2019/6/11

すごい!→すごいと理解できた自分がすごい!  心の叫び



例えば目の前で量子コンピュータに関する何かしらの式を展開されたところですごい、なんて思えませんよね。

思えるならそれは専門家です。


要するに、すごいと思えるのは理解力があるから。

で、わざわざすごいと主張するのは「主張自体に価値がある」と確信しているから。

この流れをぎゅっと凝縮すると「すごいという主張は自分がすごい!と褒めている」。



だからと言って僕は全く否定するつもりはなくてコミュニケーションの一つの手段として使えるので。

ちゃんと意思疎通ができるコミュニケーションはストレス解消、快感。

なので「ただ自分がすごいと主張したいだけ」であっても価値は大あり。

0

2019/6/11

6/10放送分 sessionn22特集「呪いの言葉」  1日まとめ記事



すごい特集ですよね。

ただ面白かったですし、リスナーからのお便りの熱量がここ最近一番熱かった。


呪いの言葉の基本は「自分のルール、自分の問題」なのに「相手がおかしい、相手が問題ある」とすり替えること。


僕はそれに加えて「生活環境、語彙力」も大きいと思うんですよね。


生活環境

→周囲の人の口調、雰囲気で自身の言葉遣いも変わる。常識がそこで培う。



語彙力

→「きもい」ばかり使ったり、瞬時に出せる感情、感想を表す語彙が少ないが故に一発で覚えやすい強烈な言葉を頻繁に使う。




僕の対人恐怖症は3段階なんですよ。

1)家族からの存在否定

2)なので他人(学校の同級生)に承認欲求

3)異性を強く意識しだした女子から「きもい」と罵られる


小学校から変わってないですよ。小学校。辛い・・・。

0

2019/6/10

行動して理想と違った時は辛さから逃げずに途中式の間違いを探す  1日まとめ記事




僕はすぐ逃げますね。

理想と違う結果になったら「はい次々!」と逃げます。

ですが、せっかく自分の脳で考え予測しだした結果。

その人類史上唯一の歴史をないがしろにするのはダメですし、こういうことが「自信」を蝕む要因でもある。


楽しめないといけないことですね。楽しめないと。

自分の説明書。一度決めた予定に強いバイアスがかかって何としてでも成し遂げないと気が済まない、とか。

その特性を知ることで一度予定を帳消しにするリスクを超えた価値を見出せる。



もっと自分を知らねば。

0

2019/6/9

小手先じゃなくて真正面から攻めること。  心の叫び



僕の弱点なんですが「本来の目的を果たす力は劣るが応用が効くもの」に捉われがち。


何が悪いのか、本来の仕事の目的を損なうからです。


pattern1)

目的を高品質で成し遂げられるがそれしかできない

pattern2)

目的を並の品質で成し遂げられ他にも応用が効く


僕は2を選んでしまう。器用貧乏自ら踏み込んでいく。

1ですね、1を選ばないと。

0

2019/6/7

スタディアから考える僕の今後のゲーム生活  1日まとめ記事



スタディアは低画質なら無料で高画質は月額1000円。

ソフトは買い切りなので一般的な新品ゲームと同価格でsteamみたいに時々90パーオフしたりするんでしょうかね。


ロード時間ですね、ロード時間をどこまで短くできるんでしょうか。

PS5のロードの話を聞くとソフトではなくハードがロード時間の長短を決めるんだな、とわかりました。

遅延は逃れられないのでかなり遊べるソフトを選ぶと限定されますが、それでも単純アクションならばロード時間次第では。


リッチは際限なくそれが目的になると耐えられるだけの時間と経済力がないとドツボにハマると学習しているので、将来的にはメインのメディアになりそう。


PS5ですね、PS5がとりあえず待ち遠しい。

PS4はもうですストランディングしかしないかも。

0

2019/6/7

高校数学の理解度は当時0と断言していい、虚数の話  ふと思いついた事。


高校数学は点数だけは並以上でしたが、今思い返すと理解度は0と極端ですがそういっても過言じゃないな、と。

というのも当時明示されたルールに則った計算だけしかしておらず、本筋、一体何をやっているのかを理解できていなかった。

センターは解けるが国公立の問題は大苦戦、みたいな。


一例を挙げると虚数。

虚数はただiの平方は-1という知識のみでなぜ生まれたのかとかそういうのは一切考えなかった。

大学でフーリエ変換から始まりどうやら実生活に虚数の世界があり無理矢理にでも実数の世界へ引っ張りたいらしいということがわかりました。

素粒子ともなると虚数以上の難解な概念がでてきてまた存在が薄くなりましたが。




で、最近実社会でも虚数だと言える概念があちこちにあるな、と気づきました。

つまり「虚構」を「現実」に落とし込む概念がたくさんある、ということ。

どんだけ影響受けとんねんと自分でも思う「サピエンス全史」には「人間は虚構によって天下をとった」と仮説立てていましたが自分も同意で、つまり社会を築き上げる、進歩するにためには虚構の存在が不可欠だということ。

しかし虚構のままだと「1人の人間が考えた妄想」の檻から出ることはないんですが、そこで実社会とつなぎ合わせる虚数を作り出した。

「お金」「責任」「高級ブランド」「結婚」「ガンダム」とかですね。

お金なんて浸透しすぎて虚数ということすら認識されませんが、物品と人間の良識とを掛け合わせることで実数へと転化する。




僕は常々「精神年齢とも言えるが急に上がったり下がったりする内面の年齢」の存在を気にしています。

知能の差、と言われればそれまでですが、現在の僕と比較しても明らかに当時中学生だったある女子の方が年齢が高い。

我があるというか、自己理解を裏切る行為は絶対にしないというか。


どうやったら年齢が上がるかとういうと、自分の失敗を受け止められる知識を得た時や、何か成功をしてそれをそのまま受け止めた時とか。

女子生徒と接触が少なすぎたので勝手に理想を上げているだけかもしれませんが、男子生徒よりも年齢がたかかった。

この謎は一生溶けそうになく、おそらく虚数の話も多くの女子生徒は中学生の頃にもう身につけているのではないでしょうか。

やっと中学女子生徒の年齢に一歩近づいたレベル。次は人の顔を平気で見ながら話す訓練ですね。激ムズ。
0

2019/6/5

わからないからこそ、現状のままレスポンスする大切さ  1日まとめ記事




僕はあらゆる思考ロック機能が搭載されています。

思考ロック機能、別名は常識とか個人ルールとかです。



僕は20代中盤あたりからロック解除をする必然性に気づき自分の思考を疑う、なぜ普通にできるのか、なぜ抵抗感を起こすのかをいちいちチェックしています。


今回もその類。

僕はわからないことをそのままスルーして次の段階へと行く癖があります。

例えば小説だとよくわからない文章にぶち当たってもそのまま無視して次の行へ。


「わからない」から「わかる」の過程に恐怖を感じるているのでは?という推測。

原因は何かと考て見つけ出しても本当にそれが原因なのかいつもわからない。

「原因の一部」だとは言えますが本丸の自信はなく。


僕は幼少期に自分よりも年上の人、大人含めそういう集団にぶちこまれた経験が多々あります。

その時わからないことに対して「わからない」というと教えてくれる人はごくわずか。

大体は「罰」を与えてくる。

暴力だったり鼻で笑う等の軽蔑、見下し。

それを恐れ僕は漢字を読めないのに「読める」と嘘をついたことだってあります。



これが原因の一部なのは確か。

1人の時だってわからないをそのまま放ったらかしにすることに躊躇なし。



そこで「わからない」なら現状のままレスポンスすることを無理矢理にでもやる、という対策。

これがいいのは

・わからない現状の知識からヒントを練り出すことで自分の思考パターンを解析できる。

・練り出した答えと正解を比較することでどこが足りなかったら等の正解への導線を引ける。

・以上のように脳を使用することからただ正解だけを覚えるわけではなく、自分流の慣れしたしんだ導き出し方を経るので覚えやすい。



かなりプラスになるんですよね、自分にとって。

まぁこんなこといつもながら大体の人は小学生の頃に身につけているんですよ。

「わからない!」を肯定してくれる環境羨ましく、養育環境のせいだとするならばこれからは反抗心芽生えさせ実践する責任が生じますね。
0

2019/6/4

今の自分がいるは好意を寄せてくれた人達のおかげ  1日まとめ記事



気持ち悪いタイトルですが。

川崎殺傷事件の加害者の人生を知り、それきっかけで自分の人生を振り返りました。

この事件に関しては様々な意見はありますが僕は「自分もこうなっていた可能性があるな」と。



自分の人生と重ね合わせて振り返ってみるとラッキーだったんだなと思えました。

ラッキーとは自分に好意を寄せてくれた人達がいたということです。

好意、と書くと異性愛みたいになりますがそうではなく興味があり話しかけてくれたレベルです。



攻撃的ではなくて手を繋いでくれるような温かいコミュニケーションを取ってくれた人達のおかげで、知らず知らずの内に承認欲求を満たしてくれた。

僕が孤独が好きなのはそれに耐えられる域まで承認してくれた人達のおかげです。

たとえ孤独であっても誰かが自分の手を繋いでくれる、見捨てる人達ばかりではないという自信を形成できている。



以前当ブログで「友達などいない」と書きましたがそうではなく実際いたと認めるべきですね。

自分に好意を寄せてくれた、手を差し伸べてくれた人達全員友達ですよ。


あと人権に関する知識ですね。自分が人間である限り尊重される権利があることを知ると自信がつきます。


もし人生誰1人として手を差し伸べてくれなかったら、どれだけ搾取されようがその相手にすがりつきます。

一方的な不利益を強いる人達ときっぱり縁を切れる能力も得た。


変な話ですがその一瞬しか交差しないとわかっていても手を差し伸べる人間になりたいものですね。
0

2019/6/4

今の自分がいるは好意を寄せてくれた人達のおかげ  1日まとめ記事



気持ち悪いタイトルですが。

川崎殺傷事件の加害者の人生を知り、それきっかけで自分の人生を振り返りました。

この事件に関しては様々な意見はありますが僕は「自分もこうなっていた可能性があるな」と。



自分の人生と重ね合わせて振り返ってみるとラッキーだったんだなと思えました。

ラッキーとは自分に好意を寄せてくれた人達がいたということです。

好意、と書くと異性愛みたいになりますがそうではなく興味があり話しかけてくれたレベルです。



攻撃的ではなくて手を繋いでくれるような温かいコミュニケーションを取ってくれた人達のおかげで、知らず知らずの内に承認欲求を満たしてくれた。

僕が孤独が好きなのはそれに耐えられる域まで承認してくれた人達のおかげです。

たとえ孤独であっても誰かが自分の手を繋いでくれる、見捨てる人達ばかりではないという自信を形成できている。



以前当ブログで「友達などいない」と書きましたがそうではなく実際いたと認めるべきですね。

自分に好意を寄せてくれた、手を差し伸べてくれた人達全員友達ですよ。


あと人権に関する知識ですね。自分が人間である限り尊重される権利があることを知ると自信がつきます。


もし人生誰1人として手を差し伸べてくれなかったら、どれだけ搾取されようがその相手にすがりつきます。

一方的な不利益を強いる人達ときっぱり縁を切れる能力も得た。


変な話ですがその一瞬しか交差しないとわかっていても手を差し伸べる人間になりたいものですね。
0

2019/6/4


あらゆる物事・事象の翻訳能力を上げていきたい 
https://green.ap.teacup.com/paputimus/3019.html

求めるオンラインゲームは果てしなくCPU化された対人戦
https://green.ap.teacup.com/paputimus/3018.html

差別は誰にでもある感情だからいちいち目くじらを立てなくてもいいのか?
https://green.ap.teacup.com/paputimus/3017.html

次世代型PSの性能紹介をみてPS4を起動する気が失せた話
https://green.ap.teacup.com/paputimus/3016.html

理論派?感情派? 
https://green.ap.teacup.com/paputimus/3013.html


自分の正当性を守るために相手を失笑し「おかしな奴」と思い込ませる行為
https://green.ap.teacup.com/paputimus/3011.html


【本感想】私は私のままで生きることにした 
https://green.ap.teacup.com/paputimus/3009.html

運動不足で痛感した「なんでできないのかわからない」という天才の葛藤
https://green.ap.teacup.com/paputimus/3008.html


「経験から学ぶ」は超難しいことなのに「誰でもできる」と勘違いしている危険性
https://green.ap.teacup.com/paputimus/3005.html

抵抗感を感じとったらその答えが出るまで考え抜くこと
https://green.ap.teacup.com/paputimus/3002.html
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ