2015/5/13

オンライン対戦で最近気づいた事  ゲーム

僕はPS系のオンライン対戦をよくしていました。

近頃は「中毒性」を恐れあまり手をつけず、感情に任せず時間で区切るようにしています。

浪費も問題ですが、精神的負担も見逃せません。

協力型では「なにやってんだよ!」と思ったり思われたり。

対戦型では萎縮してしまい楽しめなかったり、暴言メールが来たり。

オンラインゲームは現実でいうと、どこで遊んでいる状態んなんでしょうか。

そりゃ自分の部屋ですが、精神的に、心はどこにいるのか?そんなことを考えました。

やっぱりオンラインだから。。。不特定多数の見知らぬ人が集まるところ、、公園?

違う。近所?違う。

結局は「自分の部屋」なんです。なので

「こっちが時間を使ってわざわざ招いてやっている」精神状態なわけです。

しかも見知らぬ人を招き入れています。

なので、少しでも失礼なことをされると腹が立ちますし、逆に失礼がないよう振る舞ってしまう。

自分ルールを押し付けてしまうわけです。常識(自分限定)ではこういうルールなんだ!!!という風に。

なので。僕は対戦型、特に1対1のゲームは知り合いとではない限り、極力しないようにしています。

買っても負けても、なにも楽しく有りません。結果ではなく過程でもです。

恐らく自分だけの感性なのでしょう。しかし、このことがわかりオンラインゲームとは良い距離をとれたでしょう。


多人数型オンライン対戦は比較的、楽にできます。人数が多い分、気をつかわなくてもよく「参加している」ように思えるからだと思います。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ