2013/10/7

歌を自作  

前回の夢の記事、まだ10時間少々しか経っておりませんが、すごく気持ち悪いです。

自分は勢いで生きるべきではない人間だとわかりました。


歌を自作するとださい!

という風潮。バンドサークルでギリセーフ。趣味だといじめの対象になります。

歌は自分の素直な気持ちを作詞する場合が多いと思います(特にバンドサークル未満ならば)。

それを嫌う、違和感があるということは、素直な気持ちを受けつけれない、ということでしょうか?

学校の読書感想文等、文章のみの場合あまり嫌悪感がありません。

ということは、メロディが問題?

作詞作曲、100%自分から作製したことに嫌悪感を抱くんでしょうか?

よくわからなくなったのでここで終わります。
0

2013/10/7

見た夢を思い出す事は好きです。  その日みた夢

本日見た夢の話です。

あまりにも幸せな夢でしたので書き残します。

僕の職業は不明。ただ、とある撮影現場に顔をだしていました。

能年さんがお忍びで京都に来る事になりました。

とある撮影現場、恐らく東京ですが、その時に僕が京都出身だとスタッフに言い、それが能年さんに伝わったそうです。

そして、能年さんとマネージャーが僕の家に泊まる事になりました。

恥ずかしがり屋の僕と人見知りの(たぶん)能年さんなので接触はあまりなく、親と話してばかり。

寝る前の歯磨きをしにいこうと洗面台へ向かうと、そこには能年さんの姿が。

そこで少し会話がありましたが、内容はもう忘れました。

能年さん「歯から血が出てる。」みたいなことを言っていたと思います。

能年さんがどいてくれて、僕が歯磨きをしている時、後ろで能年さんが鏡越しに僕を見ていました。

僕が「ん!?」と反応すると、能年さんは「うふふ。」とにっこり笑ってその場からは離れていきました。



そして起床。午前6時。

正夢であってくれ!!頼む!

せめて、続きを見せてくれ!!

と思い、二度寝。

再び見る事はできませんでした、その後どうなったのか。よくわかりません。

僕は夢の内容をすぐ忘れてしまいます。

しかし、僕の人生の中で一番幸せを感じるのは、この夢を見ているときです。

その内容を忘れるなんて勿体ないので、こうやって書き記そうと思いました。

今日の夢は本当に幸せでした。一日、頑張れそうです!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ