2018/2/22

ワンフェス〜フィギュアについて  ふと思いついた事。

近いうちに大きなステップを踏むと確信しました。

3dプリンタの普及です。

フィギュア業界側ではもう当たりまえになっている。

金型を作らなくてもいい。


そして一般ディーラーでも、複製は3dプリンタで行っているところも。

というか、最早それは「原型」といってもいい。

原型を原型のまま複製できる。レジンよりも再現度が高く、手間も省ける。



満足できるレベルは50万円から。

満足とは、積層面が目立たないもの。

積層では気泡もない。表面処理が格段に楽になる。



このレベルが10万円まで下がったら、必ず一気に普及する。


そしてデータ販売も普及する。

色再現度が高い3dプリンタもでてきた。


しかし、多色3dプリンタはより高価なものに。

紙媒体のプリンタでもそうだから、そしてインク代が高いから。

恐らく下がっても20万円ほどで、ランニングコストは年10万は見込む必要性。



業務用の多色成形3dプリンタが普及し、手作業の労働者達は職を失う。

フィギュア業界も職を失っていく時代。
0

2018/2/22

ヘルシェイク矢野  ふと思いついた事。

アニメ製作よりも遥かに楽なはずだが、見た目の印象でアニメを超えた時間でした。

見た目の印象とは、人間が頑張って動いていることが認識できる、ということ。



コンピュータの作業速度が遅くなるが、コンピュータが作業している様子をリアルタイムで画面表示できるようにしたとろこ、ソフトの売り上げが上がった、と通じている。


アニメ制作も現場は様々な媒体で見たことがあるものの、大変さだったりは時間がかかる作業なので直感では入ってこない。



ネットの例えばyoutubeの生放送でアニメ制作現場を1クール分放送し、出来上がりを地上波で、というのを見たい。




0

2018/2/22

ワンフェス〜食事について  ふと思いついた事。

食いまくりましたね。

ポテチ偏食が治り健全な食事をとりはじめ。

空腹の時間の長さ∝楽しさです。

短いほど楽しい。



何が以前と変わったかというと、1年前までは空腹=悪、自分が悪いんだという考えに支配されていたということ。

空腹は我慢が基本でしたが、それが沈殿下され「なぜかむかつきが生じる状態」に陥る。


空腹に敏感になることで、食事を摂取しむかつきを回避することができた。

食は人間の基本ですね。食の摂取でその過ごした時間のクオリティが上がります。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ