2013/4/29

コトブキヤ商品化アンケート  

やってきましたコトブキヤアンケート!

前回はいつだったかわすれましたが、私めが記入した「エヴァンゲリオン初号機」が見事キット化!!

これはうれしい限りですね!

ちなみにフィギュアでは「鳥谷敬」を記入しましたが残念!入社して企画立ち上げないといけないくらいの敷居の高さだと思われます!

肝心のURlは

http://enq-maker.com/967PqCh

となります。

今回私めが希望したフィギュアは。。

第一希望 阪神タイガース 鳥谷敬

第二希望 埼玉西部ライオンズ 栗山巧

第三希望 オリックス・バッファローズ 糸井嘉男

さてどれがフィギュア化されるでしょうか!?
0

2013/4/25

最近の阪神  

最近の阪神は調子がいいです。

今日は負けましたが、走攻守、目立つ粗がありません。

田上の走塁はちゃぶ台返しレベルのミスですが、それ以外はまぁまぁ。

やはり打順ですか。

マートンを1回で絶対回る打順、3番に添えるのが適当だと考えます。

1番 鳥谷
2番 西岡
3番 マートン
4番 新井良
5番 新井兄
6番 福留
7番 大和
8番 日高

本当は伊藤隼太を入れたい
0

2013/4/21

Yahoo!広告費  

http://advertising.yahoo.co.jp/ad/display/

yahooトップページの1週間分の広告費は1260万円。

高いです。間違って押してしまいそのページにジャンプすることはありますが、自分の意志で押した事はありません。

その「間違いクリック」が重要なのでしょうか。

CM一本放送するのに数百万かかるので、子供からお年寄りまで親しんでいるパソコンの方が制作費が安価な分お得でしょうか。

0

2013/4/20

春の寒雨  

はるうらら 寒雨ふりしき 夏がおとず   ー松尾芭蕉ー

うそです。

ここ京都では、昼から曇り空で夕方6時頃から雨空に移り変わりました。

そして気温が10度程。半袖半ズボンで日常生活を送っていた自分には大打撃です。

精神にも、です。

なにか寂しいです。外にはでにくく、布団にくるまってそこからでられず。

雨音が周囲の話し声、自分1人が机で顔伏せて寝ている状態です。

懐かしくもあります。なにか時の流れも感じます。

今回はなんかロマンチストの臭いブログとなりました。

0

2013/4/20

福留がサヨナラ満塁ホームラン!だが・・  

本日はサヨナラ満塁ホームランひゃっほーーーい。

阪神が勝つのはうれしいです。ミスがあっても忘れさせてくれます。

今まで批判しかしていませんでしたが、今回の件でもう全て忘れまーす!なんて単純な頭なんだ!

なんて単純な・・・頭、ではありません、残念ながら。

やはり、起用方法には疑問が残ります。

7回の新井に代走交代をしませんでした。

これが今の阪神、和田阪神の象徴ですが「勝負をしない」野球です。

一番、プロブラミングで作り易い采配でしょう。

確かに、目立つ事をしない、普通と思われる事をし続けるには相当な技量が必要で、それ自体が努力の結晶であったり才能であったりと経験上そうだと思います。

しかし、ギャンブル性がないとうか、もっと馬鹿になってもいいのではないでしょうか?

この時の馬鹿とは「他人の目を気にせず成功や失敗を考えずおもいっきりで行動する」という意味です。

5番福留は確かに、野球関係者並びに野球ファンからすると安定性があり活躍してくれると期待してしまいます。

ですが現状、凡打の山を築いている有様。

もう少し、掟破りといいますか、思い切ったことをして欲しい物です。

監督業は選手との関係もあるので同情しますが。

0

2013/4/17

阪神はもうだめ  阪神一言日記

首脳陣は本当に固い。嫌悪感がもはや確信です。

監督のインタビューでの発言「選手たちは調子がいい」はマスコミを軽くあしらったにすぎません。

甲子園での投手の好投からはじき出された発言でしょうが、こんな浮いてていいのかと疑問です。

打順を一辺倒と変えないのはおかしいです。「いつか打つ。選手たちを信じる」なんて馬鹿な事はしないでほしい。

今日は新井と福留の打順を変えましたが、それが余計不信感を増す原因となります。

恐らく杉内だから5番に右打者の新井を入れる。それだけでしょう。

鳥谷1番で機能していたのにすぐ3番、林が決勝ホームラン打ったのに代打要因にして即2軍へ。

伊藤隼太もです。年功序列でしょうか、打たない浅井を使うなら代わりに一軍へ。

福留が大不振に陥ってるのに、なぜスタメン固定?そういう契約内容なんでしょうね。

得点圏につよい理由で使ってるはずがありませんしね。あ、強いですね。現時点で打率.138で得点圏が.238ですから。さすがメジャーがえりですよ。

なぜメジャーから戦力外通告を受けたのか。その理由をじっくり考えてのこの年棒なのか。

しかし東京ドーム、例年に増して巨人攻撃時だけ空調がききすぎてませんか?
0

2013/4/11

(無題)  野球

寝られないのでミルク紅茶を飲みながら今時の野球についての個人観念を少し。

昔流行ったことかもしれませんし、前々から続いている伝統かも知れませんが、あくまでも自己中ということで断りをいれます。

前置きを長々と置きましたが、「一軍の育成枠」という枠が目立つ、という話です。

「まだ未熟で走攻守秀でているものがないが将来性があり才能を持ち無理にでも育てる意義がある選手」のことです。

東洋カープですと「堂林」ソフトバンクでいうと「柳田」巨人でいうと「大田」。

個人的にはこれには大賛成です。

応援してる側の意見ですが、一軍に名前があるだけでうれしいですし、代打出場でも盛り上がる場面にもなります。

球団側にも得があると考えます。

1軍2軍を行き来している選手からすると「なんだよその枠!やってらんねーよ!」と反発しプロ野球選手としてのやる気をなくす選手もいるでしょう。

しかし、経験はものを言う、という事自体は何にもで言えると、20歳そこそこの若者が断言します。

一人でもいいので、是非全球団にとって欲しい。できれば毎試合見れる野手がうれしい。

この文章を執筆してる途中は最後に「阪神、伊藤のことだよ!」と落とす予定でしたが、そういえば投手で歳内がいました。

桧山の代わりに伊藤を上げていただきたいですが、あの球団じゃ無理でしょう。

恐らく契約時に「我が球団に欠かせない戦力だ。ベンチにいるだけで相手の恐怖になる。頼む。」と頼み込んだはず。

いつもいつも野球ネタは阪神に対する愚痴で終わってしまいます。



0

2013/4/11

最近の話  心の叫び

最近は相変わらずプラモを少しずつ作り(RGのZガンダム作ってます。)、野球と本を嗜む生活をしています。もちろん学校にはいってます。

野球の面白みを感じる感覚かが代わり、阪神戦を見るより面白さを重視し試合を観戦しています。

阪神の結果は気になりますが、いかんせん腹が立つ事ばかりです。

これは昨年からBSアンテナを設置しニコニコ動画でも鑑賞でき選択肢が増えたことが主な原因ですね。

ニコニコ動画は低画質で強制退出されることが多いのでプレミアム会員になろうとか考えましたが、昼ご飯を我慢している昨今そんな贅沢していいのかと葛藤してる最中です。

オリックスの試合は面白いですね。采配が流動的で、見てても眠くなりません。

坂口が守備固めでセンターからレフトへ交代。

2010年から3年間、本当、阪神って球団は!と怒りを覚えます。

今の日ハムの戦力で球団が阪神なら最下位間違いなしですよ。

阪神が嫌いという訳ではありません。恐らく一番情報種集して応援している球団だからです。

つい野球の話になってしまいました。
0

2013/4/9

不眠症対策  

先日病院にいき

「せんせい、眠たいけどねむれません、睡眠時間帯が不規則です。どうしたらいいですか?」

ときくと

「眠くなるまでおきとけ。3日我慢じゃ」

「はぁ。。」

そして実行する事一週間。どんどん時間がづれ

完全に昼夜逆転しもうたやんけえええええええええええええええええええええええええええ

うわあああああああああああああああああああああああ

ばかやろおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

睡眠薬を貰いにいきます。
0

2013/4/4

阪神を考える  

ここ数年の阪神は中途半端です。

黄金期でもありませんし育成に力を注いでおりません。

今年そう思った出来事は伊藤隼人の2軍降格。巨人のような常勝軍団ならば競争率も高く現状で優勝できる戦力なので納得できますが、鳥谷はこの時期いつものことですが、福留、コンラッドの新戦力が良い数字を出せておらず、西岡、大和、マートンの3人が好調。それ以外はいつスタメン落ちしてもおかしくないという状況化に置かれています。では代わりに。。。関本、俊介などここ数試合悪さが目立つ面々で期待ができない戦力です。広島の堂林、中日の野本(成功例ではありませんが)みたく我慢して1年間1軍で使い続けることが必要です。それが伊藤、大和、上本の3人です。大和は絶賛スタメン、上本は離脱中、伊藤は2軍。上本はもっと早く使うべきだと思ってました。西岡が打ってもあまりうれしくありません。折角の、阪神では稀の生え抜きで走攻守が一定レベル以上の選手である上本の起用に弊害をもたらすからです。阪神、優勝して欲しいですが、今日の試合を見ていると無理だな、最下位候補だな、と悲観的になります。
1番鳥谷、2番西岡。これを見たいです。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ