2018/10/14

モンハンw日記 3  ふと思いついた事。

海の竜を倒して終わり。総プレイ時間は4時間です。

操作方法も慣れてきてやっと敵ボスの攻撃モーションに注視できる余裕ができました。



またまた文句ですが、武装面の説明あまりのもなさすぎですよね。

説明書見ても超簡単な文章1行だけで。


もうネットwiki見る前提でしょ。

まず「乗る」って意味わからなかったですし。

あと太刀のモーションとか。ネットで見ないと知らないままクリアしていました。




「MH2Gも初めはわからないままやり続けたよな・・」と全く覚えてない記憶ですが、そうだったに違いないと思い込んでプレイし続けます。
0

2018/10/14

オンライン対戦との付き合い方・・・解放編  ゲーム

オンライン対戦と自分との関係を考えるのがもはや趣味になっています。

解放編・・・イデオンみたいなサブタイトルですが。



僕がオンラインでの触れ合い、協力や対戦に積極的だった頃と今を比べて「なぜ今はオンラインに消極的なのか」を導き出す試み。

当ブログでは不定期で何度も触れてきました。

で、今回思い浮かんだのは「ワクワク感」について。

この感情は「周りが全くやっていなく自分しかやっていない趣味を解放できる!?」というもの。



で、このワクワク感は今でも訪れます。

例えば今興味関心が高い「グリッドマン」について。

2話目に超心踊り特にサムライに目を奪われ同じような人がいないかを検索。

実際見つけて満足。


というような、要するに「ため」がなくなったんですよね。

すぐ解放されそこで終わり。

閉鎖された空間からの解放、施錠もされてなくて常にドアが開きっぱなし。


自由度が増した結果である一方で渇望が除かれた状態。

でもまぁ、周りに共感できる人がいないと自然と探してしまう。

そのような能力は携わっているので、僕がオンラインに嵌まれるレールは作り出せるわけです。



現在の自分がゲームにてオンラインにはまれる環境

・新しく出たばかりのゲーム
→暗黙の了解やマナーが存在しないため皆好き勝手やる、楽しい。

・一人でずっとやっていて他人と共有したいと思えるほどやった
→自分の「これが好きだ!」という感情を広めたい。
 →意図して閉鎖空間を築きやりこむ必然性。






0

2018/10/14

人生は基本足し算しかできないことを強く意識する。  ふと思いついた事。

認知症とか、事故による四肢欠損は引き算・・・?


「足し算」と「引き算」についてよくよく考えていました。

しんどい時、何かをやっていて「しんどい」が先行するのは大方「引き算」な考え方をしています。


「憧れの人に近づいている」は足し算です。

「憧れの人と比べここが足りない」は引き算です。


知能の進化の短所、虚構を作り出せる人間だからこその欠点。

「予想ができる」「計画を立てる」は全て人生を引き算へと連れて行きます。


ただ引き算は悪いかというとそうでもなく、引き算のおかげで人類がここまで発展したのは間違いない。

だからここまで有能だからこそ、安易に頼り自分を苦しめる道具にしてしまいがち。



「成功する未来が展望できる計画」を立てられるとポジティブになりますよね。

しかしその計画にいざ取り組んでみると途方も無いことに気づき「きっといい未来が来るはず・・。」と信じることでなんとかモチベーションを保つ。

計画を立てるときには「基本足し算」ができるように設計をする。

余裕を持った計画、失敗を前提、失敗をしても「足し算」と思えるような設計。


できる限り「引き算した時の値が大きくならないよう」心がける。

長期計画の危うさですね。



未来予測、計画が立てられるので「その未来」と「今」を比較してしまう。

持っていないのに「持っているはずの未来」と「持っていない今」を比べる。

ただ、やれば「足し算」にしかならないので今やる。

自分に対して戒めです。

無駄に計画を立てて勝手に落ち込んで、が多すぎる。

「行き当たりばったり」は批判されがちですが、恐る必要がなく。



この言葉は「未来予測勢のプロパガンダ」ですよ。


「未来予測、計画を立てられる人間こそ新人類。」という表明。

本当の意味での未来予測なんて誰もできませんし。




「行き当たりばったり」の意味合いを変えます。

・己の臨機応変力が試される機会のこと
・時間軸を自由に移動できない人類含む生物達に対しての批判。つまりできるはずがないことに対し批判すること。
 また、その不条理な批判に対する批判として冗談めかすこと。

0

2018/10/13

モンハンw日記 2  ふと思いついた事。

プケプケを倒して今日は終了。

1クエストで満足感。

ヘビーボウガンを使用しましたが面白く。ガトリングの爽快感。

通常弾だとダメージ3くらいですが、ガトリングは一撃15ダメージの弾丸を連続で当てられるのが気持ちいですね。

遠距離武器しか使用していないので今のところTPSですが十分楽しめています。





PSPの3以来の本編プレイで、良いのは当時の自分との心境の変化を知ることができるということ。

例えば「新しい環境への順応力」は確実に低下しています。

これは一長一短で「自分で環境を変えられる能力がある」と知ったからです。

プレイ当時は高校生で決められた時間割、制限された行動範囲で環境順応せざるおえず。

しかし今は「合わない」と判断したら自ら変化させる能力、というか「変化させてもいい」という社会的そして人権的に当たり前の権利を知りました。


「無理に合わせる」は奴隷根性に足が浸かっている状態なので嫌悪感になってしまったんですよね。

「楽しい」感情が発生しない限りは環境に合わせる必要性を感じなくなり。

今作の場合1人だとMAPが広く思えるんですよね、多人数前提に作られているので。

あとやり込み要素の度合いも高く短時間で全コンプリートしたい僕には相性悪く。

ただ様々な武装があり立ち回も異なる。「どれか一つは絶対自分に合うはず」と希望を得られ。




あと、32インチの液晶でプレイしているんですが「画面がでかい!」とまた文句が出てしまいました。

pspに慣れていたのでモンハン=携帯機じゃないといけない脳になってしまいました。

14インチのノートパソコンでリモートプレイしていますがいい感じ。

当たり前ですが音響と映像がグレードダウン。

形成された常識か抜け出すのには苦労します。

0

2018/10/12

モンハンw日記 1  ふと思いついた事。

今日からモンハンワールド始めました。

ハイスコアガール がプレイの起点です。

ハイスコアガール 関連の書籍を買い歌を聴きまくり、これ以上何か広がりがないか。

モンハンワールドでキャラメイクすればさらに楽しめるのでは?

このことを他人に言うと引かれる、は容易に想像できます。


キャラメイクに2時間以上かかり、プケプケという二足歩行カメレオンと出会って今日は終了。

「あれ、映像そんなに綺麗じゃなくね・・?」とちょっと落胆。

操作性も体験版以来ですがすっかり忘れていて苦労しました。


「知っているはずの操作方法を知らない」って結構ダメージです。

やる気を削ぐ大きな要素。鉄拳もそうでしたし。

なので武装は一度も使ったことなかった遠距離系を主軸にします。

新鮮味大事。



この「日記」はできる限りプレイ後毎日つけたいです。クリアする予定なので。
0

2018/10/11

金本監督退任について感想  ふと思いついた事。

僕は続投るもんだと踏んでいました。

悲しくはなく残念でもなく、来年楽しみだな、という感想です。

阪神に新しい風を吹かせたのは確かです。若手積極起用。

選手の成績が低すぎましたね。特に今年は。活躍していた選手がどんどん怪我離脱もしましたし。


調べてみると「片岡コーチの右打ち偏重」が若手右バッターの成長を阻害しているとか。



今回なぜ最下位に至ったか、何がいけなかったか、を球団内でとことん分析して欲しいですね。

阪神の育成が致命的な欠点、なのかなと外野からみていて。


藤浪が活躍しないって相当まずいと思うんですよ。

「こいつが活躍する」とオープン戦で太鼓判押していた選手も活躍してなくて。


阪神の選手はまだまだ成長した姿が想像しやすい選手がたくさんいるので、育成大好きおじさんが監督になってほしいですね。
0

2018/10/11

「かんたんでしょ?」←勝手にハードル下げんなクソが  ふと思いついた事。

「ほら、かんたんでしょ?」

この言葉めっちゃ嫌いで僕は随一心の中でキレます。

ある程度中よかったら「あなたの中ではね。」と突っ込む。

さらに「それプレッシャーかけてるだけや。」とも忠告。



ただ自分も使ってしまうんですよね。無意識に便利なので流れで。

その本意は「ほら簡単で効果的なことができるんだからこっちの世界へおいで!」みたいな勧誘。

人は「仲間に取り入れたい欲」というのがあります。そして簡単に発動します。

気をつかえ教育を受けてきた人たちは「入門するようでしない」という興味があるふりをするプロだらけです。

僕は時間が勿体無いので「いいです。」と言ってしまいますが相手のメンタルが軟弱だとキレられます。


「なんでそんなかんたんなこともできないの?」

これも何様やねん、ていう言葉です。その言葉の効果を全く考えてない言論弱者の言葉です。

お前が考えろ、という話です。お前にとって簡単ならばどうやってるか説明できるだろうが、客観視できる点でお前の方が指摘できるだろうが、て。

それでもこの言葉を使うのは「私は説明が下手くそで無意味にプレッシャーをかける人間です」という自己紹介。




「かんたんでしょ?」という「おはようございます」並みの市民権を得ている言葉にここまで突っかかる方が頭イかれていると糾弾されるに違いない。


ただ、僕が思うに日本語は「上から下」の言葉が市民権を得やすいんですよね。

「下から上」は逆に淘汰されやすい、「甘え」だとか「自分勝手」に言い換えられる。

それで「上から下の言葉が自分に合わなかった」というと「それはお前には能力がないからだ」と切り捨て。

これを「理不尽」で終わらせたくなく、言論弱者が上に行く社会システムに欠陥があると考えています。

面倒ですが逐一上から下への押し付け言葉なのかを吟味しそれから意味を理解する。


そうすることで「発言者の意図」を見抜ける確率が上がる。



0

2018/10/10

いかに足し算で考えるか  ふと思いついた事。

僕が影響を受けてしまったクソ教育の一つに「テストは引き算で考える」があります。

最初みんな100点もっている。そこからいかに落とさないかがテストだ。


当時中学生だった僕は「ほえー」と何か新しい概念に触れた喜びを感じました。

で、惹かれたのは「みんな100点を持っていると」という平等感。

つまり白紙=100点じゃね?みたいな屁理屈ツッコミが今では思いつきますが。



引き算はどうしても保守的になります。

「現状から点数を落としたくない」ため絶対成功する中のさらに絶対成功することしかやらなくなる。

達成感と充実感を感じますが、ただ進化はないです。そして楽しくないです。

楽しくない、は疲労感に直結します。やる気を削ぎます、


思い起こすと「楽しんで夢中」はもれなく足し算です。

ネットの普及でゲームの楽しさが別方向になり現時点では楽しさは確実に減少しました。

それは「クリアや攻略等の情報」を気軽に調べることができ、またスーパープレイも観れる。

それを知ると必ず自分のプレイが引き算になります。


上の兄弟がいても「引き算」になりがちです。

親も「兄」を基準に考えるので年下の自分と比較する場合は引き算になってしまう。


周りが、社会常識が引き算を求めてもそれに強い反抗をし足し算にする。

足し算になる環境を構築する。

モンスターハンターワールドを1500円で買いました。

攻略サイト等はもうこれでもかと情報がつまっているに違いありません。

どんなに非効率的でも、井戸の中の蛙となり自分だけの世界で楽しみます。
0

2018/10/9

酷い仕打ちを仕掛けてきた人の記憶が特に強く残る理由がわかった。  ふと思いついた事。





優しく接してくれた人も多くいますが、記憶に残っている割合が低い。


一方で酷い仕打ち、いじめや理不尽な強要を仕掛けてきた人たちのことは頻繁に突然思い出す。

そして落ち込む。

また人生に多大なる影響を与えられたと実感していて、それはあらゆる行動の選択場面の際に過去の罵詈雑言が蘇りそれを軸に選ぶからです。




今まで僕は単純に「悪い記憶の方が刺激が強いから」と定義づけていました。


で、ハイスコアガール(またかよ)を読んでいるときに

「日高さんの後遺症大丈夫かな。」

とかもろもろ考えていると、

「自分に当てはめてみると、本心を打ち明けた人に対しては後味スッキリだよな。」

に繋がりそこで

「は!!虐げられた記憶が強いのではなく、本音を抑えてられたから強く残るのか!」

という答えを導き出しました。




おそらく、これは合っています。なぜならしっくりくるからです。

本音を抑えられる、つまり攻撃に対しての明確な反抗ができないと後々人生に強く影響を残す記憶が形成される、ということです。

もっと単純かさせると「やりたいことをやれなかったから」です。


それは抑えつけられてきた少年時代の記憶の割合が高いことも証明の助けになります。

大学時代は反抗しない=美徳?奴隷?の狭間に位置していました。




アルバイト時代に「店長」とその部下である「社員」との関わり合いを例に考えます。


どちらもいじめ、パワハラを仕掛けてきました。

社員に対しては「自分の言動の影響力を考えろ」「あなたの対応に非常に困っている」と直接伝えました。

その後僕に対する圧が低下したもののパワハラは続き。

しかし今現在「思い出そうとすれば思い出すレベル」、つまり基本忘却しています。


店長に対しては「何も言えない」状況が続き、反抗=許されないことと勝手に思い込み。

結果何も反抗できずにバイトを辞め、というか店長のパワハラに我慢できず辞めました。

そして今現在、あらゆる場面で店長がでてきます。

「何も使えない」「人間のクズ」「言葉を何も理解できない。」

そして落ち込む。

社員にも同等レベルのことは言われました。



今までこの二人の比較をしてきませんでした。

実際経験した事柄を例にだし仮説に当てはまるといよいよ信憑性がでてきます。



嫌いな人ほど、嫌な記憶を植え付ける相手ほど、言いたいことを言った方がいい。
0

2018/10/8

果たして、日高さんに恋心を発生させた春雄は罪人なのか?  読書(感想、気になる本)

僕は短期間猛烈にはまって一定期間後は一気に冷めるタイプです。

そうわかっているので、今のうちにはまった作品「ハイスコアガール」にどっぷりと体液が全て入れ替わるくらい浸かります。



今また読み返しています。

日高さんが春雄のことを好きになったのはよく言われる「タイミング」です。

日高さんは熱中することがなく、また男子と仲良くコミュニケーションする描写がない。

「異性への興味」と「自分が持っていないものを持っている」そして「あっちから色々説明等でコミュニケーションとってくれる」が加わり一気に恋心へと昇華させます。


一度日高さんの心の声を無視して読んで見ましたが、それでも「絶対春雄のこと好きってバレるだろ!」というようなアプローチ。

宮尾くんも見抜いてますし。



で、そんな春雄のことを責められるのか。

共通の趣味となるものを教え熱中させ、気軽なコミュニケーションの関係を構築して。

僕は責めたくはなく日高さん告白後も春雄は気まずさを醸し出すこともなく今まで通りの関係を維持するんですよ。

これは日高さんは土下座しないといけないレベルの寛容さで、しかも急に抱きついてもそれに答えようとする。


今回の話題と関係ないですが春雄の「すけべだなぁ日高は。」に対して「すけべだよ、私は。」の一連を読んだとき「ほう!!!!」と大声を出しました。



僕は「どちらが悪いか」を求めたくありません。自分で話題に出しときながら傲慢ですが。

日高さんが自分の本心を春雄にいった、春雄はそのまま生き続けた。

美しんですよ。「フィクションだから当たり前」とかではなく。

美しいものを脳に取り込むと幸福感に包まれます。



あーなんか文章を書いていると結局「ハイスコアガール最高」の流れになってしまいました。

日高さん派閥ですね、やっぱり僕は。




0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ