2018/3/19

映画 パターソン 感想  映画(見たもの、見たいもの)

もやっとする映画でした。

評論家の方々は絶賛していましたが、僕はそこまでだったので、この映画を楽しむためには同監督作品や知識、人生経験が必要なのでしょう。

面白かったのは面白かったです。

どうなるんだろ?と。

僕がこの映画に対してジャンル分けすると「自分の映画感を教えてくれる映画」です。


・・・・どういうことか。

ネタバレ含みますが、バス運転の時や犬の騒動など、派手目な映画ばかり見ている僕は「なにか起こるぞ。」と緊張しました。

しかし実際は主人公がにやっと笑ったり犬を許していたり。

脳内映画テンプレートが露になり増した。

この視点、この会話が始まると、誰かが大事なものを破壊すると・・・大きなセクションが発動する、と。



あと、主人公はもっと犬を可愛いがれよ!と。

それと奥さんが大変美人でしたが僕はナチュラル狂気を読み取ってしまいホラー映画でもありました。
0

2018/3/19

恋は雨上がりのように、を見ていて  ふと思いついた事。

あーみたことある、ていう展開をよく見かけますが。

心を抉る、共感性羞恥を発生させる上手い作品だな、と上から目線感心でみています。


やっぱり、心を引く作品にするためには主人公の行動力を抜群にしないといけないのかな、と。

行動力と引き換えになるのは失敗の可能性と数が増える。

0

2018/3/19

連絡を取りたく無い相手とはこちらから拒否するのではなく、相手に拒否をさせる  ふと思いついた事。

しつこい電話だったり、断っているのになんども誘ってきたり。


「冷たい」「人でなし」「こっちの要望に答えてくれないということは、あなたからの要望も答えないからね。」


悪者になるんですよ、こっちが。

責め易いんですよね。受け側よりも攻め側の方に世論は偏る。



「何を小さいことを」ですが本当に悩んでいました。

小さいのに苦悩するって、本当に人生にとって邪魔なんですよね。


なので、相手から断るように仕向けるしかないという結論です。

「プライベートだと面倒くさい奴」「自分語りが強くてあまり話したくない」とか。


学校教育のクソさですよ。

仲良くする、優しくする、思いやる。これは相手に隙をみせることです。

絶望しているのは、言葉の上辺を利用して言質をとり不利な立場に追いやる奴が殆どだということ。

だから言葉に厳密性を持たせて短く済むことも長く話「こいつ気軽に話せないな」と印象づける。


それでも連絡してくる人は、楽なんですよ。フィルターをすり抜けた猛者。

「あーまた面倒なのはじまったな、一時距離おくか」

もしくはな「ああそれは気になる」と。この場合は話が弾みますしもう相性が合うとしかいえない。

相手に寄り添うとかクソですよ。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ