2018/4/21

フルメタルパニック IV 2話 やばすぎました  ふと思いついた事。

何がヤバかったのか

・千鳥かなめの命が狙われているのに延命手段を拒否するような行動に充分な説得力を演出した。

・今までのシリーズで鑑賞者達がみなしていた「テッサへの甘い感情」を一気に葬り去った


演出がすごくいいですね。

安堵からの即絶望。テッサの「核なら一瞬だわ」からのOP。

カーチェイスのCGには不満が残りますが、宗介とかなめの温度差演出は素晴らしすぎる。

高校生らしき一般人に流れ弾があたったところでのかなめの発言「ごめん」もよかったですね。

「え!それだけ!?」というツッコミが生まれるも「それだけしか無理だよね」っていう環境の説得力。


いや本当に凄い。これでまだAS同士の戦闘シーンがないんですよ。

0

2018/4/21

子どもの人権を守るために、という本が面白いです。  読書(感想、気になる本)

まだ読み終えていませんが。

読み終えたら改めて全体の感想を書きます。


◆子どもの存在ってみなさんどう考えていますか

・かわいい
・活発

という存在自体、表面での印象が強いです。

法律では「子ども専用とも言える権利」があります。


◆法律は先人達の失敗から得た教訓

本書はじめに記載されています。

なぜ子どもに標準を当てた法がこんなにあるのか。

歴史的事実から紐解いたその理由が書かれており納得とともに「多くの方が権利侵害経験済みじゃね?」という。

例えば親含め教育者が己の信念を子どもに植え付けさせるのは人権の侵害となります。

子どもが差別感情をもちそれを是するため、等の他人の人権侵害を防ぐため等の理由の場合は許される。

例えば「〜が美味しい!」という子どもの感想に対して「これを美味しいと思うお前はおかしい」というのは人権侵害です。

人権侵害は日常どこでも起こっており、それを防ぐためには人権に一定の知識がある大人、または子ども自身が知識を得ることが必須。

◆僕はレベルが高いことだと思っています。

だって、子ども作る前に子どもの人権について学ぼうとし実際学ぶ人ってどれくらいいるんですか。

先生達からも普通に人権侵害されてきましたし、その場に会いましたよ。

大学の教授というのはやはり最高学府の先生なだけあるな、と本書を読んで思いました。

なぜなら「子どもだからといって個人の尊重を蔑ろにしなかった」からです。

「個人として確立した人格」と見なしているので生きることの責任を求められていました。

「当たりが強い」のは「先生に対して生徒という支配」ではなく「個人と個人」という立場を保証していたから、ということです。


◆批判的精神の否定は人格否定

批判的精神を削がれた人の未来というのを「戦争」から得た教訓として記載されています。

問題としてあげられているのは「属している自分が悪い」と自責を永遠としてしまうこと。

軍国少年と呼ばれていた人は「一人の人間」の前に「軍国少年」である自分に戦争の責任を重ね合わせる。


家族から批判的精神を削がれた場合、家族の失態を自分の失態だと重ね合わせる。






0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ