2018/12/26

ゲームとかアニメのパクリに嫌悪感はなぜ  

既視感、飽き。

嫌な一つの理由に「第一人者に失礼だろ!」ていうのがある。


なので第一人者は「これは俺のお墨付きだよ。」とコメントを残すと受け入れられたり。


ブレイドスマッシュはどう見てもスマブラです。

「スマブラのパクリ」=嫌悪感。

ただ歴史を見るとストリートファイターのパクリ、がいつのまにか「格ゲー」というジャンルになった。


確かに、思い返すとバイオ4だったり「こんな面白いアクションをバイオ4の1作だけはもったいない!」と「パクリ歓迎」のような感情。


ゲームについて、アクションは面白いのに物語やデザインがイマイチ、というのもあり。

ゲームは面白い操作、アクションをどんどんパクって一つのジャンルとして確立することで広がりを見せ将来性を担保できる、のかなと。

またプレイヤーはその歴史を知らざるえないので「元祖」という特別枠が設置されリスペクト対象。

ストリートファイターは未だ一線を張れるのはそのリスペクトだけではなくゲームクオリティがトップレベルというのもありますが。


0

2018/12/26

ジャイアンツ冠のeスポーツ チーム誕生  ふと思いついた事。

http://news.denfaminicogamer.jp/news/181225f

プロ野球球団さらに原監督自身のコメントがついたゲームチーム。

これに「箔がついた」と言葉づけますか。

僕はブランド力がついた、ゲームに対する世間の目が変わる、好感度や立ち位置が上がるな、と。


個人が人生をかけてあらゆる選択肢を捨てて「絶対に地位を上げてやるぞ!」と頑張ったとしても。

ゲームを人生の選択肢から除外して勉強だったり就職だったりでエリートコースに沿った生き方をした人が

「ゲーム、eスポーツ 歓迎します!」

とお墨付きをした方が実際社会的価値が上がる。


そして「ゲームに命をかけた人」はエリートたちの駒になる。


社会的地位、価値、承認などなど、社会的の類は「エリートに従属する」が伴う。


僕個人の世界だけで展開しているかもしれませんが、それを変えないとという意識が芽生えました。

エリートが言ったからじゃなくて、本当に好きな人の話を聞こうとも。

それとこの構造の変化は無理なんじゃないかと思うので社会は眼中から外した方がいいのではなと。

「これ楽しいよ!」をただ発信してそれを受け取って共感していく狭いコミュニティの方が価値あるものだと。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ