2019/5/27

あらゆる物事・事象の翻訳能力を上げていきたい  1日まとめ記事


翻訳といっても外国語を母国へ、だけじゃないです。

ツイッターで流れてくる「いつもお世話になっている旦那様へのプレゼント💕」みたいな文章と共に流れてくる画像。

僕は「いいな羨ましいな」と思いますが、

・付き合うまでのアプローチ
・告白
・恋人関係を結婚という高い目標まで維持
・結婚の告白
・各家族への挨拶
・結婚式
・結婚生活

を踏まえてると考えてると「まぁこんくらいしないとダメでしょ」みたいな見方に変更。

つまり「翻訳」の仕方を変えることで自分の中で生まれる感情を変化させた。




僕はこういった能力を「翻訳」と称しています。

広告や面接だったり。

人間同士にとってとても重要な能力。

デザイン等の仕事でもよく使われている。

キャラデザは1人10万円でも安い相場で40万くらいが平均だとか。

ターンエーガンダムは全キャラ一括で1000万らしいです。

絶対に「たっか!」とリアクションする人が多勢。

その人の翻訳は「たかが絵で10万とか!」で終わり。

しかし数十万でも適正とされる翻訳

・世界的に固有のキャラクターの価値の高さが再認識されている。
・経済大国になった中国はキャラデザができない悩みを抱えている。
・物語、音楽よりもキャラデザでそのIPの生き死にが決まるといっても過言ではない。
・一度デザインすればフィギュア、ゲーム等の二次版権物の見込みがある。

もっとありますが、以上のことでも十分のはず。

それでも高いと思うならば経済に関して疎すぎるのでまずそこから教えないといけない。



納得できる翻訳を見出すには「情報」が不可欠。

自分が不可解と判断する物事には提供・受け取り双方の翻訳を理解できていない。


情報の他には思考の多面性。

目の前で起こったことだけを抽出するのではなく、それまでの過程や影響を与えた事象を推測する。


翻訳機能力は本当に大事、他人との人間関係然り自分の人生クオリティにも影響する。

自分が何がしたいのか、何を求めるているのかだって翻訳能力の性能次第。

自身がすぐ怒る性格だと知った時

・頑張ってその性格を修正するように励もう
・経験からその場面をある程度推測し兆候が見られたら避けよう
・性格は変えられないので怒った後のフォローする技術を会得しよう

とかとか色々あります。どれを選ぶのか、どれが一番自分に合うのか。


0

2019/5/27

求めるオンラインゲームは果てしなくCPU化された対人戦  1日まとめ記事




オンラインゲームについては当ブログで何度も触れています。

現行批判的なんですが、それだけ可能性、もっと面白くなるのにもったいない!というヤキモキ感。



暇があれば「あーこーしたらいいのになー」と思いつくんですが、今回もその類。

というか前から考えていたことを違う言葉で表した、ってだけですが。



それはタイトル通り、他人をできる限りCPUと近い存在にすることです。

僕がオンラインゲーがクソだと思うのはいつも「人間らしさ」が現れるところ。

嫌がらせをしたり脅してきたり。放置ゲーしたり。

もしドラクエで道具屋が「お前売ってばっかだから今後何も買わせねえ」とか言ってきたらどう思いますか。

「うわ珍しいシステム面白い!」と思いますし何度も話しかけたりして、結果変わらなかったら他の道具屋いくだけですよね。

こういう風な単なるシステム、自分と他人の間にそう思わせる仲裁的なシステムが欲しい。



いや、そんなのプレイヤー本人の考え方次第でなんとでもなるじゃん!という返し。

確かにその通りで、現在もプレイヤーとNPCの区別がつかない人なんてたくさんいる。

でも、NPCじゃないから「いやがらせ」をするプレイヤーもたくさんいるんですよね。

いやがらせが意味をなしてしまう、のが現行のオンライン。



具体的にどういう風なシステムがいいのか?という問題。

・コミュニケーションは人間同士じゃなくてAI同士にまかせる。

・煽られたら「こいつやばいやつや!」とか言ってくれるツッコミAIの搭載。

・「商品開発のさらなる発展のために」という建前で暴言発言者と自動的にチャットするAI


まぁなんというかプレイヤー同士を突き放すことですね。

「仲間」とかいらないんですよ。ただのゲーム相手。

こういう冷たいゲームが基本となることで「フレンドワイワイできる」がセールスポイントとなってそれに特化したゲームが売れる。



ほんと他人は単なるシステムなのに勝手にクソゲーの方向へ引っ張るなと。

クソゲーに引っ張られた後の楽しみ方がわかんないんですよ。

・ネットで晒す

・こっちも煽り返す

全く楽しくないんですよ。

今思いつきました。プレイヤーに酷似したサンドバック型AIを生成できたいじめ倒す。



0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ