2018/8/30

ゴッド・オブ・ウォー クリア  ふと思いついた事。

総プレイ時間20時間くらいだと思います。

途中かなり気持ちがへたりました。

もう途中で投げ出そうかな、と。

オーディン討伐まであるかと思いきや途中で終わり。短かったのが救いです。


・映像

細かすぎる。もし一つ一つ人の手でディテールを加えてるなら一体何年かかってんだ、と。

 一発で自動追加されるソフトがあるはずですが、そうでないと寿命尽きるまで完成できない作業量。

 ただ、凄すぎるので「違和感」はすぐ発見できてしまいますね。これはPS2の頃からですが。
 女性の長髪の揺らぎと、関節移動による筋肉の膨らみの変化。PS4では無理そうですが。


・アクション

◆手を動かすよりも、先読み等考えることを重要に置くスタイルでした。

ニーアオートマタと比べてですが、各行動のキャンセルのレスポンスをあえて悪くしてあるので「この攻撃をすると回避ができなくなるから控えよう」というような。

相手の一撃が極端に重いものがあり、さらに受ける寸前までモーションが不明という高難易度な攻撃を避けることを軸にする。



◆雑魚敵に対しては連打だけでやり過ごせる戦闘もあります。が、トータルしんどいです。

本シリーズには無双のような「爽快感」を求めている欲がわずかながらあり、それを今作では満たしきれず。

自分が操作した戦闘よりも、ムービーの方が爽快感が強かったです。

一方的に、圧倒的に相手を潰すという一般社会ではあってはならない欲求ですが、すっきりするのは確か。

「力でねじ伏せればOK!」はゲームだからこそできることです!同じゲームでもオンライン対戦では僕は罪悪感が勝りできません。




◆クリア後にたくさんの必殺技と言い換えることができるスキルがたくさん解放されるんですが・・・。

遅いよ!と。クリア後もプレイさせるモチベを持続させることを開発側が選択したわけですが。

僕からすると「セコいことやりやがって・・」と反感を覚えただけですね。試したい!とは思うことはなく。



◆次作に望むとしたら・・・・

・スパルタモードの攻撃力をもっと上げる。

・地面が粉砕し雑魚敵は即座に全滅するような、非常に重い一撃が欲しい。

・斧の投擲のサーチをもっと見やすくして欲しい。

・敵の攻撃を瞬時に避けられるようなスキルが欲しい。

・技は出し惜しみなく追加していってほしい。






物語

◆本シリーズに関しては物語について全く期待はしていませんが。

今作はかなりイラつかせるところが多く、次作はやっと神々と殺しあうフェイズへ移行するので、もしかするとストレスを溜めさせることも開発側は折り込みずみなのかな、と。




◆「親にとって子は大切」というのを神スケールで綴っています。

が、息子に対してなぜ母親はこうもカスになるのかなと。他作品ゲーム問わず映画、アニメでも。

まるで恋人のような気持ち悪さ、支配的な何か、ただセックスしないだけそれならいいでしょ的な。

母親と息子の分かり合えなさを具現化した自分の中での最優秀作品はブレンパワードです。

本作は少し通じるものがありますが、息子であるバルドルの反抗が甘く鬱憤がたまりましたね。

これも次作・・・・というか次作プレイさせられる鎖をすでに繋がれてしまった。

修正アップデートだらけにまたなるかと予想できるので、発売日には購入したくないんですが・・・。




◆主人公クレイトスはリアリスト、実際起こったことにだけ関心を持つように心かけている。

一方息子アテレウスは未来を予測し現在の行動を決める。

この対比はずっと考えさせられましたね。

僕はアトレウス側です。が、年々クレイトス的思考にならなければ、という思惑もあります。

なぜなら「それでよかったこと」があまりにも少ないからです。

ただ同時に、自分が気づいていないだけで過去の自分が危機を免れる仕掛けをしていた、と別件で危機迫った時に思い起こすこともあります。

永遠の課題です。




総評

途中のやる気減退が辛かったですが、クリアは比較的短く、随一の映像美でモチベを保てる。

ファーストインプレッションは心を持っていかれる、ついにここまできてか!と寝る時も心拍数が高め維持するレベルでした。

ただ、数時間で慣れてしまいますが・・・。

総合的にはニーアオートマタの方が好みでした。




0

2018/8/30

ゴッド・オブ・ウォー 感想 その3  ふと思いついた事。

かなり辛くなってきました。


息子に腹が立ってしまい、もうゲーム続けたくなくなってきました。

操作キャラ、こちら側でナイスだと思えない人物がいると「なんでこんな奴に時間を提供しないとだめなの?」ってなりますね。


自分の子供だったら弓を打ってきても「ははこやつ」と笑えるかもしれませんが、全く感情移入できない状態ではただただ鬱陶しく。


僕自身親じゃないので子供の可愛さがわからないんでしょうね。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ