2017/8/20

8/20 雑記  日々雑記

◆FF15の多角的展開

クリアした流れでアニメを見ました。

このアニメがまた塩梅でよりFF15にのめり込む要素がおおい。

ゲーム本編で多くを語られていないのでいくらでもキャラの深堀ができる。

しかも面白くよりのめり込むように追加できるのでどんどんはまっていきます。

この現象が怖いので前日譚の映画は見ない事にしました。

これをみたらさらに引き込まれそうで怖い。


◆ガンダムバーサスの現在感想


FF15が疲れた時、ゲームプレイのサブとして利用した際にはなかなか良い刺激になります。

しかし夢中になるとすぐ粗が目立ちストレスが溜るのが問題。

やればやるほど新システムが足を引っ張っていることがわかり、オンライン対戦が主なはずなのに通信周りが弱い。

時間の無駄に感じるので永久に仕舞おうか検討中。


0

2017/8/20

ファイナルファンタジー15  ゲーム

1次感想→発売してすぐに購入、他プレイヤーと共有せずにクリアしたプレイヤー

2次感想→クリアする前に1次感想を見てしまったプレイヤー

3次感想→1、2次感想を知った上でのプレイヤーの感想

4次感想→世間で物語概要が出回りプレイしなかった人達の感想が出回った上でのプレイしたプレイヤーの感想


今回は4次感想としてプレイしました。

酷評が目立ちますが個人的にはそんなことなく楽しめました。

「FFらしさ」が全くわからないので数々のレビューをみるとそのお陰で楽しめたんだなと憶測。

物語は最後まで惹き付けられましたが、勿体ないなと思うところも。

帝国側の人物達が見た目だけというかこんな外見で惹き付けられるキャラをぞんざいに扱わんでもと同情に近い感情が浮かびました。

クリア時間は16時間。

RPGにしては短めでした濃厚だったので満足度は高いです。

◆皮膚表現がすごい


映像の細かさは特記すべき点で人間の肌のそばかすだったりシミだったりをイケメン&美女にも付着させている点が好印象。

シミ&そばかすを消すのに高い化粧品に出費し時間を費やしている女性達とそんな女性達に「顔汚い」と言われる男性達に救いの手が伸ばされました。

どんなに暴れまくっても乱れないまとまった髪の毛の不自然さを陵駕する自然な皮膚映像でした。


◆皮膚だけではなく建物も

建物もサビだったり汚れだったり傷だったり。

このまま3Dプリントして売って欲しいほど。

写真は500枚以上は撮りました。

アートブックが欲しいんですがまだ発売していなようです。


派手な演出も心に響く物がありクリア後もYOUTUBEで検索して見たり。


◆とにかく映像作品だった

映像のことばかりですが、そこにどうしても注視してしまうほどの魅力があります。

アクションRPGといより映像を楽しむためのゲームでした。

物語よりも映像を楽しむゲームでした。

カスタマイズよりも映像を楽しむゲームでした。


というか、カスタマイズは趣味レベル、好きな人はどうぞレベルです。

カスタマイズ要素はゲーム内でも自分色に染められるので好きな部分ですが「必要性」がないとやる気がでません。

FF15はカスタマイズをかなり手を抜いても、やらなくてもクリアできます。

車だったり衣装だったり、不必要な部分に「必要性」を感じる程はまらなかったということだと思います。

防具は初期で最後まで行くのが当たりまえのレベルですし武器もボス戦はイベント要素込みなので強さに拘らなくても大丈夫。

とりあえずクリアしたい、という僕含めた人達にかなり寄せた作りとなっています。
0

2017/8/17

8/17 雑記  ふと思いついた事。

◆児童虐待、過去最悪

https://newspicks.com/news/2437322?ref=index&block=eyecatch



「1人では生きて行けない」劣等感を常に持っていることをだしにし虐待をこれまた言い換え「躾」として一方的に攻撃する。

子供本人も知識経験が浅いため「仕方が無い」と耐えることを選ぶ。

もしも助けを求めたら家族が捕まり児童保護施設にいくことを心の底から恐れている。

自分は「迷惑な存在」だと今後人生で揺るぎない価値観を獲得します。

成長して過去の経験を払拭したいためアドバイスを求めると

「じゃあ虐待された人間は皆偏屈になるんか?違うやろ?」

「環境は関係ないよ。自分次第」

と当人を見ず統計の結果からみた世間を優先し「お前がおかしい、弱いだけ」と言い放つ。

これは「お前は選択する事ができる強い人間なのにな」と能力があることを認めているつもりでしょう。

しかしこれは「2次被害」と断言できます。

虐待をされそれに影響されてしまった自分はダメなんだ、と被害者である自分がこうなったのは自分のせいだと加害者になってしまう。

虐待をした家族ではなく自分が悪いんだ。だからこの劣等感は自分でなんとかしないといけないんだ。

「自分をとにかく責め続ける」思考が定着し「奴隷根性」が完全に自分のものとなります。

僕が使う「奴隷」には「自分に非が無いのに自己責任だ、そこに甘んじた選択をした自分が悪いんだ」と結論づけることです。

家族は自分のミスを「子供のミス」と責任転嫁し子供自身も納得し奴隷と化す。

「奴隷」と使うと「言い過ぎ」だと思われそうですが、古代ギリシャからアジア新興国等現在等までの奴隷の思考や行動様式について本を読んた結果共通するんです。

「こうすれば、きっと幸せに感じて働き続けるだろう」と他人に定義された時点で奴隷に足を踏み入れています。

もし「虐待をした家族が悪いね」と言われても「違うんです、あのとき言う事を聞かなかった僕が悪いんです」と庇うんですね。

「むち打って無理矢理働かせられたんですね」に対してと同じ答え。


◆ジョジョの映画を見た人達の感想


「期待せずにみたけど以外と面白かった」

「原作好きな人のほうが楽しめるとおもう」

こういった感想を広げた時点でその人達より確実に楽しめないことがわからないのでしょうか。

映画は第一波で、一般客の感想が耳に入った時点で「初見の感動」が消失します。

Twitterの弊害ともいえます。



0

2017/8/16

8/16 雑記  日々雑記

◆言い換え=自分の感情を押し出す

物事、出来事に対して用いられる言葉は一つだけではないですよね。

「いじめ」を

・教育
・闘魂注入
・将来のための我慢

なんて世間が「それなら仕方ない」と思わせるように言い換えが簡単にできます。

「正当化」ということです。

ならば何を優先させるのかというと非常に難しい。

「不利益」に注目すべきではないかと現時点では考えています。

「不条理な攻撃」をされて「幸せ」のか「辛い」のか、本人の感情・思いを優先させます。

現実、この時に「いじめ」なのか「教育」なのか判断すべきですが「やってる側」の方がその決定権が強い。

特に上司部下とか先輩後輩との上下関係・権力関係に従順してしまう。

だがその上で、「やられている側」の意見を尊重し本人も強い意志を持たなければならない重要性。


ある本を読んで「なるほど」と理解した「言い換え問題」。

精神的に追い込まれた勉強法を強いたげられ「お前は根性が無いな」と言われた過去。

「嫌」と感じた僕自身の感情を優先させ

「僕は根性がない」→「合わない勉強法を無理矢理押し付けられている被害を受けていた」

と変換することができます。

「嫌々だけど自分のため」は「被害者でありつづけよう」という奴隷宣言なのでした。

パワーワード。




◆大人になってもゲームをし続ける人達の偉さ


一般的には「子供じみている」と言われます。

しかし「時間を疎かにしてしまう」可能性が高いゲームを、大人になってもできるということはしっかり時間管理をして趣味に講じることができる一つの優秀な能力とも言えます。

言い換えです。

実際自制心を保ってゲームをするのって大変です。

特にオンラインゲームは「区切り」を自分で制定しなければなりませんし。

そこを見つける能力というのは生きて行く中で大事だと思うんですが。
0

2017/8/13

8/12 雑記  日々雑記

◆金の流れ

金の話題=汚い、金の亡者

この思考パターンは金を支配する側に植え付けられたものですよ。

どこまでいっても金の流れは世界の流れで重要なんですよ。

最近「どこまでいっても〜」と使うとあたかも真理をついているような感じがして使いまくってます。

便利すぎるので禁止。


◆ターンテーブル

フィギュアのターンテーブルは結構楽しいです。

ラジオ聞きながらぼーっとみるの最高です。

この場合の最高は時間の浪費と感じてない点をナイスと判断したということです。
0

2017/8/11

8/11 雑記  日々雑記

◆魔が差した

魔が差したっていう言い訳は自分を追い込むので言わない方が良いと思うんですけどね。

「あああるある」「それなら仕方ない」で済む人は少数派ですよ。

やっぱり「なに受動的立場やねん」と反撃したくなりますよ。

経済力もあり人脈もあり社会的地位もあるのに「魔が差した」は命に直接関わる環境下でしか通じない。

「魔が差した」が弁明になるにはどこまでも謙遜表現で使う必要性。

宮迫さんの「魔が差した」=「やりたくてやった」ですよねどこまでも。


◆限界まで疲れたら

あーもう瞬きも面倒っていうときはなんも面白くないテレビ番組も面白く感じますね。

この面白さは充実感です。

人間は程よい刺激を常に求めているらしいです。

例えば無音で真っ暗では眠れないけど、静かな音楽や蛍光灯を少し点けると寝易くなるという人がいるのはそういうことです。

疲れてるときは普段なんにも面白く感じないものが丁度いい刺激になります。

子供の時なんも面白くない番組を面白く感じたのは疲れ果てていたからかもしれません。

しかし大人になった今、無駄なことで満足しているんですよね、危険ですよね。

0

2017/8/11

この世界の片隅に 感想  映画(見たもの、見たいもの)

傑作だと散々言われていた中、いままで見ずにいた作品。

映画の感想というにも1次、2次とありN次が多くなる程自分固有の感想が薄れてしまう。

なぜかというと、感想が増えるに連れ「自分固有のナイスな感想」を言いたい人が増えるので。


そんな感想ですが、パソコン画面でみましたが最後まで集中して見る事ができました。

結末というか、時系列は分かった上での鑑賞です。歴史を知っている人なら誰でもそうなります。

戦争ってやっちゃだめだよーという薄い戦争感にびっしりと情報量を加え重くする作用があります。

「なんとなく生きていたら結構重要な決断をいつのまにかしてしまった」というのは多くの人にあるんじゃないでしょうか。

僕にはよくあります。その時の「ひょっとしたら大きな決断しちゃってたのか?これでよかったのか?」という後悔するべきか迷ってる感情とその人自身の雰囲気が迸っている。

人間なんですよ。僕世代の祖父母がすずさんと同世代なんですよ。

当たりまえのことがあたかも非常に大切だって大げさにみえて実感します。

特に感動したのは2点です。この2点は大きなネタバレです。

・家に侵入した火を勢いで消した場面

・他人に間違えられるなか「すずさん」となじみの声が聞こえてきた場面

言葉とか思考とかの前に人間の本能が機能したんだとしてしまったんだとわかる場面。

やっぱり映画の衝撃というのは旬があります。

上映開始したばかり、そして旬が過ぎ去って沈殿しきったとき。

今回はまだまだ泳いでいるときに見ました。
0

2017/8/10

8/10 雑記  日々雑記

◆オランダと日本と

(引用 https://newspicks.com/news/2407235?ref=index&block=series コメント欄)

<引用はじめ>

いい機会なんで、蘭日双方の「教育と労働」に関するOECDデータを引っ張ってみました。

【教育予算額の対GDP比率】蘭5.2% 日3.5%
【高等教育予算額の対GDP比率】蘭1.6% 日0.8%
【国公立大学の初年度納付額】蘭1851米ドル 日7713米ドル
【大学生の公私比率】蘭<公立88 私立12> 日<公立25 私立75>
【公的支出全体における奨学金予算割合】蘭10.7% 日0.6%
【貧困率】蘭8.4% 日16.1%
【初年度有給休暇付与日数】蘭21days 日10days 仏36days (参考) 
【男性の1日あたり賃金労働時間】蘭5.900h 日7.858h 仏3.890h (参考)
【女性の1日あたり賃金労働時間】蘭3.425h 日3.440h 仏2.875 hours (参考)
【男性を1.00とした場合の女性の家事労働時間割合】蘭1.91 日4.84
【男性を1.00とした場合の女性の年収】蘭0.88 日0.55
【下院における女性議員割合】蘭38.7% 日7.9%
【失業率】蘭6.0% 日3.1%
【公的支出全体における失業給付予算割合】蘭1.617% 日0.223%
【全国民の1日あたり睡眠時間】蘭8.450h 日7.733h
【1人あたりGDP】蘭51049ドル 日41275ドル
【1労働時間あたりGDP】蘭65.10ドル 日39.90ドル

何が言いたいかというと簡単で、オランダと日本は、なにからなにまで「住む世界が違う」ということです。ブレグマンさんは、そういう事情を分かった上で、なるべく母国オランダを貶し、日本を持ち上げる形で、つまり、あえて両国が「同じようなレベルの国」とした上でインタビューに応じている。ボクらは、そのあたりを差し引いた上で記事を読むべきじゃないでしょうか。いずれにせよ、次回、最終回の結論に期待しています。


<引用終わり>

日本は低賃金、長時間労働根性で今でも成り立ってるところから前進しないと。

医療に個人が金銭負担、食事等考慮すれば1時間当たりの賃金はその人の命の重みとも直結します。



◆アインシュタインが息子に綴った手紙


(https://www.lifehacker.jp/2017/08/170809_einsteins-advice-to-his-son-on-learning.html)

これを読んで、やっぱり塾は害悪だとますます嫌悪感が涌いてきましたよ。

学校も縛りますが社会的地位を得られますし許容範囲は意外に広いんですよ。

しかし塾は学校より強い縛りを強いるんですよね。

勉強に特化させて。縛り大好きなのが塾ですよ。夏期講習とかふざけてます。

塾は情報を得にいくのには有能なんですよ。ただ勉強するところじゃないんですよ。


◆青木には日本に帰ってきて欲しい


メジャーは青木を過小評価している。年齢もあるのでしょう。

トレードの捨て駒として今後も使われそうなので、日本で再プレーしてほしい。


◆ガンダムビルトファイターズトライの海にいくやつをみて


主人公に気がある女性と鈍感な主人公、個人的に極値のうる星やつら以外は苛ついてしまう。

ケチな僕が視野を広げられる、amazonプライム最高です。


◆ガンダムのBlu-rayボックスが安い


amazonで2万円のが九月発売。

「所有する」という価値が下がってきてますもんね。

ガンダム〜宇宙世紀コンプリートで2万円がでる未来が見えるほどです。


◆クロスアンジュが思いのほか面白い


絶対面白くない苦痛アニメだとスパロボプレイしながら色眼鏡シャキンでした。

ヴァルブレイブを喰らったからかダメージはそれほど。

女性同士のあれなシーンが目立ちますが、キリスト教牧師の男児性暴力事件を知ってから「現実にでもあるよね」と寛容に。

というか、ここが結構面白く。お色気とみせかけて史実を取り入れているなと分かる部分が多く。

えぐいシーンも多過ぎですね。ご飯食べながら見てて気分悪くなりましたよ。


この世界の片隅にがまさかの配信

https://gyao.yahoo.co.jp/special/konosekai/#k_campaign

yahooプレミアム会員限定ですが。

まさかです。
0

2017/8/9

8/9 雑記まとめ  日々雑記

◆今回のドラクエは何より戦闘が面白かった

物語より戦闘の方が「面白み」の不確定要素が少なく技術でカバーできる範囲が広い。

それもあって今回の戦闘は大変面白かった。物語もよかったのでなおよし。

職業システムが無い分キャラ個性がでているんですよね。戦略性もあがる。

職業選択式だと結果似たり寄ったりになるんですよね。


◆ドラクエ11の馬最高難度クリアできない

もうあきらめます。諦めたくない!ことを諦める能力も必要です。

◆ペルソナ5のプレイ動画アップロードが解禁されていた

youtubeをみるとたくさんみられる。

プレイしたゲームを「なつかしー」と思い出し名がらみる楽しみ。



◆PS4でメタルギア以上のゲームはできないのか?


ストーリー特にオチは残念極まりないですが、操作性は僕至上最高でした。

これ以上のゲームは今のところ無し。いつ発売するかわからないデスストしかないのか。



(上の動画)プレイヤー達を脅かしたスカルズを手玉にとるその様が面白い。


◆「環境がいい」の弊害

環境がいいとそこから抜け出したくなくなる。

Googleのオフィスや慶応大学(等の綺麗な大学)のキャンパスは見た目さながら「寝転んでいても誰も注意しない」最高の環境。

しかしそんなところは本当に稀であり、所属がそこから移動すると大体下回る。

それがストレスになりまた出て行きたくない強い理由となり考えが凝り固まり内向き思考になる

どうしてもそこから離れないといけなるとどうしようもない憂鬱な気分が覆い被さり自殺願望まで至る場合も。

これは当たりまえであり誰しも起こることでしょう。

なので自分に最適化された居心地が良い環境は避けるべきではなかろうか。

少し「嫌だな」「窮屈だな」という環境の方がアクティブになるきっかけを作ってくれる。

「永遠はありえない」「いつか終わる」ことがこの世界、全生命のルールにて優先されるので、「自分に最適な環境」は「その場の永遠を欲してしまう」というルールに矛盾する感情を生み出す危険性。

これは「ガソリン補給しなくていい永久機関装備の車が欲しい」と同等の意味を持つんですよね。

0

2017/8/8

ドラクエ11 クリア後感想  ゲーム

僕の中では神ゲーです。

もしかすると今までで一番楽しめたドラクエかも。
(ドラクエする毎思う事でもある)

魔法使いが非常に役立つドラクエは新鮮でした。

空気遠近法で風景は飽きる事無く、スライムナイトの移動や寝ているキラーパンサー等モンスターの色も濃く描かれている点も良し。

難易度は歴代最も易しいと思いきや、終盤はいっきに難しくなります。

ただレベル上げが工夫次第で簡単にできる点がまた面白く、コツを掴むと簡単にできるので、結局は簡単な部類に属します。

僕からするとドラクエ8以来のナンバリングタイトルだった点も大きい。

10年ぶりのドラクエ。よかったです。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ