2018/3/22

塩麹の使い方ミスった、塩分過剰摂取による気持ち悪さは大変つらい  ふと思いついた事。

塩麹は食パンに塗ったら美味しいときいて、ジャムみたいにべったり付けて食べたんですが食後が大変辛い。


味はあんまりしませんでした。

0

2018/3/22

「落ち着きがない」の正体、という本が非常に面白いです。  ふと思いついた事。

kindleで半額だったので買いました。

漫画はkindle派なんですが、殆どが文字の本や百科事典系は実物じゃないと読みにくいですね。

「大体このページ」ができないので。




最近の研究からわかった「落ち着きが無い子どもの正体」を記したのがこの書籍です。


発達障害だとか、自己コントロール能力が低いとか、実はそういうのではなく。

原因は環境。環境のなかには家庭環境も勿論含まれる、と。


確信が持てて良かったです。

自己コントロールではなく自己調整能力を養うということ。

ストレス等でイライラすることを止めようとすると、またストレスが発生し何の意味も無いとか。

イライラしたら「次自分はどのような行動をとるのか」を予想しダメージを最小限にする。

教科書や医学書にも載っていない、固有の自分の特性を知ることを第一としています。

救われる一冊です。まだ全然よんでいませんが面白いです。
0

2018/3/22

積極的に知らない、を求めるということ。これは子どもにも通じる  ふと思いついた事。

情報は資産であり人生を豊かにするものだと信じていました。

しかし最近は情報を得ないようにする努力をしています。


人間の限界について考え始めたからです。

僕は「限界」という言葉が嫌いです。

ネガティブに捉えてしまうからです。

「お前はそこまでの人間だ」と低評価をつけられたと判断します。

「これ以上伸びない、いい成績を残せない」欠陥品であり他の人間より明確に劣っていると指差されます。


実は僕以外にも限界が嫌いな人が多く居るとしりました。

無理難題をなげつけ残業させまくる社会性からああ確かに限界嫌いなのは国民性なのかも、と。

「限界突破」といく四文字熟語を見てどうおもいますか。

僕は「かっこいい」「真の力をみせつけろ!」「本当に自分を知る機会」とかかなりポジティブな意味合いに思えます。


でも「限界を突破したって何がいいの?というか突破できないから限界なんだろ。」というツッコミもできます。

120%でがんばまりす!も限界よりちょい上にすることで「ああこの人は一生懸命頑張るのだろう」とある程度信じる。





情報を得ない努力もこの限界と近い話です。

得られる情報は無限大と信じ込んでいる、限界がないと信じているからこそ一方的にプラスだとしています。

しかし1日は24時間で情報を得るための時間を割きますし、それに集中力や快感を得たい欲も奪われます。

知らなくていいものを増やすことで目の前のことにより集中ができる。

例えば布団をしっかりひくとか歯磨きのクオリティを上げるとか朝ご飯を自炊にするとか。

情報を得るということは何かを犠牲にしていることを自覚すること。


1

2018/3/22

ナルト 面白い  ふと思いついた事。

ナルトは当時大嫌いな奴が絶賛していたので敬遠していました。

テレビチャンピオンの出場者が超おすすめしていてそれに影響されちょくちょくは友達の家で読んでいました。

あのときおやつまでだしてくれた友達母にはipadをプレゼントしたいですね。



アニメを1からみていましたが面白いですね。

oped全部いいですね、歌が良いだけで好印象です。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ