士見市運動公園です@
クリックすると元のサイズで表示します
っていうか、多分じゃないでしょ!しっかり富士見市運動公園でしょ!そう書いてあるでしょ!と、軽く自分に突っ込んでみる。
掲示の通り、この施設を利用するには許可が必要ですが、僕は無断で侵入してしまいました。だって、入ってしまったのですもの。
掲示の通り、自転車は所定の駐車場に置くとのことですが、施設内を走り回っても駐輪場は見当たりませんでした。
掲示の通り、この施設の一般利用は有料とのことですが、僕は無料で侵入してしまいました。
誰もいませんでした。

↓多分、ここは富士見市運動公園ですA
クリックすると元のサイズで表示します
相棒がどうしても自分の撮影をしてくれ!とうるさいもんだから撮影してあげました。
本当に誰もいないと思い込んでいましたが、本当に誰もいませんでした。
何なんだ!って感じですよね?

↓多分、ここは板橋区舟渡にある陸上競技場です。
クリックすると元のサイズで表示します
写真からは見えませんが、一応、トラックの向こう側は荒川が流れています。土手に陸上競技場だなんて・・・びっくりですよね!
中学・高校と陸上競技(短距離)をやっていた僕としては、タータントラックを見ると鼻息を荒くして興奮します。タータントラック用のスパイクを履いて、思い切り走ってみたいですが、自転車用のビンディングシューズを履いていたので簡単に諦めました。

荒川の河川敷をずっと真っ直ぐ進んでいけば、やがて秩父の方までたどり着くというのが地図の教えですが、多分無理です!
羽根倉橋から先には通行禁止の行き止まりでしたし、地図を持たずに秩父に向かったら、多分迷子になってしまいます。
東京都内は地図がなくてもある程度は進んでいけますが、埼玉はさっぱり。近いうち、埼玉県の地図を買って、もう一度、今度は秩父を目指したいと思います。

僕はロングライドとなると、平気で日帰りで200km以上は走りますが、今回のように60km程度の距離を走っても、帰宅後しばらくすると筋肉痛になります。もう、筋肉痛です。
歳を取れば、筋肉痛は忘れた頃にやって来るとのことなので(父ミッチー談)今の段階ではまだまだ僕はバリバリなのでしょう。
というわけで、これからも走り続けます。

競技のように早さと時間を競う走りっぷりは興味がないけど、のんびりと自分のペースを維持しながら、のんびりと自分のペースを維持して走るのは、とてもとても楽しいですよ。
公道を走る場合は、前方後方の車の影響を受けたり、それぞれが特徴的な別な車種と一緒に走るのは難しいですが(ロードバイクは車道向き、マウンテンバイクは車道も歩道も向いている、ママチャリは歩道に向いているという意味)、河川敷のサイクリングロードは特に制約を受けることもないので、ロードバイクとママチャリが一緒に走るということも可能です。
誰か、一緒に走りましょうよ音符 違う!♪

んじゃ、またな





0

2007/5/18  20:28

ネットショッピング  サイクリング

9時から12時まで、荒川の河川敷を自転車で走る予定でしたが、出発前の点検で前輪がパンクしていたことが判り、20分ほどロスをして出発した。画びょうで刺したくらいの小さな穴が開いていました(*@ヨ@)
クリックすると元のサイズで表示します

自宅を出発して5キロも走らないうちに、今度は後輪の空気が抜けた(*@ヨ@) パンクが原因ではなさそうだったので、携帯空気入れで元に戻すも、また5キロほど走ると空気が抜けていたので、再度、携帯空気入れで元に戻した。そんなことを何度かやっているうちに、バルブの先端が取れてしまい、修復不可能となりチューブ交換・・・: ∵ゞ(≧益≦; )プッ
手が油で真っ黒になって帰宅したとさ(笑)
クリックすると元のサイズで表示します

本日の走行距離:48.5km(埼玉県志木市までの往復)


夕方、何気なくタイヤの空気圧を手で探ってみたところ、前輪がビュニャブニャしていた。
前輪がまたパンクしました(*@ヨ@)
今朝と同様に画びょうで刺したような小さな穴が開いていました。
しかも午後から走っていないのに・・・。
きっと、タイヤの中に細い針のような物が入っていると思われる。手で触れてもそれらしき物がないので、ある程度の空気を入れるとヒョッコリ顔を出すのでしょう。
全く同じ箇所を同じようにパンクしたので、乗り心地も良く愛用していたタイヤはクビにしました: ∵ゞ(≧益≦; )プッ
そして、前輪だけ別なタイヤ交換しました。
パナレーサーの格安で定番なストラディアスエリートライト。
前輪は黒、後輪はあずき色。ちぐはぐな車体により磨きがかかりました: ∵ゞ(≧益≦; )プッ
今日だけでチューブを3本も消費。なんなんだ!(爆)
買いだめしていたチューブは残り一本になってしまった。
買わないと・・・。
ストックしているタイヤも残り一本になってしまった。
買わないと・・・。

というわけで、早速ネットショッピングをした。
ストックしてあるタイヤとチューブが1本ずつしかない。
タイヤもチューブも消耗品なので(ママチャリよりも交換頻度が高い。空気を入れるのも3日に1回くらい)、ある程度は買い溜めしておかないと、急遽のロングツーリングをする際に不都合が生じるので、こればかりは仕方がない。
というわけで、早速ネットショッピングをした。

まずはチューブ。
今日だけで3回もチューブ交換をしたので、今後のサイクリング時においても、それくらいのチューブ交換を要する可能性もあると想定して10本購入。1本の定価が700円のところを、ネット価格で533円でお買い上げ。
クリックすると元のサイズで表示します

そしてタイヤ。タイヤは2種類購入。
まずはパナレーサー ストラディアス エリート 700x20c(直径700mmのホイールで20mmの太さという意味)を2本。1本の定価が2,373円のところを、ネット価格で1,898円でお買い上げ。このタイヤは値段の割りには良く走ってくれる。やや固めでロングツーリングには不向きですが、今日のように50km前後を河川敷で走る分には十分に活用できます。ロードバイクタイヤの一般的な(?)太さは23mmなので、それよりも3mmほど細いと、道路の路側帯の溝にハマってしまうこともあるので、道路を走るときは特に注意が必要です。
クリックすると元のサイズで表示します

そしてVittoria (ヴィットリア) オープンコルサEVO-CX 700x23c を2本購入。1本の価格が5,775円のところ、ネット価格で4,675円でお買い上げ。説明の中に「すべての部分で満足いく性能を体感できます」と書かれていたので購入。
タイヤは高ければ高いだけイイ♪というのが一般的な消費者の意見なので、価格的にはミドルクラスのこのタイヤがどれだけのものなのか楽しみですヽ(^o^)丿
クリックすると元のサイズで表示します

というわけで、今日はこの辺で。

んじゃ、またな
0

2007/5/10  13:03

高尾山登山口下見  サイクリング

ミニミー(フェレット)と激しく同棲中の妹が、
昼前後に自宅に顔を出すとのことなので、
それまでには帰宅しているように、午前4時半に高尾山口駅に向かった。
片道70kmくらいあるかな?と思っていましたが、60km弱でした。これくらいなら往復したって楽勝ですヽ(^o^)丿
登山口に到着したのは8時前でしたが、既にボツリポツリとそれなりの格好をした人達が登り始めていました。
せっかく登山口まで来ておきながら、登山できずに帰宅するのはアレなのですが、今回の目的は、登山口の下見。
登りたい気持ちを抑えて、さっさと帰宅しました(笑)

本日の走行距離:121.8km(ビリっけつから2番目に短い距離)
積 算 距 離:1567km
高尾山のビアガーデンでのアレが楽しみですヽ(^o^)丿

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

んじゃ、またな
0

2007/5/8  23:53

下見  サイクリング

10日の午前中に、天気と体調が良ければ、自転車である所の下見をしに行こうと思っている。
そのある所というのは・・・
5/2の記事にも触れましたが、「高尾山登山口」です。
高尾山といったら、東京都内で最も高い山という認識を持っている人もいるかもしれませんが、実はそうではない。
高尾山が599mの小高い丘だと仮定したら(高尾山を愛する人にとっては失礼な言い回しですが)、雲取山は2000m級のデッカイ山です。そうです。雲取山こそ、東京都の最高峰なのです。
話しがズレた・・・(*@
0

2007/5/2  13:54

第11回日帰りチャリツアー  サイクリング

都会ではなかなか見ることの出来ない素敵な景色を見に、
東京は多摩市にある聖蹟桜ヶ丘まで行った。
聖蹟桜ヶ丘といえば、知る人ぞ知る宮崎アニメ映画の「耳をすませば」の舞台になった所です。(僕は最近知りました)
月島雫を自転車の荷台に載せて、天沢聖司が急な坂道を上るシーンに出てくる坂は、おそらく「いろは坂」です。
この際だから、恐らくではなく「間違いなく」と言ってしまおう(笑)
いろは坂は間違いなく映画のシーンに出てきた坂だ!
よし!言えた: ∵ゞ(≧益≦; )プッ
(注:日光のいろは坂ではない!!)
この坂道を二人乗りして上れる天沢聖司の脚力は半端ではないということを、実際に一人で上ってみて分かった(笑)

生憎の曇り空でしたので、高台からの素敵な街並みを見渡すことができませんでした。
下に載せた写真を見れば何となく想像がつくかと思いますが、これで晴れてたら絶景です。特に、宮崎アニメ映画ファンからすれば、たまらない画像になっていたはずです(笑)

後に晴れることは分かっていましたが、それまで待っていると、きっと欲張りな僕のことだから高尾まで行きかねないので、早々に帰宅しました。

走行距離:100,7km(ツアー最短距離)
積算距離:1418km

往路でとんでもないアクシデントが起こった。
マイペースで進んでいると、金属のパイプが転がるような音が聞こえた。
気にもせず走っていましたが、後の信号待ちで原因が分かった。
フレームに取り付けている携帯用空気入れが落っこちた音だと・・・。
恐らく、度重なる車体への振動で、空気入れを締め付けているマジックテープがはがれたのでしょう。
幸いなことにパンクはしなかったので、空気入れの出番はありませんでしたが・・・。
まぁ、こんな事もありますわね(笑)

今回のツアーで「ふ」と思いついた。
自転車で高尾まで行き、自転車を輪行バッグに入れて、バッグをかついで高尾山を登る。そして、下山したら再び自転車に乗って帰宅する。
なかなか楽しそうですヽ(^o^)丿
ただ、実現できるかどうかは分からない。
つまり、試してみる価値はアリアリなのです: ∵ゞ(≧益≦; )プッ

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

んじゃ、またな
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ