2018/4/9

涼宮ハルヒの憂鬱 感想  その他アニメ

◆ナーメテーターでした。

観る前・・・
「主人公が宇宙人と友達になりたいとかいう電波でそれに振り回される話(萌え系)。」

観た後・・・
「学園物語に奇怪なSF要素を加えているのにすんなりと受け入れられるように演出された作品」


◆個人的に凄いな、と思ったところ

もう何人もの評論家、視聴者に語り尽くされていることだと思いますが。

・突出したキャラ設定に説得力を持たせている

・キョンの細かなツッコミにより現実とSFの融合をより自然なものとしている。

・アニメにおける女性キャラのテンプレートを逆手に取っている。

・キャラの謎を深めることでただ個人にスポットを当てたスピンオフを楽しめる。


◆今までプロパガンダを受けていました

プロパガンダというと言い過ぎですが。

大ヒットしてもおかしくないな、と納得できたことがかなり大きいです。

観る前が「なんでこんなのが人気?」だったので。

僕のアンテナ感度が低かったのが問題なんですが、本作を褒める時大体は「このキャラがかわいい」っていう具合で耳にはいってきました。

その情報と絵柄、そしてピックアップされる曲だったりアニメシーンが組合わさった結果、僕はかなりマイナスな偏見を抱いていました。

キャラに興味を抱かせる演出が凄いアニメ、無理矢理に思えるSFに学園成分を足して説得力を持たせる作品、美少女に対する一般知を逆手にとった作品、とかいう説明ならもっと早い時期に観ていたかも。


◆アニメにおける「ツッコミ」の重要性を表してくれている。

ツッコミによって「現実」と「アニメの世界」を繋げてくれる。

キョンのツッコミは細かくてしかも頻出。しかし鬱陶しくはなく。

なぜならツッコミの多さ=素っ頓狂な出来事の発生であり、鑑賞者の「?」に返答する型となっているから。

つまり、丁寧に拾ってくれる=ツッこむことでこちら側からすると「ああやっぱり変だよな。」とか「確かにそうだな」と納得できる。

奇抜なSFの世界でも実生活の延長線上としてみれる。














0

2018/4/8

2018年 4月 第2週  ふと思いついた事。

0

2018/4/7

シュタインズゲート 感想  ふと思いついた事。

◆2009年当時

当時はxbox専用だけど「傑作」とネットで評判が上がり「機会があればやってみっか」という心持ちでした。

ただキャラクターが「ネラー語」を多用しているので不快に思いスルーしていた、ということもあります。


実生活でも時々耳にする作品で「はははガンダムみてないんだね君たち」と高みの見物をしていました。



そんな人気作品にも関わらず、見るまで一切のネタバレを喰らわなかったのは奇跡です。

多分目にしていても、興味がなかったのでスルーしていたのでしょう。



◆めっちゃ面白かったです。

2ちゃんねる語、そして行き過ぎた下ネタに不快感を全く感じませんでした。

逆に、ここまで2ちゃんねる語もといジョジョネタがしつこく使われていると「ああそういえば当時のネットはこんな感じだったな」と懐かしくもあり。

物語は面白かったですし、自分にとって意外な感想を持ちました。

「お前は知りすぎた」というよくあるパターンはシンプルながら怖いですね。まだ僕には耐性がない。



◆同じジャンルは鑑賞した作品数によって感想が大きく変わる。

2009年見ていたら「すっげえええ」と周りに言いふらしていたでしょうね。

僕の中では「まどかマギカ」が鍵で、後に見たか前に見たかどうかでかなり変わった筈です。

記憶の中では「時をかける少女」が同ジャンルの初視聴。次にまどかマギカだったかと。

それ以降は「またか」というツッコミが生じました。慣れでしょうね。




0

2018/4/5

仲良くなる=ある程度舐められる関係、はできる限り避けたい  ふと思いついた事。

久しぶりに昔の知り合いに合った時、非常に舐めた態度をされました。

無闇に個人情報を得ようと聞いてくるし、見た目をいじってきたり。


「あ、ミスったな。」と痛感しましたね。

昔の僕の他人との接し方です。

仲良くなることが第一目的だったので、手っ取り早く「己を舐めさせる」という方法をとっていました。


見下した相手なら気軽に接することができる。

まぁいまなら、「そんな自分を卑下してはいけないよ。」と注意してくれる人が結構いると知ったので、この方法で仲良くなる奴はむしろ仲良くなってはいけないんですが。



ここでなぁなぁでやりすごすか、きっぱりと「失礼ですね。では」と立ち去るかでは、今後の人生が変わると思いました。


なので「え?よく喋るな。急いでるからじゃ。」と人間としてどうかしている態度を取ってしまいました。

後悔しつつも、これで本来の冷酷な人間をお持て出すことができ少しは楽に過ごせるのかもしれません。

0

2018/4/5

批判・否定が無視できないのは「攻撃性」を認識しているから  ふと思いついた事。

実際に言われたり、youtubeでの他人が他人へのコメントだったり。

なんで批判・否定は受け流せないのか。褒め言葉は余裕でできるのに。

これは僕の幼少期のせい・・もありますが、批判・否定を「攻撃」と認識しているからですね。


道ばた歩いていて人が殴られている場面に出会すのと同じなんですね。

包丁をちらつかせる、ではありません。実際暴行をしている。

だから、無視した方が絶対にいいのに反撃をしてしまう。


攻撃されている!!!という危機感。

言葉の肉体的暴力を同じと「攻撃」と脳が認識しているのですね。


◆言葉と肉体的暴力との特性の違い


肉体的暴力のダメージ量というのは大体同じですよね。方法とかも。

ただ言葉は人によって違います。何が傷つくのか分かり辛い。

それに治癒速度も。

言葉によるダメージってコントロール幅は肉体的よりもひろい。

攻撃と思わなかったら済みますし。

今のところ、僕の回避手段は「なんだこいつ!」と口に出さずに攻撃。

攻撃には攻撃をしないと気が済まない、そのままだと傷が持続する。

圧倒的余裕が欲しいですよね。何言われても「金持ちだからなんも効かない。」みたいな。
0

2018/4/5

【Netflix】ヴァイオレットエヴァーガーデン 感想  その他アニメ

ネットフリックスが先行してその後地上波、らしいです。

勝手ながらですが京都アニメーションは映像がめちゃくちゃ綺麗だが物語内容があまり、という印象。

フルメタルパニック2ndは奇跡の作品だと頭を下げました。


本作については「奇跡の再来じゃ!」で、毛嫌いせずに本作以外も同アニメーション作品を積極的にみてみようかと思いました。



◆何が面白かったか。

基本のほほんとした雰囲気で戦後であり主人公が兵士だったことを気にせずに見られます。

が、ところどころ戦争の爪痕をピックアップし日常とのギャップに刺激を受けます。

主人公の過去を知る程、日常パートに重み、悲しみが積まれていき「幸せになっておくれ」という老婆心メーターのピークが更新され続けます。

ネタバレになりますが、腕を失うシーンなんてリアルというか生々しく、首切りシーンは音のみで映像カットしたのにここはしっかりと映す、というところに強いメッセージ性が垣間みれます。


◆この作品が好きになるかどうかの重要なポイント

やっぱり主人公を受け入れられるかどうかですね。

受け身が目立つので「男性の欲望にのっとった」と捉えると嫌悪感がでてくるかと。

僕もそこが少し心配ですが、自ら働きかけるシーンはちゃんとあり飽くまでも「仕事だから」なのかと。

前述しましたが非常に辛い過去を見せつけられ視聴者も心苦しくなりますが、明るい未来、現在を過ごしてくれ!という明るさで相殺されて心温かくなります。



気持ち悪い見方をすると、現在子どもでもできるであろうとこができないシーンをみてほっとするというか、自尊心を高められる点に可愛さを見つける、ということもあるんじゃないかと。

僕はこういうシーンを見ると「人は教えてもらう、成功まで失敗を重ねた経験をしないと何もできない。」ということを表しているかのようで本当に元気ができます。





0

2018/4/5

作品で細かいところを指摘した時点でその作品が嫌い。  ふと思いついた事。

いきなりですが僕はソードアートオンラインが嫌いです。

その嫌いな理由として「なんで自動運転すら普及してないんだよ」とかいう点を上げます。

しかし同じ近未来作品である「AICO」に対してはその疑問は全く浮かび上がりませんでした。



つまり、面白くない作品程、その理由を探すために目立つ点をすぐあげたがる。


単純に登場人物が嫌いってだけなのに、それだと幼稚だと判断して見て見ぬ振りをする。



ただハーレム系が嫌いで、女性が男性を喜ばせる道具としての要素が強いともうむかつくんですよね。

0

2018/4/4

苦手なこと克服には言語化しかない。  ふと思いついた事。

ラジオで「聴取者参加型川柳」があります。

このコーナーが非常に苦手です。

最初は「川柳が嫌いだから」と思っていました。

本当か?と疑いわかったことは「聴取者に気を遣っている出演者達の雰囲気が耐えられないから」だとわかりました。

しょうもないものが多いんですが、全て褒めます。

どう考えても忖度をしていると判断して嫌い。



しかし、聴取者を大事にする、参加させることでより深いファンにさせるという戦略というメリットがあるとわかると苦手意識が和らぎました。
0

2018/4/4

適応能力が高い、は決していい面だけではない。  ふと思いついた事。

環境順応力の高さ、というい言い換えも。


なぜならば、自分に合った環境を探す気力を失うからです。


大きく分けて二つ。

・適応能力が軸
 ・・・苦しい環境でも慣れようと努力する。
    苦労の結果環境に慣れると、同じことを繰り返したくないと以降の環境の変化をしたくなくなり依存する。

・環境探索が軸
 ・・・自分に合う環境を1度でも見つけることで他にもある筈だと信じることができ、環境移動を比較的簡単に行える。



0

2018/4/3

他人からいい人と思われたら危険信号  ふと思いついた事。

やさしいとか、話し易いとか、気遣い上手とか。

危険信号です。

個人的には冷たい、話が続かない、プライベートのこと知りたくない、くらいがいいです。

人から興味をもたれた場合、大体損します。

資本主義万歳なんですが、金が発生しない限り損です。

人に好かれても損です。無駄に他人に時間を奪われます。

押してダメなら引く方式です。



学校では「良い人になろう」と漠然とながら推奨されましたしたがこれは嘘です。

というか、これを利用して良い人を自分の飼い犬が如く扱っている人ばかりですよね。



人から距離を置かれるってかなり有能なんですよ。



0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ