2015/6/12

いじめは知的生命体の弱点  

やふーちゃっとばんざーい!の父親の証言。

「中学時代のいじめとインターネットで変わった。」

恐らく、真実でしょう。いじめ。1人の人生を粉々にするのにも関わらず、加害者に罪を償わすことは少ない。

しかも簡単なんですよね、特に学校では。生徒はそこの学校が世界、と思う人が大多数。

なので、数人で否定するだけで「世界の終わり」を味合わせる事ができる。

「自分の好きな人だけと会話すればいい」「嫌いな人はほっとけ」が通用しない世界。

そのための教師ですが、残念ながら機能はあまりしてません。

ひとりでも、いじめ体質の人がいれば崩壊します。

そんな事考えると、やはり、子供とのコミュニケーションがなくなるほど仕事をするのは大間違いです。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ