2015/7/1

ゲームのやり込み要素は全く魅力がない  ゲーム

ゲームのやり込み要素はクソ。

個人的には、そう断言しています。
「ユニーク衣装!」「ユニーク装備!」

所詮データじゃん、と非常に冷静になります。データでアホみたいに楽しんでいたのに。

大学生以降は自由度が増し、データ取得するくらいなら他の楽しみをするようになったからでもあります。

ゲームの購入層、とりわけPS4等の高価格及びディスプレイが別に必要な家庭用は大人達です。

そんな大人達(もちろん男女です)に対し、売り文句が「やりこみ!」とは想像不足も甚だしい。

ゲームの質が各段に上がり、制作費も上がりできるだけ簡単に作り、また値崩れしないためにも長時間プレイしてもらう必要性がある。

ストーリーの大幅増加、脚本家の腕次第で評価が変わり博打度が上がります。
本筋は短く、サブストーリーを充実!は魅力に思えるキャラクターがいなければ無駄です。
まず、魅力あるキャラクターを作ろうと必死にしますが、もう似たり寄ったりでプレイヤーの人生スキル、経験が積まれていくとどんどん困難になります。


ここからが本題。

自分が満足できる要素、それはあらゆるルールを勝手に決められ、オンライン場で共有できるゲームです。

例えばリトルビックプラネット。僕はロード時間が長過ぎるのと検索機能が終わっていたので持ちませんでした、あのような自由度がどのゲームにも欲しいところ。

例えば三国無双では、合戦名から兵士の数、攻撃頻度、設置ができ、武将も選べ、イベントも、制限はありますが、既存の台詞を使い回し勝手に作れるようにできたら、すごい長い間楽しめるはずです。

そうすると、ユーザーのほうが面白いステージを作成し、自作が売れない!といったことが起こりかねませんが。。。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ