2016/7/8

水曜ダウンタウン「年老いてる程時間が早く流れる説」  ふと思いついた事。

http://gahalog.2chblog.jp/archives/52377224.html


確かに、僕も逆じゃないのかな?とおもいました。

(実際の時間÷体感時間)=体感速度の速さ

つまり、大きい程体感速度が速い、一日が経つのが速い。

と考えられる一方で。。。。

もし12時間で「24時間」と思うのならば、自身の2日が1日になる。

ここで「消費」に言い換えると、

(1日の消費時間[24])÷(体感消費時間)=消費率

となります。この消費率が高い程「1日の充実さ」とも「1日の長さ」ともいえます。

ポイントは軸を「1日の本来の時間(24時間)」にするのか「体感時間」にするのか。

1日の24時間は不変で定義を変えられないので固定します。

つまり、視点を24時間に固定。

そうすると、体感時間が短い程1日が遅く、長い程速い。

ころが結論となります。

一番ご高齢だった80歳の男性、彼は30時間を越えていました。

1日24時間の視点からみると1.25倍速いわけです。

ざわちんとルー大柴が12時間でした。

またその視点からみると0.5倍遅いわけです。

来週の水曜日のダウンタウンでアナウンスされると思います。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ