2015/11/28


模型。

未だに続けている趣味の一つですが、まだ小学生の頃フルスクラッチは所謂神の領域とさえ考えていました。

積みプラをしている現状で書くのもなんですが、フルスクラッチは「欲しい物がキット化されていない」から始まる衝動だと思います。

ある程度模型を作っていると普通に作るのことに飽き、塗装するのに飽き、工作するのに飽き・・・

という風に、順序が違えど飽きがくるものだと考えています。

そして辿り着くのがフルスクラッチなのかなと。

フルスクラッチはベラボーに時間がかかります。以前両腕を制作しようと試みましたが片腕で諦めました。

個人的フルスクラッチの難点は「完成しても実製品と比較するとデキが悪い」ところです。

これは自分の腕がまだまだ。。。ということでしょうが、積んでいる模型を消費していつの日にかでるであろうキットを待っていた方が良さそうです。

販売中のキットに飽きてしまい、3Dプリンタを導入した時点で、自分はフルスクラッチの道へ進むと思います。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ