2018/3/25

ニッポンのジレンマ「親と子のジレンマ」を見ての感想  ふと思いついた事。

アナウンサーが「でもスポーツ選手とかで小さいときからの親がつきっきりだけど結果成功した人がいるけど?」という反論。

番組では異議というより「そんな場合もあるよねー。」みたいな、流したような確かにと言い包まれたような。



「こういう体験をしてトラウマになった!」
からの
「でも、その体験をプラスにした人だっているよ?」

という反論は僕もよくされますし、自分自身にすることもあります。


今回については、節穴だらけの異議となりますが「暴力教育のおかげでスポーツ選手になった人についてはどう思う?」と尋ねます。


親が子に対する暴力、虐待の取締が強化されまた世間でも犯罪だという認識が高まっているので、いくら大成したとしても非難される行為。


この違いは「法に触れているかどうか」であり、人によって効果が違うという点では同じ。

つまり「人によっては〜」という反論は統計思考であり困っている目の前の人の尊厳に傷をつけ、マイナスな影響を受けたあなたは能力が低いとまで言われているかのようにする発言です。


「親が子に対する過干渉」についてまだ人類にとって共通認識がなく、被害者も親というまだまだ子を育てる尊敬すべき人間という意識が抜け切れておらず・・・・

・・・と、要するに毒親はカウンターとなったが攻撃力はまだまだしょぼいということ。

一昔前までというか最近まで強姦被害者自身が「自分のガードが甘かったから・・・」とか自責をして泣き寝入りするのと同じ部類に属するかと。


「人によっては〜」を平気で言える、言われるということはまだまだ世間で浸透していないという証明。

また否定的・懐疑的な意見が一般解だという証明でもある。

だって「ストーカーをされた経験から自己防衛力が上がりビジネスに活かせる人がいるから、ストーカーは悪いことではない」なんて通らないでしょ。
0

2018/3/25

ドラゴンボールZ超からみた昔の作品の続きを制作する恐怖  ふと思いついた事。

以前ちらっとみただけで、最終回ということで初めて完全視聴しました。

「え、17号?」で脳内が埋め尽くされました。

最後だけ見て判断は早計なんですがスターウォーズエピソード8と被りました。



それまで好きだった作品にくそエピソードが追加されると一気に冷めてしまう現象。

スターウォーズ熱は完全鎮火されています。フィギュア全部捨てましたし。


ドラゴンボールも危なかった。最終話だけでよかったです。



それを恐れてキン肉マンもみてませんし。


ガンダムの強さが際立ちますね。

逆襲のシャアでアムロとシャアの話を打ち切り、宇宙世紀もVで終わりにし、アナザーを製作したのが偉業。

気に入らない作品でも、世界が違うため安易に切り捨てられるんですよね。

その盤石上ではユニコーンというクソが発生しても簡単に手で払える。

0

2018/3/25

思考を奪うものを積極的に排除する  ふと思いついた事。

集中できない自分がわるい、ではなく阻害する因子が隠れているということ。

それを的確に見つけ出し対処できるというのは、人間にとって非常に有能なのではないか。


空腹とか睡魔とかは代表的ですが、それ以外にも細かな因子はたくさん。

集団内の空気とか、過去のトラウマとか、口内衛生だとか。


僕の場合、新たな情報というのがそれに当たるのかな、と。

新たな情報を欲する、も属します。

迷いが生じるんですよね。今使っているこれよりもあっちのほうがいいのかな、とか。

それをリカバリーするのはお金をかけた経験のみ。

あんまり使ってないないのにとりえあず購入することが多い。

これは阻害する因子を排除する行為。

お金を使わず排除をしたい。足元ばかりを見る習慣を強化せねば。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ