2018/3/10

対面とメール、どちらが一方がだめな人  ふと思いついた事。

最近はっきりと分かったことですが

・実際会って話しているときとメール等での文章でのやり取りに読解力の差がある人がいる。

・対面で話しているときは全く思わなかったが、文章でやり取りをすると読解力が低い。

・逆に対面の時は噛み合ないが、文章だと楽にやり取りができる、という人も。

・ちなみに僕は対面がダメで文章の方が自信がある。




もしかすると、僕は「対面ok、文章ダメ」の人に翻弄されてきたのかも、と。

今まで「自分の書き方が悪いんだ」と思っていましたが、そういえば通じる人には通じるということに気づきました。

対面で話しとる時、本当にあまり考えずに話したり、こっちの話に相づちを打ったりしているんだな、とも。

文章だと冗談が通じない、5W1Hを全て書かないと理解できない人がいるということ。

僕は無駄に人に寄り添っていました。
0

2018/3/10

作品の作者を知るべきか否か  ふと思いついた事。

自身の特徴として

・いくら感銘した作品でも作者のことを「カス」と思ったら嫌いになる。

・感銘の度合いが高い程「嫌い」の度合いも高い。

・いくらカスでも、死んで100年くらい経てば嫌いにならない。

・あんまり好きじゃない作品でも、作者が良い人なら好きになる。



作者の人柄に引っ張られる。

すでに死亡済みの場合、フィクションというか、リアルに存在するという認識が薄れるので引っ張られない。



0

2018/3/10

常識ヤクザ  ふと思いついた事。

ヤクザなんんて、物騒な例えです。

ただ、ヤクザを「身勝手なルールに則り他人をそのルールで縛る」とするならその通りです。


常識という後ろ盾があるので、相手を傷つけようが困らせようが「自分が悪くない」という自信。

「だって常識じゃん?私が悪くない、常識に反しているあなたが悪いんだよ。」


その言葉、態度を選択したという意識がない。選択せざる負えない、選択するしか無い、という態度。


相手の尊厳よりも常識を優先させる。

言葉には、「あくまでも常識だけど」とか「常識という暗黙の了解から考えると」というように付け加えができる。


なのに「〜は変だ!」「〜はおかしいから直せ!」というような、常識に染まれと命令をする。


これはヤクザです。

「言葉がきつくない?」と指摘すると「常識だろ1」です。

常識に沿うとは「多数派という権力を身につける」というよう虚偽の力を身につける。


思い返すと学校の先生にはよくいました。そして大人にもたくさんいる。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ