2018/12/12

GRAVITY DAZE 2 感想 【序盤】  ゲーム

VITAぶりのプレイ。

独自のアクションは楽しい!酔いそうになりますが。

どの軸なのかわからなくなりますが、その間の脳処理が楽しい。




が!!

主人公の性格、物語がもう致命的に嫌です。まだ序盤ですが。

VITAの時は感じませんでした。

主人公は「優しさ」がもうなんというか懐が深すぎて「自尊心欠落者」に見えるんですよね。

あまりに強大な力を持っているのでカスな人間にいくら舐められてもダメージ皆無なのかもしれませんが。

プレイヤーからすれば「そんなやつ見殺しにしていいだろ」と思えるほどムカつくキャラの言うことを聞かないといけない。


あと、簡単すぎる細工にストレートにはまり、自分が悪くないのは自明なのに「ごめんなさい」と本気で落ち込む。


「こんなやつが主人公のゲームしたくねええ!!」ですよ。

従順さが度がすぎるキャラ大嫌いなのですが、そのきらいがあります。


あと物語ですよ。まだ序盤だからしかたありませんが設定とアクションの独自性に対してありきたりなんです。

「え!みんな知能低すぎない!?」ていう。まぁ哲学とかなんとかが存在しなくて「考えることの価値」が低いのかもしれませんが。


ゲームは面白いのに物語がダメパターン。

漫画のコマのようなストーリーパートはデザインが好きですが話内容が辛いので飛ばします!



自分の好きなよう構築できる、それがゲームの面白みでもあります。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ