2018/4/29

接触してくる奴の9割はヤバい奴  ふと思いついた事。

取引以外で接触してくる人間の9割はヤバい奴。

だから、話しかける習慣は無い人は人間嫌いになる。

こっちから「大丈夫そう」な人に話をかける。

そうすると、なぜか「大丈夫そう」な人から話しかけられる割合が増える。

0

2018/4/29

「やれば誰でもできる」について再考  ふと思いついた事。

◆マウント系悪口ですよね

この言葉は大抵「お前は別に凄くはない」とか「多くは時間の無駄と判断しているぞ」等のネガティブな意味を多く含んでいますよね。

「誘い文句」としても使われますが、その場合「もしそれができなかったら」というプレッシャー発生。

そして実際できなかったときの自責感。


つまり、言う側しか利益が無い言葉、言われた本人からすれば害しかない。

だってできたとしても「誰でもできる」ので凄いことではないですし。



◆時間・モチベーションを無視する欠陥

「やればだれでもできる」の「できる」は時間とその人のモチベーションが多いに関与します。

それを無視する時点で言葉としては欠陥。

欠陥なのに「説得力」を持っている。

それは「自分より知識・経験がある人の言葉」とみなしているから。

言われた方は八方ふさがり、損しか無い。


◆対策は無視、もしくは指摘

恐らく僕が死ぬ時になってもこの言葉は日常使われ続けるでしょう。

個人ができる対策はまず使わないこと、使うことを恥じること。

言われたら無視、できればその言葉のマウント度合いの高さを指摘。

今後あなたの言語感覚に信頼を置くことができません、と忠告。


◆ことわざ化する


馬に念仏はなぜ生まれたのか。知りませんが本当にしている人がいたのかも。

「やれば誰でもできる」をことわざ化。

その意味は

・人の尊厳を無視すること
例文)遅刻をよくする君は僕に「やれば誰でもできる」と言っているのと同じだよ。

・時間・モチベーション等の行動の源泉を無視した考え、愚かなこと。
例文)サッカー協会の会見はまさに「やれば誰でもできる」だったので残念だ。


0

2018/4/29

「近く」に誰を置くかが自分の思考マインドを決める  ふと思いついた事。

今現在自分が置きたいタイプは

・人体を知り尽くしているので外見に全く影響されない人

・犯罪者はその個人よりも社会からの排外等の問題の犠牲的側面の方が大きいという考えの人

・人に好意をもってほしいと全く考えない人

・言葉は自己形成に中核である一方でコミュニケーションでは不完全な道具と理解している人

・ベーシックインカム推奨派

・抑圧を何よりも嫌う人

・町でばったりであっても5秒くらいの会話で問題ない人

・夜10時〜深夜2時がお肌の黄金時間等の時間似非科学を全く信じない人
0

2018/4/29

2018年 4月 第4週  週間雑記まとめ

3
北朝鮮と韓国のトップと 

http://green.ap.teacup.com/paputimus/2589.html
年を重ねることにより柔和な態度の人より高圧的な人の方がマシと思えてきますよね。


ニートから連想する言葉、から考える言葉の力という概念 

http://green.ap.teacup.com/paputimus/2588.html
言葉を信頼し過ぎ問題。


1
ソードアートオンラインから考える比較による感想の言語化

http://green.ap.teacup.com/paputimus/2585.html
0

2018/4/28

ADHD・・・ルールに固執する、特定の方法に固執する・・・の原因  ふと思いついた事。

僕はADHDだと思っていました、自分のこと。

数年前に発達障害系の検査を一通りしましたが一つも当てはまる物はなく。

それはおかしい!とずっと思っていて、あの時に医者が間違っていたんだ!と。

自分なりに本を読んだりADHDの方達の集いに参加したりしてました。

やっと腑に落ちた答えを見つけたので記録します。


◆結論:教育

等ブログでおなじみですが、なんでもかんでも受けてきた教育のせいにするな、というのはわかりますが。

自分の特性を一つ一つ検証していく度にここに辿り着きます。

教育の中でも今回は「親・先生からのしつけ」ですね。


◆社会のルールを叩き込む

「順番通りにしなくてはならない」「他人に迷惑をかけてはならない」「みんなのためにルールを守らなければならない


このような躾という施しを受けていませんか。

真に受けて守り続けた人程「ルールに縛られる」ことを重視する。

悪いことではありませんし、社会適応力が高いとみなせます。

弊害を上げると、

・特に法律に触れることのない「独自のルール」に、例え意味も無くむしろ害悪なのに、従ってしまう。

・ルールを破っている人をみかけると「自分は守っているのに!」と叩きたくなる衝動に駆られれる。

1番目に上げた弊害がADHDの「ルールに固執してしまう」と被ります。


僕は世間と同じくルールを尊重するように教えられました。

ルールに反して行動をする人間だったので、風呂に何度も頭をつっこむとか色々厳しい教育を受けてきました。

いや教育って言ってはいけませんね、教育風虐待を受けてきました。

それが体に染み込むんですね。叩き込まれたルールに違反すると反射的に自責が生じます。


◆ADHDとの違い

教育、経験、助言・・・つまり「ルールを守る=良いことではない」と実感すれば症状がなくなります。

「そんなはずはない!」と思考回路が変化するチャンスを何度も潰したのが僕です。

だからより「固執」の度合いが高まりADHDと似た障害を抱えてしまう。

いくら説明されても、どんなことがあってもルールを守り続けてしまう、のはADHDです。

親から「そんな勝手なルールに拘っておかしい!」とよく指摘されました。

それは幼少期に叩き込まれた「社会のルールをまもれ!」を独自に拡大解釈した結果。

「〜しなければならない、なぜなら社会不適合者になるから、自分の頭の悪さが露呈するから」等等責めまくる。



◆教育=悪口製作工場

悪口をいうな!というのが一般的な教育ですが。

皮肉、矛盾です。

価値観、ルールを教え、該当する者・除外された者の2択に絞りこませる。

皆、該当側にいたいので教育に従い、除外された者を見下す。

除外された者には何を言っても良い、悪口を言ってもいい、だって除外された者だから、と。


間違っているのはそんな単純な2択は存在しませんし、人間は人間だという基本的人権を蔑ろにしている、国際人権条約に違反している思想です。

社会なんてすべて雰囲気ですよ。




0

2018/4/27

北朝鮮と韓国のトップと  ふと思いついた事。

僕はかなり衝撃です。

不謹慎に捉えられてもおかしくありませんが「温かさ」を感じました。

戦争が起こらなくてよかった、のと色々問題が取り上げられていた金総書記を受け入れる韓国の姿。

一枚の写真でそう思わせる力強さですよね。

人間の甘さを理解することもできますが。

独裁者は笑いながら人を殺す。

あとあれですね。

アメリカにならえと制裁を続けてきた日本が、アメリカが北朝鮮に寄り添い始めてから浮き始めましたね。

色々問題あるけど外交はすっごいがんばってる!ように見せかけていた安倍政権に更なる打撃。

0

2018/4/26

ニートから連想する言葉、から考える言葉の力という概念  ふと思いついた事。

◆言葉の連想

ニートと聞いて何を彷彿とさせますか。

働いたら負け、社会のゴミ、言葉だけは立派、等等マイナスなイメージで脳内を支配されませんか。

なので働いていない人=ニートとするのはもはや間違いで、他の言葉を選択すべきです。


◆言葉の力?

言葉の力というのは「誰が言ったか」で大分変わるとか言われたことがあります。

しかしそれは「人の力」で「言葉の力じぁなくね?」とつっこみ。

なのであまり理解できていませんでしたが、表面上の意味だけではなくイメージを一瞬にして彷彿させる、これがわざわざ言葉に「力」を付け加える理由なのかな、と。


◆言葉に影響され過ぎ問題

病気療養の人がニートと言われれば傷つきますし、お客様じゃなくてブスと呼ばれれば怒りますし。

簡単に人をコントロールできます。なので疑心暗鬼は基本です。

生まれる前からあるツールというのは最早脳と直接連結されているような感覚に陥ります。

絶対的存在として個人に君臨することになるのが前提として言葉は人間との意思疎通に便利過ぎます。

「意味を理解」というのは「何を理解しているのか?」と最近考えています。

つまり「わかったつもりしかない」のが言語コミュニケーションなのかなと。





0

2018/4/24

子どもの人権を守るために 読了後感想  読書(感想、気になる本)


◆簡易感想

面白かったです。

経済力、単純に体の力もない子どもの内面を守る権利がしっかりとあるということ。

「大人の強要」は人権侵害であり「批判的精神」は抑制してはいけないということ。

救われたと同時にジレンマが発生しますね。

・子どもの権利条約は守られていない日常が当たりまえ。

・「正しい」を知りたい子どもにとっては大人からの一方的な洗脳を好む場合もある。

以上2つが僕が抱いたジレンマです。


正直、ただ事例を挙げて「どうでしょ、酷いでしょ?」という具体的な策を提案せず感動ポルノとして被害者を消費している感がある章もありました。

◆子どもの権利条約と自分

子どもの権利条約は小学生の時に確か習った筈です。

なのに内容は全忘れしていて、今読むと「人権侵害されていたな」と。

しかし行使したところで、経済力が無い子どもが経済力で脅してくる親にはマイナス効果しかなく。

実際行使するたびに言い負かされ「僕はダメな人間だ」という現在に。


◆批判的精神の行使は推奨させれている

「批判的精神を抑制する=子どもの人権侵害」と本書の中では断言。

本書に沿うと

・批判を抱いても堪えて経験豊富な大人に従う・・・人権侵害を許す

・「何も分かってない」と大人達に説き伏せられても批判を続ける・・・人権行使

「もっと大人になれ」「わがまま言うな」に対して反抗するのは最もなこと。

そして折れて従うことは「人権侵害を許す」ということ。


つまり、周りから白い目で見られてもあのときのまま批判をし続ければよかったな、と。

自尊心を傷つけてまでも子どもにマウントしコントロールしたがる



0

2018/4/22

ソードアートオンラインから考える比較による感想の言語化  ふと思いついた事。


◆単純な感想の深堀が第一の鍵

アニメ等作品をみて「面白い」「面白くない」「凄い」くらいは瞬時に言語化できます。

しかし一歩「なぜ?」と問うとかなり困ります。

えーっと・・・このシーンが気に食わない・・・・等の自信を持てない感想となります。

それを避けるために言語化レベルを上げますがただ場面を詳しく説明しただけで結局「面白い」「面白くない」が付随する。



◆作品比較から深堀をする

今のところ、僕は「他作品との比較による差異から導き出す」が確実性がある方法だと考えています。

そこでソードーアートオンラインです。

「面白くない」と思える理由に「主要登場人物の家族が不明慮」というのがあります。

しかし、ハルヒだったりエロマンガ先生だったり、同じように家族について深堀していないのに不満を持ちません。


これを「つまり家族が不明慮なのは問題ではなくただ面白くない理由を挙げるため無理矢理絞り出しただけ」とみなしてはいけません。

「家族が不明慮というのを不満点として感じてしまう作品」ということです。


◆○○だから面白い、の○○を引き立てている作品という視点を得られる。

1段階・・・〜は面白い、面白くない

2段階・・・〜を面白く思える作品作りをしている、際立てている箇所はどこだろうか?

これによって・・・

「○○という導線・スイッチのお陰で○○が面白いと感じる作品」という文章ができます。




0

2018/4/22

2018年 4月 第三週  週間雑記まとめ

◆アニメ系

1
10年後のために今アニメを見る
 3/5
http://green.ap.teacup.com/paputimus/2570.html
コードギアスのエンディングは絶対飛ばせません。

2
コードギアス 一期
2/5
http://green.ap.teacup.com/paputimus/2572.html
大変面白い作品として評価します。

6
歌とアニメーションが合致する気持ち良さ
4/5
http://green.ap.teacup.com/paputimus/2577.html
新海誠×Z会のCMのリンク具合は凄いですよね。

10
フルメタルパニック IV 2話 やばすぎました 3/5
http://green.ap.teacup.com/paputimus/2583.html


◆言葉に対するツッコミ


「自分を愛してくれる」は自分しかできない 
3/5
http://green.ap.teacup.com/paputimus/2579.html
他人から愛されることに耐えうるのは特筆すべき人間の能力



5
精神的ダメージは脳が受けたダメージです。
5/5
http://green.ap.teacup.com/paputimus/2575.html
暴力、事故等で脳がダメージを受けた、は重傷感があるのに。



「だけで暴力はダメ」という腑に落ちない表現。
4/5
http://green.ap.teacup.com/paputimus/2574.html
未だ暴力の爪痕が残っている僕に「そんな不安吹き飛ばしちゃえ!」とアドバイスしてくれた人に対しては二度とその人の言葉を信じないと決断しました。

◆概念系


失敗のジレンマ
5/5
http://green.ap.teacup.com/paputimus/2573.html
失敗最高ですよ、本当に。失敗を責める場合はその内容を具体的に述べる必要性。

7
子どもの頃は自分で決めて行動する自信をつけることが第一 
5/5
http://green.ap.teacup.com/paputimus/2578.html
自分で考えてそれを行動に移すって人間にとってまさに「前進」ですよね。


「できない」からこそ生まれる貴重性の思考吸引力
4/5
http://green.ap.teacup.com/paputimus/2580.html
意識を奪わないでくれ!論。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ