2018/4/15

コードギアス 第一期  ふと思いついた事。

◆2週目だからこそ楽しめる要素がある

僕は本作を「ハラハラドキドキ系」に属すと定めています。

この類いは2週目以降、安心、分かった上で観れます。

そうすると「ハラハラドキドキ」は脳の処理の占領範囲が広く、数あるシーンを「どうでもいい」とスルーしてしまう。

「大事なシーン」なのに「細かなシーン」と認識してしまう。


今回気づいたのはccが物語序盤で「大事な人は遠ざけておくもの」と物語の核心を語っていたということ。

序盤の何気ない場面が終盤に繋がっていた、と分かると作品自体の評価が上がりますね。

「ああちゃんと筋が通っている」という気持ち良さ。


0

2018/4/15

2018年 4月 第2週  週間雑記まとめ

<今週総評>
今週はアニメをたくさんみて感想を書きました。
「映画の感想等」を参照。
「安定」について求める時は不安定、つまり安定が無いと判断しました。


3
生活の安定という虚構 
  5/5
http://green.ap.teacup.com/paputimus/2568.html
人生に安定性を望むよう仕向けるプロパガンダ。


フルメタルパニックがはじまりました。
3/5
http://green.ap.teacup.com/paputimus/2567.html



何かが起こらないと人間は変わらない
5/5
http://green.ap.teacup.com/paputimus/2564.html
経験が大事っていう言葉に僕は違和感を覚えていました。
しかし「何かが起こる」という大きなカテゴリーの一つと捉えると納得できます。
0

2018/4/15

10年後のために今アニメを見る  その他アニメ

コードギアスを見返しています。

10年前程、眠気眼をこすりながら、そして学校の遅刻を承知しながら毎週深夜みていました。

OP,EDの破壊力すごいですね。

破壊力とは、記憶をこねくりまわし涙がでるほど感情を刺激する、ということです。


10年という時がすばらしいです。

これほど年数が経つとそれだけで感動する。

10年後のため、アニメをみまくる。

アニメ以外も、ゲームもそろそろやらないと。。。映画も。
0

2018/4/15

僕は友達が少ない 感想  ふと思いついた事。

◆可愛かったです。

登場人物が可愛かったです。

可愛いという洗脳に心奪われました。


◆テンプレがわかりました


物語テンプレです。

海や祭りや女子に好かれまくる主人公等のお約束に加え

・意外な事実

・環境の特殊性

を付加すればいくらでも観るに耐えられる物語が作れるということ。


0

2018/4/15

生活の安定という虚構  ふと思いついた事。

「生活の安定のため」とか言われて僕は先生達や親の言うことを聞き入れていました。


でもまぁしかし全く安定しておらず後ろを振り返ると「それはお前が悪い」と言われる訳ですよ。


そのことから、僕は安定は馬の人参、人間をコントロールするための餌としか思えなくなりました。


大手企業=安定というイメージが世間ではありますが、その企業の安定を支えるのは人間なんです。

その人間達は常に競争に晒され解雇も普通にあるので安定ではないわけです。

つまり企業を安定させるために投入された不安定な立場の人間だということです。


大手でこれなら中小なんてもっとです。


「安定な生活」というのは発言者が相手にそっちに誘導させたいがための幻想です。


ライフスタイルに安定なんて厳密にはありません。病気とか事故とか。

保険があったとしても、病気・怪我が絶対完治する、というわけでもなく。

つまり資本の安定であり「健康の安定」ではない。


安定な生活を望んだ結果正社員になり日々ストレス、過労死とかわけがわからない。

進路決めの時に「安定」を理由にする人は皆嘘つきです。

お前が俺の生活を保障するのか?って話ですよ。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ