2018/4/15

コードギアス 第一期  ふと思いついた事。

◆2週目だからこそ楽しめる要素がある

僕は本作を「ハラハラドキドキ系」に属すと定めています。

この類いは2週目以降、安心、分かった上で観れます。

そうすると「ハラハラドキドキ」は脳の処理の占領範囲が広く、数あるシーンを「どうでもいい」とスルーしてしまう。

「大事なシーン」なのに「細かなシーン」と認識してしまう。


今回気づいたのはccが物語序盤で「大事な人は遠ざけておくもの」と物語の核心を語っていたということ。

序盤の何気ない場面が終盤に繋がっていた、と分かると作品自体の評価が上がりますね。

「ああちゃんと筋が通っている」という気持ち良さ。


0

2018/4/15

2018年 4月 第2週  週間雑記まとめ

<今週総評>
今週はアニメをたくさんみて感想を書きました。
「映画の感想等」を参照。
「安定」について求める時は不安定、つまり安定が無いと判断しました。


3
生活の安定という虚構 
  5/5
http://green.ap.teacup.com/paputimus/2568.html
人生に安定性を望むよう仕向けるプロパガンダ。


フルメタルパニックがはじまりました。
3/5
http://green.ap.teacup.com/paputimus/2567.html



何かが起こらないと人間は変わらない
5/5
http://green.ap.teacup.com/paputimus/2564.html
経験が大事っていう言葉に僕は違和感を覚えていました。
しかし「何かが起こる」という大きなカテゴリーの一つと捉えると納得できます。
0

2018/4/15

10年後のために今アニメを見る  その他アニメ

コードギアスを見返しています。

10年前程、眠気眼をこすりながら、そして学校の遅刻を承知しながら毎週深夜みていました。

OP,EDの破壊力すごいですね。

破壊力とは、記憶をこねくりまわし涙がでるほど感情を刺激する、ということです。


10年という時がすばらしいです。

これほど年数が経つとそれだけで感動する。

10年後のため、アニメをみまくる。

アニメ以外も、ゲームもそろそろやらないと。。。映画も。
0

2018/4/15

僕は友達が少ない 感想  ふと思いついた事。

◆可愛かったです。

登場人物が可愛かったです。

可愛いという洗脳に心奪われました。


◆テンプレがわかりました


物語テンプレです。

海や祭りや女子に好かれまくる主人公等のお約束に加え

・意外な事実

・環境の特殊性

を付加すればいくらでも観るに耐えられる物語が作れるということ。


0

2018/4/15

生活の安定という虚構  ふと思いついた事。

「生活の安定のため」とか言われて僕は先生達や親の言うことを聞き入れていました。


でもまぁしかし全く安定しておらず後ろを振り返ると「それはお前が悪い」と言われる訳ですよ。


そのことから、僕は安定は馬の人参、人間をコントロールするための餌としか思えなくなりました。


大手企業=安定というイメージが世間ではありますが、その企業の安定を支えるのは人間なんです。

その人間達は常に競争に晒され解雇も普通にあるので安定ではないわけです。

つまり企業を安定させるために投入された不安定な立場の人間だということです。


大手でこれなら中小なんてもっとです。


「安定な生活」というのは発言者が相手にそっちに誘導させたいがための幻想です。


ライフスタイルに安定なんて厳密にはありません。病気とか事故とか。

保険があったとしても、病気・怪我が絶対完治する、というわけでもなく。

つまり資本の安定であり「健康の安定」ではない。


安定な生活を望んだ結果正社員になり日々ストレス、過労死とかわけがわからない。

進路決めの時に「安定」を理由にする人は皆嘘つきです。

お前が俺の生活を保障するのか?って話ですよ。
0

2018/4/14

フルメタルパニックがはじまりました  ふと思いついた事。

「あれ、知らない話だ。」

あせりましたね。知らない話なので。

1年に一回は見直しているんですが、続きがあったんですね。

最高ですね
0

2018/4/13

エロマンガ先生 感想  その他アニメ

いやー知っていますか、ハーレムっていうジャンル。

いやー最高ですね。めっちゃ元気ができます。


◆本当に元気がでた

「人生どうしよう」と半泣きになりながらネットフリックスで観ました。

ハルヒの偏見の壁を破壊できたのでまた壁が壊せるかと期待をして。

壊せました。

僕はハーレム系が嫌いと自覚していましたが、それが致命的ではなく。

ハーレム=男性主人公の周りに女性が集まりしかもモテる、という観念。

全然むかつきがなかったんですよね。むしろもっとモテてくれ!と。

うる星やつらのあたるのような、どこか欠点が目立つ主人公の場合まったむかつかないんでしょうね。

ちなみにソードアートオンラインは非常にむかつきました。

その差は主人公の無色性にあるのかと。


◆「世界観どうでもいい」と思える重要性


僕はアニメや小説、映画では「世界観」が面白さを際立てる非常に大切な要素だと思っていました。

「エロマンガ先生」をみてわかったのは「世界観どうでもいい」は長所にもなりえるんだな、と。

深堀する気がしない、目の前の展開(アニメ上で起こっている展開のみ)みていればそれでいい。

裏事情とか考えなくても良い。ただただみる。

これが脳内すっきり度合いが高い。

もしかしたら毛嫌いしていたジャンルを受け居られる姿勢に脳が発達したのかな、と。


ちなみに「掃除大変じゃね?」とか考え出すとツッコミどころが溢れ出したので一切辞めます。

ただただ観るだけ。観た後はなんも考えない。そういう作品の重要性。

岡崎に捧ぐ系。


あと登場女性人物のなかではエロマンガ先生が一番すきですね。

0

2018/4/12

2018年 4月 第一週  ふと思いついた事。

今月のテーマ・・・
人は他人をコントロールできる、ということをはっきりと自覚すること。



<総評>

今週個人的最も良い記事は「5」ですね。
全幅の信頼を置ける相手以外な「舐める・舐められる」関係はだめだ!



仲良くなる=ある程度舐められる関係、はできる限り避けたい
  4/5点
http://green.ap.teacup.com/paputimus/2559.html
仲がいい、人望に欺瞞を感じた僕は「仲良く」よりも「己を守る」を優先するようになりました。


作品で細かいところを指摘した時点でその作品が嫌い。
  3/5点
http://green.ap.teacup.com/paputimus/2556.html
嫌いな理由は幼少期から変わりません、キャラが嫌い。


適応能力が高い、は決していい面だけではない。 
4/5点
http://green.ap.teacup.com/paputimus/2554.html
苦しい思いをするともう2度としたくない死んだ方が良いとなる。
適応過程はこの経験をしがちだ。


他人からいい人と思われたら危険信号
  3/5点
http://green.ap.teacup.com/paputimus/2553.html
他人から好かれるって、こっちが好きな人以外は苦痛なんですよ。
こっちが好きな人がこっちを好きでない可能性が高いので、冷たくするのがデフォです。


新年度になりました、罠です。 
 4/5点
http://green.ap.teacup.com/paputimus/2552.html
「考え過ぎww」というつっこみには「考えなさ過ぎ!」と言い返したいが、確かに半径1mを大事にした生活は素晴らしいので言い返せない。
0

2018/4/11

目を使う媒体を減らす  ふと思いついた事。

感覚器官の支配率はどうだろう、とよく考えています。

今のところ視覚が一番高く、一番低いのは・・まだわかりません。

一つ感覚がなくなるとしたら?と考えると味覚になるんですが、個人的に。


視覚情報は疲労度が多く、目を使わずに楽しむには聴覚が非常に有益です。

触覚は二次作用が強いといいますか、単独の場合は逆に不安が過ります。

嗅覚も非常に大事です。汚いが良いにおいor綺麗だが臭いなら、前者の方が耐えられますし。

それは嗅覚で感じたことを脳内でイメージするからです。

視覚情報が基本となりますね。音で何が走ったかをイメージし、感触で何に触れたかイメージし。

イメージ=蓄積された視覚情報からの抽出です。


なので、オーディオブックがもっと普及してほしい。

書籍と同時発売が普及してほしい。


音声認識の精度が上がっているので、分からない言葉が聞こえたら「どういう意味?」と声をかける。


0

2018/4/10

何かが起こらないと人間は変わらない  ふと思いついた事。

いくら思考実験を繰り返したり未来予測を繰り返しても個人の行動・心理は変わらない。


何かが起こらないと変わらない。


逆にすると、何かが起こると簡単に人は変わる。

それくらい人というのは簡単な存在。



めっちゃ不謹慎な例ですが、超強気で筋骨隆々の男性が毎日拳銃で脅される経験を繰り返すとその内びくつく性格になったり。


内気な子が毎日日給10万でコンパ幹部の仕事を繰り替えせば底なしの明るい性格になったり。




0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ