2016/10/30

家庭内で受けた仕打ちの責任は全て被害者が被るという事実  ふと思いついた事。

幼少期から主に大学進学、自立までの話ですが。

幼少期毎日暴力を受け続け、結果脳に異常を起こしそのことが社会人になってから発覚。

その責任は結局は被害者である子供しか被ることになります。

一方、習い事をたくさんさせてもらった場合も、後に結果がでたら子供に恩恵が降り掛かります。

この場合親にも幸せだったり子供からのお小遣いだったりで恩恵がきますが。

幼少期の自分に対する家族のかかわり合いの責任が不幸にも子供に振りかざされる。

やっぱりいじめはもっと厳罰化するべきですね。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ