2018/9/29

ハイスコアガール 12話感想  ふと思いついた事。

今回も面白かったです。

こんな体験をすると一生忘れられない、一生影響を与え続けるレベルです。

もう好きじゃなくても大野さんのこと好きになるでしょ。

絶対特別視せざるおえないです。




もしも例えば同い年の異性の親戚と二人きりで過ごすことが多いとか、そういう女性と二人きりで一晩過ごすことが日常なら別ですが。



親がやった、という言い訳は免罪符としての質は最高レベルです。

「親が勝手に」と言われると仕方ない、で終わる世界。

「う・・二人部屋しかなかった・・」よりも「仕方ないな」の度合いが強いんです。

「じゃあ宿泊先変えろよ。」「野宿でいいじゃん」とかいうツッコミが発生してしまう。

しかし「親」が介入すると「厚意を無駄にしてはいけない」という感情が湧く。


親の価値のほとんどを占める。

今週の日高さんです。

若干「めんどくささ」を感じてきました。

心の声が聞こえるので「相手のことを慮る」という印象を受けますが、心の声を消すと「独りよがり」が目立つんですね。

春雄からすると「困るしかねえ!!」という感じ。

まぁでも僕は日高さん派閥なのでなんとか幸せな着地点を見つけてほしいものです。



あとツッコミの大切さを再確認。

「おれのセガサターン・・」というツッコミで「確かに!」という急展開で置いてけぼりにされてるところにひと笑い。


日常ツッコミは難しいと考えすぎなんですね、僕。

例えば100人中100人が心の中で思いつくことでも、それを言葉として発するとツッコミになり共感を得る。

難しく考えず、ただありのまま起こったことを言い放つだけでそれはツッコミとなる。




ハイスコアガールのアニメは「呪い枠」認定です。

2期あると思いきやまさかの3話のみを来年1月に配信。

「うわ2期なさそう」「もしかしたらこの3話終了後に2期決定か!?」と期待してしまいます。

期待をする。

そうです、期待=呪いです。期待は脳の活動を簡単に支配します。

そして期待を裏切った時の絶望。


さっさとコミックを買って最終話まで読みたいと思います。

期待を膨らませないように。期待は小さなうちに潰す。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ