2015/6/4

ゲームは中毒化しないとハマれないのか。  ゲーム

まず、「はまる」の個人的な見解について。

「はまる」とは・・・
物事を学ぶ、遊ぶ過程で自身が好む箇所を多数みつけ、次第にのめり込み好奇心のまま行い続けること。
夢中になりそのことだけしか考えられない状況になる。

「中毒」とは・・・
一度興奮、気持ち良さ等の自身の欲求を満たしたことにより、その経験をまたしたいという欲求から続けて行動する事。
辛い、無駄等の自身のためにならないとわかりつつも行動に移してしまう。



「はまる」は健全。「中毒」は不健全。のように書きましたが、どちらともそうとうは限りまえん。

「はまる」は罪悪感がないことが多く、周りに迷惑をかけても実感を感じづらくなります。

「中毒」でも、いつの日か芽がで、収入源になる可能性があります。

はまる≠中毒なのは間違いない。

ここで本題。ゲームによる「中毒⇒はまる」について。

基本、ゲームのプレイし初めは「はまり」ます。

もしハマらなかったら、その人にとって「クソゲー」です。

クソゲーからハマる、中毒化は別の話。また次の機会に書き記そうの思います。

ゲームにはまる。しかし、そのハマりは大抵「浅い」。

1週間もったら素晴らしい、大抵3日程じゃないでしょうか。

1日目だけ、1時間だけ!という場合も。

なぜ浅いのか。それは「慣れる」からです。

そんなこともないのに、そのゲームの「システム、ストーリー、奥深さ」を経験から感じ取り好奇心を満たすことが難しくなります。

そこでもう「ハマり」は終了。クリアまでは「義務感」と想像を超える「満足感」が得られるという妄想でプレイし続けます。

そして、挫折(ゲームをクリアせずに投げ出すことを「挫折」なんて大げさですよね。「挫折」なんて使うから、楽しくもないのにクリアまで浪費してしまう。挫折を簡単に使うべきではありません。単に「制作スタッフが自分を満たしてくれなかった無能たちだっただけ。」と上から目線が大切。実際にこっちは消費者なので偉そうですが正しさは上。相手が与えてくれたものをクリアできないだけで「挫折」だなんて馬鹿らしい。そんなプライドすぐ捨てるべきです。)


挫折について長くなりました。。。。

挫折ではなく、投げ出さないためには、ハマるか中毒化しかないと考えています。

クリアまでハマり続ける。。。これは理想ですが、僕自身そんなゲームは多く有りません。

それに最近は、、、あまりしていませんが、、、、そんなゲームに出会う事が少ない。

そんな僕がクリアするためには「中毒化」が必要なんです。

そして、その中毒化に「ハマるんです」。

お腹が減った、もう外出する時間だ!だけど。。。。やりたくないけどしてしまう。。。。そのことにはまってしまいます。

はまる。。。。落とし穴にはまる、罠にはまる。このような表現と同等でしょうか。

そろそろ、このハマると中毒の違いを自身で見極め、中毒化した瞬間ゲームを売る(逃げるため)必要が有る。

クリアしてないのにゲーマーじゃねーじゃん!!

まず、ゲームが好きってだけで安易に「ゲーマー」と決めつける脳思考停止人間の話なんか鵜呑みにする必要がない。

そんな奴のゲーマーの定義に踊らされる必要も全くなし。

やはり、自分で基準を決め、それにのっとるの一番。外野なんて無視。

適当に「そう思います」といって場を濁し嘲笑ったらいいんです。

僕の人間性に問題があることを再認識しました。こうしないと生きていけない。

0

2015/6/4

ゲームと僕、距離感つかめない  ゲーム

攻略法だとか、〜率100%とか、完璧に近づこうとする行為をゲームでするのは間違いではないかと思い始めました。

時間の浪費がすごい。ゲーム離れ、本当のゲーム離れかもしれません。

圧倒的なボリューム!
 →クリアするのがだるそう。敬遠。
豊富な技の種類!
 →覚えるのが大変。敬遠
濃厚なストーリー!
 →、本、映画と比べると時間を束縛されかつ面白い率が低い。敬遠。
オンライン協力、対戦で白熱せよ!
 →いや、ゲームで人に気を使うなんてしたくない。敬遠。


もう、スポーツゲームかメタルギアしかできない体になってきたような。。。。。。
0

2015/6/4

オリックス逆転の狼煙を上げるには  野球

糸井にこだわりすぎ。

糸井を下位打線にするか、2軍に落とさなくてはいけない。

活躍するか未知数の選手をどんどん使うべき。

もう、そうしないと3位消滅も目の前。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ