2018/3/31

勇気ある行動とは周囲の存在ありきの概念なのではないか。  ふと思いついた事。



「勇気」ってなんですか。

根性と共有しているところもありますよね、無理を押し通すところとか。




僕の場合は、タイトル通り、周りに責められても馬鹿みたいに自分の考えついた初期段階を維持して行動すること。

また失敗をしたときのリスクを覚悟の上での行動。

僕の場合のリスクは名声、周りからの評価が一番に思いつき、またこれが最たる理由だと思います。

なぜ思いますと曖昧表現なのかというと、もっと核心を突く理由があるのではと疑っているからです。



僕は孤独に対してダメージは少なく連絡帳は少ない方が良いです。

僕よりも孤独がもっと好きな人は居ますが、大抵は僕のことを異常者だと見なします。

なぜ人よりも耐性があるかというと「他人の目がない」というメリットが非常に大きいからです。

これにより「行動」の敷居が下がる、つまり勇気を発動させなくてもいい行動が増えるということです。


多くの人がそうですが例えば「オナラ」は人前にするのは勇気がいりますよね。
(人前でも勇気が必要ないのはどうかと思う例でもあります)

映画をみて「すげえ、おもしれー」と声で出しながらみるとか、寝転ぶとか。

人前で寝転べますか?僕は怖くて寝転べません。




女性が苦手なのですが、それは男性よりも「勇気」を必要とする行動が増えるからだとも言えます。

僕は現在、未だ小学生の時に培った女性に対する偏見が抜けません。

それは少しでも気に食わないことがあると仲間内で報告し合い本人に「きもいー」と言うことです。

つまり他人のマイナス点を共有することを楽しみにしそれがコミュニケーションとして成立している。

かなりステレオタイプな見方だとは思いますが、これが怖過ぎて素を見せるというのが無理です。

できる限りキャラを作りマイナス点が露呈しないように気遣っています



これからはあえて勇気が必要とする行動をとって行こうと思います。

恐らくこれで気づくのは勇気の有無で行動自体の意味合いが変わらないということを実感するのではないかと。


つまり、勇気は「自分の中」だけであり行動に対する周囲の反応・価値というのには無関係。

人前でスピーチをしたときのギャップからの想起です。

全く緊張していないのに持ち前の吃音症で吃りまくった結果「緊張し過ぎ」といわれ「でも人前でスピーチするときは勇気いるよね」とフォローされた経験から。



0

2018/3/31

のことなのかも  ふと思いついた事。



「勇気」ってなんですか。

根性と共有しているところもありますよね、無理を押し通すところとか。




僕の場合は、タイトル通り、周りに責められても馬鹿みたいに自分の考えついた初期段階を維持して行動すること。

また失敗をしたときのリスクを覚悟の上での行動。

僕の場合のリスクは名声、周りからの評価が一番に思いつき、またこれが最たる理由だと思います。

なぜ思いますと曖昧表現なのかというと、もっと核心を突く理由があるのではと疑っているからです。



僕は孤独に対してダメージは少なく連絡帳は少ない方が良いです。

僕よりも孤独がもっと好きな人は居ますが、大抵は僕のことを異常者だと見なします。

なぜ人よりも耐性があるかというと「他人の目がない」というメリットが非常に大きいからです。

これにより「行動」の敷居が下がる、つまり勇気を発動させなくてもいい行動が増えるということです。


多くの人がそうですが例えば「オナラ」は人前にするのは勇気がいりますよね。
(人前でも勇気が必要ないのはどうかと思う例でもあります)

映画をみて「すげえ、おもしれー」と声で出しながらみるとか、寝転ぶとか。

人前で寝転べますか?僕は怖くて寝転べません。




女性が苦手なのですが、それは男性よりも「勇気」を必要とする行動が増えるからだとも言えます。

僕は現在、未だ小学生の時に培った女性に対する偏見が抜けません。

それは少しでも気に食わないことがあると仲間内で報告し合い本人に「きもいー」と言うことです。

つまり他人のマイナス点を共有することを楽しみにしそれがコミュニケーションとして成立している。

かなりステレオタイプな見方だとは思いますが、これが怖過ぎて素を見せるというのが無理です。

できる限りキャラを作りマイナス点が露呈しないように気遣っています



これからはあえて勇気が必要とする行動をとって行こうと思います。

恐らくこれで気づくのは勇気の有無で行動自体の意味合いが変わらないということを実感するのではないかと。


つまり、勇気は「自分の中」だけであり行動に対する周囲の反応・価値というのには無関係。

人前でスピーチをしたときのギャップからの想起です。

全く緊張していないのに持ち前の吃音症で吃りまくった結果「緊張し過ぎ」といわれ「でも人前でスピーチするときは勇気いるよね」とフォローされた経験から。



0

2018/3/29

CCPのブログコメント欄からみる、ユーザーとのコミュニケーションの距離を縮むリスク  ふと思いついた事。






CCPの社長が直にコメントを返しています。

じっとは見ていませんが、暴言に近いコメントはしっかりと返しています。



「お客様を大切に」ということだと思いますが。

大多数はそこにコメントを残さず、残しても1・2度程度だと。


・少数派の、暴言コメントをする人間に返答する時間の無駄。
・もはやコミュニケーションを楽しむためだけにコメントしているであろう人間の存在。


親切心というのは「見返りを期待できるか」を発動の基準にしていいと思います。

そうしないと、隙になりどんどん利用され人生を消費させられます。

0

2018/3/29

放送中の毎週1話ずつみる方式のアニメを見ることが不可能になりました。  ふと思いついた事。

逆にストレスが勝りますね。


続きどうなるねん!とか。



もはや、自分の好きなタイミングで好きな分だけみれない、というだけで作品として大きなマイナス点をつけてしまいます。



AMAZONプライムとNETFLIXのせいです。

特にNETFLIXです。アニメ充実し過ぎでしょ。デビルマン面白過ぎて3週しました。まだまだいけます。



これも環境です。

・最初から最後まで
・好きなタイミングで見れる

これを経験すると以前までが本当に馬鹿らしくなります。

環境の解放です。「仕方ない」としているものは苦痛無くそのまま受け入れられる。

経験せずとも「〜できる」と知るだけで、受け入れられたものが本当に一瞬で苦痛になります。

経験したらもっともっとですが。




0

2018/3/28

面白い!と感じる=対象に騙されている、という視点から考える。  ふと思いついた事。

オーバーロードをみて、ですが。

オーバーロードはキャラクターの思考が3層に別れています。

1層目・・・実世界の主人公

2層目・・・オンラインゲーム内の主人公サイド

3層目・・・地表の存在する一般市民



2層まで、ソードアーとオンライン等の実世界とオンラインゲームとの2層はそんなに面白く感じません。


3層の場合、組み合わせ=可能性が乗算なのでそれだけ鑑賞者の思考が刺激される。

面白い=計算ができない=そう仕向けられている=対象に騙されている。


騙されたって面白ければ良い!を優先する場合はそれでいいんですが。




0

2018/3/27

数の暴力、多数決は民主主義ではない  ふと思いついた事。

多数決を信じ過ぎでしょ人間どもよ。

多数決ならしかたない、多数決は信頼できる、は他に責任をなすりつけることが可能だからでしょ。

民主主義はマイノリティも寛容する社会。

多数決みたいなマジョリティー最強制度はおかしいんですよ。

多数決で対立派を納得させようだなんて。

小学校で覚えているのは「いじめらた」「いじめた」どっちが悪いか多数決をとりましょう、って先生が言ったんですよ。

「多数決の結果いじめた側が悪い。みんな、偉いね。」と。


問題点は「多数決を採用する」ことを決めたことです。

つまり多数決の効力、正しいことは多数決にかけても多数派になり正しいと証明できる筈だとすることで、信憑性の点で強力だと生徒達に伝えているんです。

「いじめた側」が多数派になる前提で採用。歪んだ数の力による支配を植え付けさせた。



わざわざ多数決をとらなくてもいいのに。
0

2018/3/26

アニメ・オーバーロードをみてすごいな、とおもったこと。長文  その他アニメ



面白いです。

「最近のアニメは・・」と高校3年くらいのころから忌み嫌いながら、毎期何本かチャレンジしています。

今期、というかネットフリックスとかで今まで見てこなかったジャンルに挑戦。

その一本のオーバーロードですが非常に面白いですね。



発明というか、今2期の途中ですが、1期で心配していたことをはね除けさらに物語の幅を広がらせてすげーな、と。



まず心配とは、主人公が絶対強者グループなんですが、他の絶対強者グループを出現させること。





僕は本作に感じた面白みについて「主人公がどんな圧倒的力でねじ伏せるのか」があります。

ワンパンマンチックな演出を期待しており、それがなくなる不安というのがあります。

この心配が第一で、他にオンラインゲームの設定とか時代とか他プレイヤーとか、ぽつぽつあります。



2期で「面白いと確信」したのですが、それはストーリーバランスの上手さ、本当に感心しました。

「上から目線」というツッコミが生じますが、個人の意見・感想が上から目線でいけない理由がないですよね。



ストーリーバランスの上手さとは、サブキャラを軸においたストーリー展開を時間をかけてすることで、そのキャラ達に鑑賞者が感情移入するように仕向けた点です。


サブキャラは多種多様、個々の性格や特性との組み合わせは無限です。

サブキャラでも一定期間主人公とすることで他アニメ同様の「登場人物サイドに鑑賞者がつく」という感覚を得るということ。


さらに真の主人公サイドは絶対強者なため、サブキャラ主人公の物語内でどれだけ複雑な事件が起きても、「ま、真の主人公が本気出せば一瞬でおわる」という安心感が笑いになるんですよね。



これは所属欲求というか、現実でも「大手の企業に勤めてるだけで自信がもてる」とか「学生時代は人気ある人間と仲良くなることがステータス」みたいな、そういう人間の感覚と同類だと思うんですね。

つまり、アニメ内だと鑑賞者は主人公サイドという所属に誘導され、鑑賞者のメンタルは物語内の主人公の立ち位置に左右される可能性がある、またはそういう心理作用がある、ということ。



「不安定なサブキャラ主人公」で鑑賞者を一旦不安にさせるが、少し考えると「絶対強者の真の主人公の存在」という安心・信頼を取り戻せるので、この繰り返しが病み付きになるんですね。


現実でも、いくら失敗しても強力な後ろ盾があるとほっとしますよね。それをアニメでしています。


これは中毒というか「もっと物語をくれ!」という状態になります。


1期は真の主人公サイドと同等のコントロール不能強者が早々とでてくるのではないかと不安になりました。

それは「オンラインゲーム内の話」だからで、物語の中軸はNPCであり真主人公と同じPCがいる可能性が高いというか当然いると思うので、このワンパンマンチックな舐めプレイ作品がもう終わるのかと。


もうオンラインゲームの中に入ってしまったというファンタジー要素はどうでもいいんですよ。

現実は腹が減らないのか、周囲が心配制定内のか、どうでもいいんですよ。

垣間見える「プレイヤー本人と操作キャラのギャップ」だけで十分というか。


作品が面白いと細かい設定なんて無視できる、忖度したくなるという証明をした作品。


物語が進むといつの日か主人公サイドと同等以上のPCが搭乗すると思いますが、その時どうやって物語展開をさせるのか楽しみです。
0

2018/3/26

自分の尊厳を死守するということ  ふと思いついた事。

まず「自分自身の尊厳」は個人によって違います。

僕はキモいと言われても平気ですが前置きに「ガンダムが好きだなんて」が付くと尊厳が傷つけられたと憤ります。

実際は「やっぱり気持ち悪のかな」と自責。



自分の尊厳を守る大切さを習得することが人生にとって何よりも大切の筈。

しかし、教育上「わがままを言うな系」は必ずあるといっても過言じゃない。


例えば早く帰りたいのに子どもが路上にねっころがってだだこねていたらどうするか。

子どもの尊厳を守るためなら言うことを聞く、または気が済むまでそのままにする、とかなのかな。



現時点での僕の考えでは、子どもは言葉を習得していなくても親の尊厳を傷つける行為だと言う自覚がある。

「自分の尊厳を蔑ろにするなら親だからってお前の尊厳も傷つけてやる!」ということ。

しかしどうあがいても子どもは勝てません。親が暴力をふるい虐待案件にまで持ち込まないと。

子どもには「妥協案」というのを教え込ませます。

お互いの尊厳の損傷を最小限にする方法、相手の尊厳を守るというのは相手をコントロールする手段でもある、と。

ただごねる方法ではお互い困るだけだと何度も言い聞かせ、もっと有利な方法があると教え、そしてお互いの尊厳を傷つけないことの大切さをとく。

そして、自分の尊厳を守るために相手を傷つけることは勿論やっていいが、それの使い時には注意しろ、とも。





親の「言うことを聞きなさい!」に対して子どもは

「わかった、言うことを聞いてお前の親としての尊厳を守ってやろう。ただし、私は子どもとしての立場を保持しいつの日か我が尊厳の前に屈するであろう。」

くらいのこと思って入るんじゃないでしょうか。

0

2018/3/25

ニッポンのジレンマ「親と子のジレンマ」を見ての感想  ふと思いついた事。

アナウンサーが「でもスポーツ選手とかで小さいときからの親がつきっきりだけど結果成功した人がいるけど?」という反論。

番組では異議というより「そんな場合もあるよねー。」みたいな、流したような確かにと言い包まれたような。



「こういう体験をしてトラウマになった!」
からの
「でも、その体験をプラスにした人だっているよ?」

という反論は僕もよくされますし、自分自身にすることもあります。


今回については、節穴だらけの異議となりますが「暴力教育のおかげでスポーツ選手になった人についてはどう思う?」と尋ねます。


親が子に対する暴力、虐待の取締が強化されまた世間でも犯罪だという認識が高まっているので、いくら大成したとしても非難される行為。


この違いは「法に触れているかどうか」であり、人によって効果が違うという点では同じ。

つまり「人によっては〜」という反論は統計思考であり困っている目の前の人の尊厳に傷をつけ、マイナスな影響を受けたあなたは能力が低いとまで言われているかのようにする発言です。


「親が子に対する過干渉」についてまだ人類にとって共通認識がなく、被害者も親というまだまだ子を育てる尊敬すべき人間という意識が抜け切れておらず・・・・

・・・と、要するに毒親はカウンターとなったが攻撃力はまだまだしょぼいということ。

一昔前までというか最近まで強姦被害者自身が「自分のガードが甘かったから・・・」とか自責をして泣き寝入りするのと同じ部類に属するかと。


「人によっては〜」を平気で言える、言われるということはまだまだ世間で浸透していないという証明。

また否定的・懐疑的な意見が一般解だという証明でもある。

だって「ストーカーをされた経験から自己防衛力が上がりビジネスに活かせる人がいるから、ストーカーは悪いことではない」なんて通らないでしょ。
0

2018/3/25

ドラゴンボールZ超からみた昔の作品の続きを制作する恐怖  ふと思いついた事。

以前ちらっとみただけで、最終回ということで初めて完全視聴しました。

「え、17号?」で脳内が埋め尽くされました。

最後だけ見て判断は早計なんですがスターウォーズエピソード8と被りました。



それまで好きだった作品にくそエピソードが追加されると一気に冷めてしまう現象。

スターウォーズ熱は完全鎮火されています。フィギュア全部捨てましたし。


ドラゴンボールも危なかった。最終話だけでよかったです。



それを恐れてキン肉マンもみてませんし。


ガンダムの強さが際立ちますね。

逆襲のシャアでアムロとシャアの話を打ち切り、宇宙世紀もVで終わりにし、アナザーを製作したのが偉業。

気に入らない作品でも、世界が違うため安易に切り捨てられるんですよね。

その盤石上ではユニコーンというクソが発生しても簡単に手で払える。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ