2015/7/16

芥川賞  

又吉作「火花」が受賞し目玉飛び出しました。

「やらせ」「吉本の圧力」「献金問題」

などなど、色々と「自分が納得できる理由」を探してしまいますが、素直に純粋に評価され受賞されたとすると、

凄くうれしいですね。日本は年齢、出身地、肩書きで評価しすぎです。

大学だって30歳の人が大勢いてもいいはずですし、40歳新人でも全然いいはずです。

芸術面は寛容ですね。大手は海外展開を押し進め開放的な企業になりつつありますが、中小はまだまだ閉鎖的ですね。

どうにかならんかな。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ