2015/11/8

自慢を圧倒的な形でする方法  ふと思いついた事。

自慢を圧倒的?

「相手に純粋にすごいね!と言わせる」ということです。

気持ちいいですよね。自慢をして相手に「何だこいつ?自慢かよ。」と思わす事なく純粋にすごい!と言わせる事は。

それには圧倒的な「差」も必要です。

それはその分野における相手との力の差です。

野球未経験者に「俺ってプロ野球選手なんだぜ。」というと「すげー!!」となんの迷いもなく尊敬するはず。

これがプロを目指し社会人で今もなお努力し続ける人に言うと「すげえな・・」と言ってくれると思いますが同時に嫉妬も生まれます。

野球未経験者の場合、「俺の知り合いがプロ野球選手!」が受け入れられるかどうかの瀬戸際ではないでしょうか。
(で?お前がすごんいんじゃねえじゃん。と思われたら終わり)

ただこれは、全く興味がない人に対しても自慢の効果薄いですよね。

ある程度知識があり、そして自分が圧倒的に力をもっていると確信できる相手。

そんな人、人生に1度現れるかどうか。

そう考えると、経営コンサルタントの億万長者、プロ選手がもしモチベーションに「自慢」を掲げていても、妙に納得してしまう。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ