2007/7/21  23:07

富士登山写真集  登山

※この日記は7/21に投稿したように設定しましたが、実際に投稿したのは7/30です。

お待たせ致しました!
って、誰がこのブログを期待しているかは知らんぺ。

7/21〜22にかけて、職場の同僚と3人で富士登山に臨みました。
文章は極力カットして、250枚ほど撮影した写真と、メンバーから頂戴した写真の中からベストショットを載せます。
富士山に登った事のないひとは、この写真を見て「私登った!」と言い張ってくださいwwwぷ

クリックすると元のサイズで表示します
出発前に焼肉屋で食べた冷麺です。激辛でした。


クリックすると元のサイズで表示します
富士スバルライン入口付近です。


クリックすると元のサイズで表示します
富士スバルラインにて。富士山2合目あたり。


クリックすると元のサイズで表示します
富士山4合目。


クリックすると元のサイズで表示します
5合目にて。カメラをいじっているメンバー二人を背後から盗撮。


クリックすると元のサイズで表示します
5合目の小御嶽神社にて。背後からメンバー二人を撮影しようとしたらバレてしまった。


クリックすると元のサイズで表示します
6合目にて。メンバーの一人がメンバーを撮影している姿をまとめて撮影しました。
↓の写真と完全リンクですwwwぷ
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
8合目にて。白シャツを着ているのは、ぼ、僕です。山登りだっちゅ〜のに海のシャツを着ています。ナメています: ∵ゞ(≧益≦; )プッ

クリックすると元のサイズで表示します
御来光直前の雲海です。


クリックすると元のサイズで表示します
素晴らしい御来光です!なんだこれ!って感じですよね。


クリックすると元のサイズで表示します
メンバーの一人男前・W見チンが撮影した写真です。

クリックすると元のサイズで表示します
素敵♪撮影した自分が: ∵ゞ(≧益≦; )プッ

クリックすると元のサイズで表示します
最高峰にカメラを向けている僕です。

クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂郵便局に向かっている列です。半袖の男がぼ、僕です: ∵ゞ(≧益≦; )プッ

クリックすると元のサイズで表示します
最高峰にて、男前・W見持参の大仏マスクを装着&フェレットみないな縫い包みでアレしてみました。

んじゃ、またな
0

2007/7/18  21:47

準備  登山

7/21の富士登山に向けて、あっぱれ!富士登山(http://www001.upp.so-net.ne.jp/fujisan/)を参考にさせて頂き準備を始めました。
去年との違いは、今年は落石・防寒対策としてヘルメットを装備するということ。しかも自転車用(結構場所を取ります)。ヘッドランプも自転車用。リュックサックの背中側には自転車用のテールランプ(赤)も取り付けます(笑)
残りの装備品は登山前に寄るコンビニで購入します。
残りの装備品とは
1:水(500ml×5本)
2:栄養食(カロリーメイトなど)
3:おやつ(柿の種)
です。

メンバーに入れ替わりはあるものの、去年同様に今年も職場の仲間と登山します。来年以降も同じメンバーで登山することはあったとしても、異なった職業に就いている可能性は極めて高い。良い思い出作りをしたい。
いくら綺麗な景色を激写したとしても、それはただの記録にしか過ぎない。登山中の語らいや素晴らしい景色を目の当たりにするといった忘れがたい記憶を重んじていきたい。


クリックすると元のサイズで表示します

んじゃ、またな
0

2007/7/6  13:04

第14回日帰りチャリツアー〜計画編〜  サイクリング

今月は21日に富士山、30日に雲取山の登山をする事が決定しましたが、
まだ計画から準備まで何もやっていないwwwぷ

↓は雲取山からみた富士山です。
クリックすると元のサイズで表示します
「雲取山なんて知らないよ!」という方も大勢いらっしゃるかと思いますから、簡単にご説明してさしあげよう。といっても、あるHPから文章をコピーするだけですが。何か?wwwぷ
雲取山(くもとりやま)は東京都西多摩郡奥多摩町・埼玉県秩父市・山梨県北都留郡丹波山村の境界にある標高2017mの山で、奥多摩と奥秩父の二つの山域の境界に位置する。東京都の最高峰であり、最高地点でもある。 また、石尾根と奥秩父主脈縦走路と長沢背稜の起終点の山でもある。
奥多摩・奥秩父山塊の中では比較的人里から奥深くにある山である。日本百名山の一つ。東京都、山梨県側の山林は東京都水道局の水源林(東京都水源林)となっている。
以上だ!


登山の計画も立てていなにのに、僕は8月に実施する(実施したい)第14回日帰りチャリツアーの計画を立てようとしているwwwプッハァ
次回のツアーの目的の一つに、千葉県に面した海を総ナメするというのがある。
極めて贅沢な旅であることに違いはないが、距離にして450kmはある。
ルートは↓だ
クリックすると元のサイズで表示します
このルートを一日で制覇する。
先日の第13回日帰りツアーでは、何とか300kmの壁を越えたというのに、
次回は更に上をいき400km超えを果たすのです。
中にはこう言う人もいる。
「理屈では一日に500〜600kmは走れるはず」と・・・。
しかし、理屈はどうであれ、そういう人に限って200kmも走った事がないのも結構いるwwwぷ
僕はそういった口だけの男じゃ〜ない!(笑)
やるべ!

んじゃ、またな
0

2007/7/5  20:11

ミニチャリツアー  サイクリング

天気にも恵まれ、鎌倉・江ノ島への半日チャリツアーを満喫しました。
朝の4時に出発する予定でしたが、若干寝坊したため4時半の出発となりました。
ロードレーサー購入当初に比べて、格段に走り方が進歩したためか、アキレス腱と膝の慢性痛は最近は伴わない。
帰宅は遅くても13時までと決めていたので、往路・復路にかかる時間を除けば、ゆっくりできる時間は1時間。
せっかく行くのだし、少しでもゆっくりするために、往路は比較的緩やかな道を選んで飛ばしました。
ルートは↓
自宅→(国道4)新橋→(国道15)横浜→(国道1)保土ヶ谷→(鎌倉街道)鎌倉→(国道134)江ノ島
です。
このルートで江ノ島に行ったのは今回で2度目。前回は3.5時間かかりましたが、今回は30分も短縮できて3時間。
江ノ島まで3時間・・・。ちょっと自分でもびっくりです。もちろん、信号は守っています。
チャリツアーを始めたころは、江ノ島まで4時間近くかかっていたので(場合によっては5時間)、それだけ自分の走りが進歩した証拠なのでしょう。自転車乗りの足になってきたと自覚しています。
復路に関しては、道路状況が混雑するだけ時間がかかる。余裕をもって9時に復路に臨みました。
ルートは↓
(国134)江ノ島→(鎌倉街道)井土ヶ谷→(国16)関内→(国15)新橋→(国4)自宅
です。


以下、写真に一言のコメントを付します。

@高島町にて撮影
クリックすると元のサイズで表示します
最初に休憩した場所です。本当ならばここで休憩するつもりではなかった。高島町の交差点は国1と国16の分岐点なのですが、直進すれば良かったものの左折する車道に入ってしまった。国1に戻る前に(^。^)y-.。o○とサントリーのDAKARAで休憩した際、不気味なほど上手い落書き(?)をバックに撮影しました。

A八幡様にて撮影
クリックすると元のサイズで表示します
北鎌倉駅から八幡様に向かう途中に、1箇所だけ激しい坂があります。ちょっと疲れたので、鶴岡八幡宮で参拝ついでに撮影をした。自転車で中まで入れない雰囲気でしたが、おじいさんが平気な顔をして走っていたので、「まぁ大丈夫なんでしょう♪」という事で自転車に乗ったまま潜入した。

B行合橋にて撮影
クリックすると元のサイズで表示します
行合橋って言っても、地元の人じゃないと分からないですよね(笑)
七里ガ浜から江ノ島に向かう途中にセブンイレブンがあります。そこです(笑)
一度は江ノ島に行きましたが、何も食事をしていないことに気が付き、行き付け(実はね)のコンビニなら安心できるということで、わざわざ戻ったのです。
何で江ノ島に来ておきながらコンビニが行き付け?と思う方もいらっしゃるでしょうが、僕はロングツーリングをする際は、江ノ島に到着するのは早朝5時頃です。店、コンビニ以外やってないです。だからです(笑)

C行合橋にて撮影U
クリックすると元のサイズで表示します
撮影したのは上の写真と同じ場所です。今日はイイ波でした。

D江ノ島にて撮影
クリックすると元のサイズで表示します
再度江ノ島に向かいました。警備員さん以外誰もいない!
そりゃ当たり前か。まだ9時前だし(笑)

E江ノ島弁天橋にて撮影
クリックすると元のサイズで表示します
いよいよ本日の江ノ島とはお別れの時間がやって参りました。
江ノ島を満喫するには1時間弱では短すぎますが、まぁ仕方ありません。
いつも日帰りツアーに出かけるときは、愛車だけを写したベストショットの撮影しています。
本日のベストショットは・・・
クリックすると元のサイズで表示します
これです。
光の加減にもよりますが、しばらくバーテープを交換していないので色あせてきています(笑)
自転車の「顔」はハンドルです。近いうちに新しいのと交換してあげます(^.^)

本日の走行距離:142.8km
平均速度:26.7km/h

江ノ島大好き人間である僕は、できればまた今月中にでも行きたいのでした。

というわけで


んじゃ、またな
0

2007/7/2  23:54

雨天走行  サイクリング

今日はオ・ヤ・ス・ミ♪
今朝から雨が降るとは分かっていたので、江ノ島へのミニ旅行は断念。
しかし、目が覚めたときには雨は降っていなかった。
よし!ひとっ走りだ!ピチピチのレーパン(レーサーパンツ)で走るぞ!
っちゅ〜わけで荒川CRを漕ぎ漕ぎしていると・・・
ポツ・・・ん?
ポツ・・・ポツポツ・・・あれ?
ポツポツポツポツポツ・・・あらら!
ザ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜・・・うわ〜〜〜〜!
気が付いた頃には濡れていない箇所はどこにも見当たらないほどびしょ濡れ。
もちろん、そうなってしまうのは分かっていた。
しかし走り続ける。それがぴーだ!(笑)
すると
カチャ・・・カチャ・・・ん?
リアディレーラー(後ろのギアー)から異音が・・・。
シフトチェンジしていないのにチェンジした時の音が・・・。
橋の下で点検をしたら、リアディレーラーとチェーンの油が水溜りと雨水で落ちていたことがわかった。
雨水の影響ででカセットスプロケットがピカピカになっていた。オイルは雨水にも強いものを選んだはずなのに・・・。
このまま走行を続けると変速機が故障してしまう恐れもあるので、途中で引き返すことにした。
帰宅してすぐに洗車&注油。
せめて午前中いっぱいは走っていたかったけど、仕方ないわね。

本日の走行距離:37.5km (自宅は千住大川町から東神奈川駅までに相当する距離)
平均時速:28.8km/h

それにしても、雨が降ると分かっているからなのでしょうか、
今日は珍しくロードレーサー乗りを見かけませんでした。
チョイ寂しかった(笑)
それでも、通学時間の走行だったので、ママチャリに乗っていた学生さんは走っていました。二人乗りをしている女子高生を瞬く間に追い抜いた直後、「なにあれ!」というデカい声が聞こえてきた。気にもせず黙って10秒ほど走って振り向くと、二人は小さくなっていた(笑)



自転車はある種の瞬間芸術だと考えています。

歩行者から見た自転車は、5秒もすれば遠ざかっています。

見るものを「あっ!」とさせるスタイリッシュな格好と自転車は、

ただ便利であるという自転車の特性だけを議論の対象とするのは勿体無い。

自転車には色んな種類がありますが、その種類に見合ったオシャレも大事なのかなと思う今日この頃です。

たまにはご自身の自転車を磨いてあげると良いですよ。

きっと長持ちするでしょうし、走るご自身も気分が晴れやかになるはずです。たとえ雨天の走行でも(笑)


んじゃ、またな
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ