2012/7/9  14:00

富士登山  登山

2012年7月9日〜10日 富士登山

※タイムテーブル
9日
08:30 自宅発
09:20 新宿駅着
09:40 バス出発(富士急行)
12:30 スバルライン五合目着
14:00 登山開始
19:45 山頂到着(御来光まで山頂待機)

10日
04:30 御来光
05:15 下山開始
07:45 五合目到着
10:00 五合目より新宿行きのバス出発
12:20 新宿駅着
13:30 帰宅

今年も仲間とのスケジュールが合わず単独登山となりますた。

今回の登山は過去にはない計画での実行ですた。
かなりサバイバルで誰にもオススメできない計画です。
とはいえ、やることはこれまでと同じ。登って下る。誰もがやることでつ(笑)
大きな違いは出発時刻を例年の19〜20時から14時に早めたこと。
山頂へは5〜6時間で到着します。
14時に出発すれば、日が沈む頃に山頂へ到着する。
ヘッドライトで足元を照らす必要もないし、何といっても日が沈むまでの景色を楽しめる。
ここが大きな違いでつ。
実際、19〜20時出発では決して見ることができない影富士を見ることが出来ましたし、
明るい時間故にシャッターチャンスにも恵まれますた。
もう一つの違いは、出発時刻を早めるために登頂時刻も早い。
山小屋で宿泊もしないので、御来光までの山頂での待機時間が長い。
例年の倍である9時間近い待機となりまつwwwぷ
山頂に到着したのは20時前。この時間は既に真っ暗です。
登山客は辺りを確認したところ1組5名のグループのみ。
山は100m高くなるにつれて0.6度の気温が下がりまつ。
山頂は3700m以上あるので、どれほど気温が低いかは登った人なら分かるかと思いまつ。
夏の登山とはいえ、夜中の山頂は氷点下並み。
21時の時点で気温を計測したところ0度ですたwwwぴ
そして風が吹く。飛ばされるほどの強風ではないにしろ、
1mの風が吹けば体感気温は1度下がりまつ。
氷点下並みの気温の中、御来光の4時半までひたすら待つ。
それも、例年の約倍である9時間近い待機。
自転車用のジャージの上にダウンジャケットを着ても、
じーっとしているので寒さが骨にしみこんできまつwwwプシャ

300枚近い撮影をしましたが、うち25枚ほど載せていきまつ(撮影順)
御来光を中心にピクセル等倍で掲載しています。
PCで閲覧する際は、画像をクリックすると別窓で表示されます。
その画像内をクリックすると等倍の画像を見ることが出来ます。
※ブレは気にしないでくだたいwwwぴ

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ピクセル等倍で掲載

クリックすると元のサイズで表示します

ピクセル等倍で掲載 ※影富士

クリックすると元のサイズで表示します

ピクセル等倍で掲載

クリックすると元のサイズで表示します

ピクセル等倍で掲載

クリックすると元のサイズで表示します

ピクセル等倍で掲載

クリックすると元のサイズで表示します

ピクセル等倍で掲載

クリックすると元のサイズで表示します

ピクセル等倍で掲載

クリックすると元のサイズで表示します

ピクセル等倍で掲載

クリックすると元のサイズで表示します

ピクセル等倍で掲載

クリックすると元のサイズで表示します

ピクセル等倍で掲載

クリックすると元のサイズで表示します

ピクセル等倍で掲載

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ピクセル等倍で掲載


今年はあと1回は登る予定でつ。


んじゃ、またな
0

2011/8/11  19:00

2011年 富士登山(8/11〜12)  登山

2006年8月1日(〜2日)の富士登山をきっかけに、
毎年の恒例行事となったこの登山も今年で5回目を迎えまつた。

何と言っても富士登山の楽しみは、メンバーとの会話と、
実は見ることはとても難しいらしい御来光を見ること。

今回は、その一つが欠けてしまいまつた。
仕事の都合でメンバーとのスケジュールが合わず、
単独登山をすることになりまつた。

以下は山頂までの各小屋の到着時刻と、山頂から御来光→下山の時刻でつ

5合目発 19:00
6合目着 19:25
7合目日の出館着 20:12
7合目トモエ館着 20:17
7合目鎌岩館着 20:23
7合目鳥居荘着 20:42
7合目東洋館着 20:50
8合目太子館着 21:20
8合目蓬莱館着 21:30
8合目白雲荘着 21:52
8合目元祖室着 22:05
8合目富士山ホテル着 22:26
8合目トモエ館着 22:38
8合目5尺御来光館着 22:53
9合目着 23:23
山頂着 24:01

御来光 04:56

05:50 山頂発
08:25 5合目帰着


今回の登頂の課題の一つとして挙げたのは「スPディーさ」
これは、早く歩くということではなく、むしろその逆なのでつ。
休憩中の冷え込みにより体力を奪われないように、
極力は休憩と取らない代わりにゆっくり歩くのでつ。

今までの経験からすると、8合目辺りからツアーの団体と遭遇する。
そこで、更にゆっくりなペースとなるのでつが、
彼らが次の小屋でトイレ休憩をするときに、サラっと抜き去る。
その繰り返しが、歩くペースの基準となりまつ。
ツアー客と遭遇したときこそ休憩という位置づけでつ。
そうこうしているうちに、ツアー客が御来光に合わせて最後に宿泊する場所である8号目5尺に到着する。
そこからは自分のペースで進みまつ。

これを踏まえれば、山頂まで4〜5時間あれば登れるという計算でつ。
ポイントはツアー客にまぎれて休憩をしないことでつ。

予定通り24時に山頂に到着しまつた。
御来光までの約5時間は、寒さと風に耐えることでつ。
寒さと風に耐える以外、他にやることがありまてん。
持参したデジタル・オーディオ・プレイヤーでABBAを聞きながら、
御来光を見るには最高の場所を確保して座っていまつたwwwぴ

クリックすると元のサイズで表示します
(※誰もいましぇん)


座っているうちに、寝てしまいまつたwwwぴ
目が覚めると、ベンチは大勢の登山客、しかも、濃霧で10m先も見えない状況でつた。
御来光まで約1時間。
御来光まで30分。
御来光まで20分。
御来光まで10分。
明るくなってきているのに、霧で様子が分からない。
周囲でも「今日はダメだな」と言ってる登山客がいまつた。
Pの隣に座っている人が、「もう明るいし太陽は出ているだろうから下山しようか」と言ってるのを耳にしたので、
「御来光まであと5分ほどですよ」と言った矢先、
ものの5秒もしない間で、いっきに濃霧が消えたのでつ。
これには驚きまつた。

そして、姿を現したのが

クリックすると元のサイズで表示します

これでつ。


-----------------------------------------------------------------------

以下、今年の富士登山で撮影した約1300枚の写真の中からピックアップして載せまつ(撮影順)。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


来年は違うコースを歩きまつwwwぷ


んじゃ、またな
1

2011/8/1  8:30

筑波山写真集  登山

日本百名山で最も低い山、男体山・女体山の二つの山を総称する筑波山を歩きまつた。
※男体山は日光にもありまぷ(2,486m)

以下、撮影順に載せまぷ


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



んじゃ、またな
1
タグ: 筑波山

2011/7/27  10:22

高尾山→陣馬山コース  登山

何を血迷ったのか、またまた高尾山に行きまつたwwwぷ

高尾山単体のコースを完全制覇したので、今回は「裏高尾」と称する登山コースでつ。

クリックすると元のサイズで表示します

高尾山の山頂から城山→景信山→陣馬山→陣馬山高原下バス停までの地図ですが、
僕は高尾山口駅から歩きまつたwwwぴ

距離にして約22km
それなりに距離はありまつが、日帰り登山コースなので仕方ありまてんが、
まだまだ歩き足りない感じでつたwwwぷ

以下、撮影順に載せていきまつ

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


7時間以上かかるこのコースを5時間30分ほどで歩きまつた。
次は8月11日のMt.Fujiでつwwwぷ

んじゃ、またな
1
タグ: 陣馬山

2011/7/25  9:57

続・高尾山  登山

17日の高尾山コース(稲荷山コース・6号路)では物足りなかったので、
再び高尾山に出没しまつたwwwぷ

今回は、高尾山公式HPに掲載されている正規のコースを制覇するという目的で臨みまつた。
会社の同僚とスケジュールが合ったため、8時に高尾山口駅で待ち合わせ。

クリックすると元のサイズで表示します

富士登山でおなじみの、せれこと鳥峯さんでつwwwぷ

コースは1号路→4号路→2号路→(蛇滝コースに寄り道)→3号路→5号路→6号路で下山→リフトで展望台→ビアマウント→ケーブルカーで下山

これで、高尾山単体の正規のコースは完全制覇しまつた。
歩行距離は約13km
普段は歩かない距離ですが、まだまだ歩き足りない感じでつた。

以下、300枚ほど撮影した写真から一部抜粋

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

本当に一部しか載せてまてんwwwぴ

んじゃ、またな
0

2011/7/17  9:46

高尾山  登山

今日は朝からぴもうととサイクリング、
という予定がありますたが、昨夜ドタキャンされまつたwwwぴ
(※ドタキャンの理由:暑いからwwwぷ)

そこで、いつもの走りなれた荒川CRをするのも良いけど、
また違った汗をかいてみたい
ということで、高尾山ピクニックをすることにしまつたwwwぷ

往路は稲荷山コース。
はぁはぁ息を切らしながら歩いている登山客をサクサク抜き去り1時間で頂上に到着。


復路は6号路。
狭く滑りやすい道ですたが、往路以上になポイントがあり撮影の頻度も高まりまつた。
あっという間に清滝駅(ケーブルカーがあるところ)に到着しますた。

以下、300枚ほど撮影した写真の一部抜粋。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


本当に一部しか載せていまてんwwwぷ


往復約6.5km
物足りませんでしたが、良い汗をかきますた


んじゃ、またな
0
タグ: 高尾山

2010/8/7  0:00

富士登山写真集  登山

2010年8月7〜8日

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
4

2008/8/7  21:20

8/5〜6 富士登山  登山

まず初めに、今回の富士登山を成功させることができたのは、
せれさん、WWW.見ちょん、石野ッティーのお陰です。
ありがとう!

5合目到着時、酷い雷雨により、今回は中止にせざるを得ないと誰もが思ったことだろうけど、
登山開始予定時刻ちょうどに雷は遠ざかり雨もおさまった。
これを奇跡と呼ばずして何を奇跡というのか!?wwwぷ
そして、宣言通り、夜中の登山で上は半袖だけで頂上にまで行ってしまった僕はおバカさんでつwwwプヒャ

富士登山をするからには、何といっても御来光を見れるかどうかが鍵となるかと思います。
5合目に到着した時点では、激しい雨と雷が鳴り響き、
身の危険を考えて、今回は中止にした方が良いのではと思っていましたが、
出発予定時刻ギリギリで雷雨はおさまり、強行的に出発することにしました。
出発時は、メンバー全員が御来光の諦めモードに入っていたことでしょうが、僕は雨男。雨男Tシャツを着ていたばかりに、他の登山客からはブーイングの嵐でしたが、この激しい雷雨があったからこそ、時間が経った御来光時に雲で太陽が遮られなかったのかと思えば、僕はつくづく雨男で良かったと思うものですwwwプヒャ

8/5 
16:30頃 5合目到着
19:15  登山スタート
20:00  6合目到着
20:55  7合目 日の出館到着
21:09  7合目 トモエ館到着
21:22  7合目 鎌岩館到着
21:29  7合目 富士一館到着
22:40  8合目 太子館到着
23:00  8合目 蓬莱館到着
23:37  8合目 白雲荘到着
8/6
00:38  8合目 トモエ館到着
01:12  8合目 御来光館到着
02:35  頂上到着

御来光までの2時間ちょっとを、せれさんが持参してくれたスープとコーヒーで満喫していました。頂上は非常に寒かったけど、スープとコーヒーで体の冷えが緩和されました。助かりました。せれさん、ありがとー!

以下、画像を載せます。


クリックすると元のサイズで表示します

※登る前から飲んでますwwwぷ


クリックすると元のサイズで表示します

※5合目は大雨でした


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

※ご来光


0

2007/7/21  23:07

富士登山写真集  登山

※この日記は7/21に投稿したように設定しましたが、実際に投稿したのは7/30です。

お待たせ致しました!
って、誰がこのブログを期待しているかは知らんぺ。

7/21〜22にかけて、職場の同僚と3人で富士登山に臨みました。
文章は極力カットして、250枚ほど撮影した写真と、メンバーから頂戴した写真の中からベストショットを載せます。
富士山に登った事のないひとは、この写真を見て「私登った!」と言い張ってくださいwwwぷ

クリックすると元のサイズで表示します
出発前に焼肉屋で食べた冷麺です。激辛でした。


クリックすると元のサイズで表示します
富士スバルライン入口付近です。


クリックすると元のサイズで表示します
富士スバルラインにて。富士山2合目あたり。


クリックすると元のサイズで表示します
富士山4合目。


クリックすると元のサイズで表示します
5合目にて。カメラをいじっているメンバー二人を背後から盗撮。


クリックすると元のサイズで表示します
5合目の小御嶽神社にて。背後からメンバー二人を撮影しようとしたらバレてしまった。


クリックすると元のサイズで表示します
6合目にて。メンバーの一人がメンバーを撮影している姿をまとめて撮影しました。
↓の写真と完全リンクですwwwぷ
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
8合目にて。白シャツを着ているのは、ぼ、僕です。山登りだっちゅ〜のに海のシャツを着ています。ナメています: ∵ゞ(≧益≦; )プッ

クリックすると元のサイズで表示します
御来光直前の雲海です。


クリックすると元のサイズで表示します
素晴らしい御来光です!なんだこれ!って感じですよね。


クリックすると元のサイズで表示します
メンバーの一人男前・W見チンが撮影した写真です。

クリックすると元のサイズで表示します
素敵♪撮影した自分が: ∵ゞ(≧益≦; )プッ

クリックすると元のサイズで表示します
最高峰にカメラを向けている僕です。

クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂郵便局に向かっている列です。半袖の男がぼ、僕です: ∵ゞ(≧益≦; )プッ

クリックすると元のサイズで表示します
最高峰にて、男前・W見持参の大仏マスクを装着&フェレットみないな縫い包みでアレしてみました。

んじゃ、またな
0

2007/7/18  21:47

準備  登山

7/21の富士登山に向けて、あっぱれ!富士登山(http://www001.upp.so-net.ne.jp/fujisan/)を参考にさせて頂き準備を始めました。
去年との違いは、今年は落石・防寒対策としてヘルメットを装備するということ。しかも自転車用(結構場所を取ります)。ヘッドランプも自転車用。リュックサックの背中側には自転車用のテールランプ(赤)も取り付けます(笑)
残りの装備品は登山前に寄るコンビニで購入します。
残りの装備品とは
1:水(500ml×5本)
2:栄養食(カロリーメイトなど)
3:おやつ(柿の種)
です。

メンバーに入れ替わりはあるものの、去年同様に今年も職場の仲間と登山します。来年以降も同じメンバーで登山することはあったとしても、異なった職業に就いている可能性は極めて高い。良い思い出作りをしたい。
いくら綺麗な景色を激写したとしても、それはただの記録にしか過ぎない。登山中の語らいや素晴らしい景色を目の当たりにするといった忘れがたい記憶を重んじていきたい。


クリックすると元のサイズで表示します

んじゃ、またな
0

2006/8/1  22:51

富士登山  登山

会社の良き仲間と富士山のてっぺんまで登った。
6合目より上は生まれて初めての登山。
高山病の心配はありましたが、無事に最高峰まで登ることができました。
頂上で飲んだビール、つまみがなかったので「ひゃ〜〜っ!最高!」とまではいきませんでしたが、
いつか、また頂上まで辿り着いたときは、きっと飲みます。
その時は柿の種を持参です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ