2019/3/16

コードギアス 復活のルルーシュ 感想  映画(見たもの、見たいもの)



「最強コードギアス軍団で強力な敵を倒そう!」という映画です。


緻密なストーリーとか、あっと驚く展開とか、アニメ本編で僕を惹きつけた魅力・演出はありませんでした。


最強軍団をさっさと結成させたいのでそこまでは「なんとなく」でいいんです。

「キャラ達がきゃっきゃ騒いでたらいいんじゃね?」みたいな軽いノリです。




本編で獲得したファンを釣る映画です。釣った後は知りません。ハイお金出してくれたねじゃあさよならー、です。


考察する時間が勿体無いです。コードギアスほどの人気作が、いや人気作だからこそ肖っただけの映画になったんですかね。




クソ映画でした。面白くなかったです、真面目にやっているところがギャグにしか見えなかったです。

演出が寒い。波に乗れなくて心がどんどん不調になっていきました。


カレンの胸の柔からさを表現するための作画・動画は良かったです。伝わりました。


以上です。



楽しめなかった映画は「自分が知識不足なだけじゃ」ってひるんでしまいます。

が、現時点で面白くなかったんですからクソでいいんですよ。

はっきりと感想を書くことで、後に評価が変わった時見返すと面白みが増すってもんです。
0

2019/3/16

ラーメン屋でラーメンを頼んだらラーメンがでてきた、という評価表現の有能さ  ふと思いついた事。


映画シティーハンターに対しての感想ツイート。


僕は見た時「確かに」と感心。


2週間ほど時間が経ち、デビルメイクライとスパイダーバースの感想の差を考えている際に再び感心。


本当に有能だなと、当てはめやすい感想。



「ラーメン」は期待、既知に当てはめられる。

僕は「消費者は知ってる、製作者は知らないを求める」という傾向があるとみています。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ